ワット ポーがバンコクでもっとも有名でおすすめの場所なのだが、僕が「ここいいなあ」って好きな寺院のひとつはドゥシットにあるワット ベンチャマボーピットである。

通称「大理石寺院」と呼ばれているこの寺院の歴史は比較的新しくて1899年にラーマ5世により建立された。

The Marble Temple

大理石寺院という名前の通り、屋根瓦以外はイタリア産の大理石が使われており、設計にもイタリア人技師が関わっていることもあり、タイのお寺のなかでは異質に西洋的な洗練さがあって教会のような雰囲気もある。

メジャーな観光地からは少し離れているけれど、とくに建築好きな人は訪れる価値がある建物。窓にはステンドグラスがはめ込まれていたりして、仏教的な価値観と西洋のデザインが美しく調和しているなって思う。

The Marble TempleThe Marble TempleThe Marble Temple

直線的な部分は西洋的な価値観を感じるけれど、屋根とかの雰囲気はタイとか中国的な雰囲気もある。大理石のくすんだ色と屋根の鮮やかな色合いがまた美しい。ワットポーみたいなわかりやすい派手さはないけれど、洗練されたタイ建築ということであれば一見の価値がある。

そういえば、ここでは不思議な体験をしたのだった。

仏像がおさめられている回廊が本堂を囲むようにぐるりと巡らせてあるのだが、そこで誰もいないのにくしゃみをする音が聞こえて「ついにおれも仏像の声が聞こえてしまうように」とか思ってしまったのだが、音のする仏像の裏側をのぞき込んだら影のように黒い猫が風邪ひいたみたいで、鼻をたらしながらくしゃみしていた。すごいびっくりするじゃないか。

The Marble Temple

この回廊に限らず、この寺院は猫が多く住んでいて、朝にはおばさんがエサを配っているのか、どこからともなくえさ場にたむろっている姿を眺めることができる。みんなケンカもせずにのんびりしたもんだなあ。

できればここも朝のひとときを過ごすために訪れてみたいところ。

The Marble Temple

Wat Benchamabophit(The Marble Temple)
ワット ベンチャマボーピット(大理石寺院)
住所:69 Rama 5 Rd., Bangkok Thailand
時間:8:00-17:00

Related Post

The Speakeasy – バンコクでいま行くべきなルーフトップバーのひとつ... 今回のルーフトップバー巡りのなかで、プラナコーン ノーンレンとならび「ここはいいな」って思ったところ。 25階に位置していて、まわりには高層レジデンスなどもあるので開放感というのはないけれど「ラウンジの居心地のよさ」というのはすごくある。隠れ家っぽいところも好き。薄暗さもまた雰囲気いいよなあ。...
有名アロマブランド カルマカメットのレストランではスイーツがおすすめ... 旅行に行く前にガイドブックを買わなくなって久しいのだけど、wagamama travelのブログをみていて気になっていたカルマカメット ダイナー(Karmakamet Diner)に行ってみた。 表通りから少し入った一軒家を改造していて、昼はランチ&カフェ、夜はレストランというスタイルで1日中...
京都の壬生寺へ行ってきた 京都駅で山陰線のホーム。 思い立っての京都旅行。金曜日のお昼くらいに品川駅から新幹線に乗って3時間もすると京都のお寺にいるというこの状況がすごいなって思う。 たった3時間の移動で町の雰囲気も空気も全然違う。 アクセス JRだと山陰線に乗って一駅目の丹波口から徒歩15分くらい...
リノベーションカフェから個性派まで、台南で外せないオススメなカフェリスト7選... 台南って古い建物がたくさん残っていて、一部は廃墟になってしまったりしている。最近はちょっとしたリノベーションブームが起きていて、古い建物を使ったカフェなどができていたりする。 そして、それに影響されるように面白いカフェも増えてきていて、東京や台北にも負けないくらい楽しい。この街の規模でこれだけ...
ウドンタニ散歩 タイの東北部、イサーン地方のウドンタニにやってきた。サンスクリット語で「北の町」と名付けられたこの地に来た目的は蓮の花だらけの湖に行くということなのだが、それがなかったらこの街に来ることはなかっただろうなと思う。 この先にあるラオスのビエンチャンに向かうときの通過点としての意味もあるが、いまの...

Feature

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください