大地の芸術祭の拠点として最大規模の施設が、ここ松代駅に隣接している、まつだい農舞台という建物。ここには、半屋外型の劇場施設と、建物内には小さめのミュージアムとショップ、カフェが入っている。トイレも清潔でデザインも洗練されているのでおすすめ。

また、ここで有名なのは農舞台をはさんで反対側にある棚田とオブジェ、そしてそれを借景とした詩が飾られているイリヤ&エミリア・カバコフの「棚田」という作品が有名。大地の芸術祭のパンフレットにも使われたくらい。これは芸術祭のパスポートがなくても無料でみることができるので、農舞台に行ったときには探してみて体験してみてほしい。

イリヤ&エミリア・カバコフ「棚田」

今回は農舞台のカフェは利用していないのだけど、カフェのメニューも充実しているので利用価値があります。

また、草山彌生の作品をはじめとして多数の展示があるので、これも必見。草間彌生の作品はもちろん、夕暮れどきであれば農舞台から少し離れたところにある赤とんぼとか、棚田におかれているオブジェとかを間近にみるのも美しい。

芸術祭を見てまわる際には何度も立ち寄るスポットになると思うけれど、以外に通り過ぎがちなところではあるのだが、いやいやどうして、ここは必見のスポットだと思う。

まつだい「農舞台」

新潟県十日町市松代3743-1

Related Post

花見山はやっぱり桃源郷だと思う 今年のお花見はかなり充実している。千鳥ヶ淵で花見をして(桜ほとんど咲いてなくてインド大使館でビリヤニ食べたけれど)、目黒川に沿ってお花見散歩をして(これは豪華だった)、さらには浅草の隅田公園に行って、幕張のさくら広場ではまるであの世みたいな不思議な桜の光景を眺めていた。 そして、わずか一週間ほ...
中之条ビエンナーレ2017の旅。 もうだいぶ古い話だけど、ブログとは個人の旅行の記録なので残しておくことにする。9月は上旬に福岡旅行、中旬に台南に行き、そして下旬ぎりぎりのタイミングで中之条ビエンナーレの開催期間に間に合って2年ぶりの中之条への旅。今回も日本の秋を堪能して、現代アートの面白さも再発見するいい旅だったなあ。そして、毎回...
目黒川の桜を眺めながら散歩する このブログをはじめてから定期的に訪れているところって結構あるのだが、桜のシーズンに中目黒あたりを散歩するというのも春の定番コースになっている。 過去の目黒川で花見 2014年:中目黒で満開の桜を堪能する 2014年 2015年:中目黒の桜 2015年編 2016年:目黒川の桜散歩 ...
島じゃなくて公園になっていた出島 長崎に来て、路面電車に乗って、江山楼でちゃんぽんを食べて、そして軍艦島に向かうべく長崎港まで新中華街から歩いていたのだけど、そこへ突然古い建物が現れたので、みてみたらそこが出島だった。 出島資料館の入り口 出島、島じゃなくてオフィスビルに囲まれた公園じゃないか・・。 そして入場料...
神楽坂の「la kagu(ラカグ)」は、かなり楽しい... 神楽坂の新潮社のすぐ横に2014年10月10日にできた la kagu へ行ってきた。 場所は神楽坂駅の早稲田寄り出口でてもう目の前というところ。もともとは新潮社の古い書籍倉庫だったところを倉庫の雰囲気を残しつつリノベーションして、ファッションや書籍、イベントスペースやカフェなど複合的なスポッ...

Feature

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください