「へぎそば」とはこの地方特有の蕎麦で、つなぎに「ふのり」を使っていて独特の強いコシがあるのが特徴の蕎麦。

有名なのは長岡にもお店がある小嶋屋なのだけど、僕がよく訪れるのは国道沿いにある由屋というお店。こちらも、小嶋屋ほどではないにせよ人気のお店で、店の入口にあるウルトラマンの人形が目印。

おすすめの席は窓際のお座敷席で、窓から妻有の田園風景を眺めながら、のんびりと蕎麦を待つのがよい。蕎麦はコシが強いこともあって、人数分もあれば充分過ぎる満足感が得られる。蕎麦つゆも出汁がきいていて、これがまたうまい。薬味がわさびとかショウガではなく、からしというのもこのお店の特徴なのだけど、この辛子をつけて食べると蕎麦の雰囲気がまた変わってうまい。

天ぷらも何回か頼んだことあるけれど、そちらはまあ普通・・といったところ。取りあえずは、へぎそばだけで充分満足できるクオリティと量だと思う。

最近はへぎそばというと、都内にもお店があるし、なんならスーパーでも乾麺が売っているけれど、やはり地元で食べる蕎麦はうまいものだなと思った次第。

ちなみに、隣には緑川をはじめとした地元の日本酒の品揃えが豊富な酒屋さんもあるので、ぜひ一緒に立ち寄ってみるのもおすすめです。

由屋

Related Post

「銀座しまだ」で本格的な割烹料理を手軽なお得さで食べる... ひさびさに銀座の「しまだ」へ行くことができた。少し遅めの時間だったこともあり、すんなりの入ることができたのは幸運としかいいようがない。 いまではさらに人気店となり、東京を代表する立ち呑みの割烹料理店になっている。今回もまた感動的な美味しさだった。 前回の訪問:「銀座しまだ」で味わう至高の...
井上誠耕園とカフェ忠左衛門 小豆島といえばオリーブと醤油じゃないかと思っている。今回は滞在時間が短かったので、どちらも堪能しきる!ということは難しかったのだが、オリーブ関連でいえばここ井上誠耕園と、この会社が運営しているカフェ忠左衛門は素晴らしいと感じた。 とくに、カフェ忠左衛門は小豆島での必須じゃないかと思ったのだが、...
FCC Angkorはホテル以外にも見所あり シェムリアップの市街地からちょっと北側にあって、国王の離宮などがある閑静な高級住宅地のエリアにある元外国人特派員組合であるFCC。 いまではホテル業がメインなのだけど、おしゃれなカフェやギャラリーショップなども併設されているので、散歩がてらに行ってみるのもいいと思う。 フレンチコロニアル...
鮨一新(溜池山王)で限定の高級寿司コースを体験... IT企業のなかでも比較的業績のいい会社を限定して展開している関東IT健保なる健康保険組合がある。 IT業界ときけばっていうところだが、若い加入者がメインであり多くは病院にも行けなさそうなくらいのハードワーク。ということで、世の中の健康保険組合の苦境をよそにかなり豪華なビルに入っていたり、高級な...
マンダリン(ホーチミン シティ)で高級ベトナム料理を食べてきた... 今回の旅で出会ったこの街で一番きれいだと思う女性。さすが高級レストラン。。 僕にとってホーチミンというのは、バックパッカーとして旅行に来ても美味しい料理が食べられる街という印象だったのだが、今回の旅では友人にマンダリンでの食事を招待してもらい訪れてみた。こんなところがあったなんてと、新しいベ...

Feature

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください