【2017年3月追記】戦勝記念塔を発着していたロットゥーのミニバスは行き先によってそれぞれバンコク市内にあるバスターミナルに分散した模様です。アムパワー行きは南バスターミナルみたい。詳しくはこちら。戦勝記念塔のロットゥー乗り場移転に関する最新情報をまとめてみた。

運河が流れて、水上マーケットがある小さな町であるアムパワー。以前にも訪れたことがあるのだが、ひさびさにのんびりしてこようかと一泊二日で出かけてきた。

バンコクからはロトゥーという乗り合いのミニバスで90分くらいのところにある。日帰りでも行けるところなのだが、僕としてはせめて一泊くらいしてのんびり過ごすのをおすすめしたいところ。

このロトゥーは、アムパワーの他にもアユタヤやホアヒンなど近郊~中距離の街へ向かっている。料金は驚くほど安くて、アムパワーまでは80THBだった。300円くらいといったところだろうか。

ロトゥー乗り場は戦勝記念塔の近くでBTSのVictory Monument駅の階段降りてすぐのところにある。Century Mallというやや寂れたモールの隣にある。→現在は閉鎖されています。

僕が訪れたときはアムパワー行きのバスチケットは一番手前で販売していた。アムパワーは外国人も訪れるところなので、英語が通じる。

また、ミニバス乗り場とはいえ、ただ人が集まっているようにしかみえない感もあるので、もしわからないようだったら、そこらへんの人に「ミニバスの乗り場ってどこ?」と尋ねてみた方がいい。

Rest Note Cafe

僕もわからなくて、近く歩いていたお姉さんに訊いたらチケット売り場まで案内してくれて助かった。以前行ったときと乗り場が少し変わっていて、気づかなかった。

アムパワー行きのロトゥーは40~60分ごとに出発している。人数が多いと何台かにわかれて行くこともあるみたいだが金曜日だということもあり、結構待たされた。チケット買ったら近くのカフェ(Rest Note Cafe はおすすめ)で休んでおくのもいいと思う。

バスは普通の大型ワンボックスカーで、通常荷物室になっているところまで座席を詰め込んでいるので大きな荷物を持っていると乗車を断られることもある。または二席分買えとか。とはいえ、60リットルくらいまでのバックパックとかスーツケースであれば持ち込んだことがあるので、よほど大きなものでない限りは大丈夫。運転席の後ろとか、扉の隙間とかに置いておく感じになる。

基本的に途中休憩はなくて、不定期にガソリンスタンドに降り立ったときくらいしかない。ガソリンスタンドでは5~6分の休憩があり、基本的にトイレきれいなので、済ませておくのがいいと思う。座席は結構せまくて、そして揺れる。出来れば窓際の席を確保したいところ。

アムパワー方面のバスはメークロンという街を通り抜けて、その次がアムパワーになる。乗りこむときに運転酒へ「アムパワーで降りる」と伝えておくと安全。カタコトの英語で地名をいってくれる。僕が乗りこんだときは運転酒が隣の人に「アムパワーになったら教えてくれ」的なことをお願いしていたけれど。

アムパワーのロトゥー乗り場はいくつかあるのだが、小さな橋があれば、そこを渡って、橋のたもとに向かうように少し戻ればそこがアムパワーの町になる。少しわかりづらいので気をつけて歩いてみてほしい。

また、帰りの便は予約できるので、朝とか夕方の便であれば前日とかに予約しておいた方が無難。日帰りの場合も、到着時に帰りの便を予約しておくのがいいと思う。

のどかなアムパワーの町はすごく好きなところで、僕としてはバンコク郊外行くのであれば、客引きがうるさいアユタヤより、のんびりしたアムパワーの方が好きだな。

Related Post

しまなみライナー(高速バス)で今治から福山まで... 今治駅 ジェットスターで成田から松山まで、そして松山から今治へ。 そこからさらに福山までは、しまなみライナーで移動した。 高速バスで瀬戸内海の島々を巡りながら90分かけて福山まで移動したのだが、思いのほか楽しく美しい景色のなかを移動するバス旅行だった。 今治駅のバスターミ...
The Deck – ワットアルンを眺めながら優雅に食事を楽しめる... チャオプラヤ川沿いにあるバンコクでも人気のレストラン。夜はかなり雰囲気がある予約必須のレストランなのだけど、ランチタイムは比較的余裕があるので訪れてみるのもおすすめ。予約をするのであれば、日本語でオンラインで予約することも可能。予約はこちら。 ワットポーからも近く、ター・ティアン桟橋からすぐの...
ほぼ改修の終わったワット アルン(暁の寺)へ行ってきた... チャオプラヤ エクスプレスに乗っているときに、川沿いにたつひときわ美しいシルエットをみせてくれるワット アルン。 随分と長いこと改修工事をしていて、仏塔にも足場が組まれていたらしいのだが、川から船で見たところ、足場はなくなり元の姿に戻っていたので、行ってみることにした。 渡し船。1分の...
有名アロマブランド カルマカメットのレストランではスイーツがおすすめ... 旅行に行く前にガイドブックを買わなくなって久しいのだけど、wagamama travelのブログをみていて気になっていたカルマカメット ダイナー(Karmakamet Diner)に行ってみた。 表通りから少し入った一軒家を改造していて、昼はランチ&カフェ、夜はレストランというスタイルで1日中...
ワット イントラウィハーン(Wat Intrarawihan)とプラナコーン ノーンレン... プラナコーン区の北側にあり、巨大な大立仏像が有名なワット イントラウィハーン(Wat Intrarawihan)。アユタヤ王朝時代である1752年に建立された格式高い寺院であるが、観光地からははずれているので信心深い地元の人が訪れる静かな場所。 プラナコーン ノーンレンに泊まると、屋上からみえ...

Feature

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください