【2017年3月追記】戦勝記念塔を発着していたロットゥーのミニバスは行き先によってそれぞれバンコク市内にあるバスターミナルに分散した模様です。アムパワー行きは南バスターミナルみたい。詳しくはこちら。戦勝記念塔のロットゥー乗り場移転に関する最新情報をまとめてみた。

運河が流れて、水上マーケットがある小さな町であるアムパワー。以前にも訪れたことがあるのだが、ひさびさにのんびりしてこようかと一泊二日で出かけてきた。

バンコクからはロトゥーという乗り合いのミニバスで90分くらいのところにある。日帰りでも行けるところなのだが、僕としてはせめて一泊くらいしてのんびり過ごすのをおすすめしたいところ。

このロトゥーは、アムパワーの他にもアユタヤやホアヒンなど近郊~中距離の街へ向かっている。料金は驚くほど安くて、アムパワーまでは80THBだった。300円くらいといったところだろうか。

ロトゥー乗り場は戦勝記念塔の近くでBTSのVictory Monument駅の階段降りてすぐのところにある。Century Mallというやや寂れたモールの隣にある。→現在は閉鎖されています。

僕が訪れたときはアムパワー行きのバスチケットは一番手前で販売していた。アムパワーは外国人も訪れるところなので、英語が通じる。

また、ミニバス乗り場とはいえ、ただ人が集まっているようにしかみえない感もあるので、もしわからないようだったら、そこらへんの人に「ミニバスの乗り場ってどこ?」と尋ねてみた方がいい。

Rest Note Cafe

僕もわからなくて、近く歩いていたお姉さんに訊いたらチケット売り場まで案内してくれて助かった。以前行ったときと乗り場が少し変わっていて、気づかなかった。

アムパワー行きのロトゥーは40~60分ごとに出発している。人数が多いと何台かにわかれて行くこともあるみたいだが金曜日だということもあり、結構待たされた。チケット買ったら近くのカフェ(Rest Note Cafe はおすすめ)で休んでおくのもいいと思う。

バスは普通の大型ワンボックスカーで、通常荷物室になっているところまで座席を詰め込んでいるので大きな荷物を持っていると乗車を断られることもある。または二席分買えとか。とはいえ、60リットルくらいまでのバックパックとかスーツケースであれば持ち込んだことがあるので、よほど大きなものでない限りは大丈夫。運転席の後ろとか、扉の隙間とかに置いておく感じになる。

基本的に途中休憩はなくて、不定期にガソリンスタンドに降り立ったときくらいしかない。ガソリンスタンドでは5~6分の休憩があり、基本的にトイレきれいなので、済ませておくのがいいと思う。座席は結構せまくて、そして揺れる。出来れば窓際の席を確保したいところ。

アムパワー方面のバスはメークロンという街を通り抜けて、その次がアムパワーになる。乗りこむときに運転酒へ「アムパワーで降りる」と伝えておくと安全。カタコトの英語で地名をいってくれる。僕が乗りこんだときは運転酒が隣の人に「アムパワーになったら教えてくれ」的なことをお願いしていたけれど。

アムパワーのロトゥー乗り場はいくつかあるのだが、小さな橋があれば、そこを渡って、橋のたもとに向かうように少し戻ればそこがアムパワーの町になる。少しわかりづらいので気をつけて歩いてみてほしい。

また、帰りの便は予約できるので、朝とか夕方の便であれば前日とかに予約しておいた方が無難。日帰りの場合も、到着時に帰りの便を予約しておくのがいいと思う。

のどかなアムパワーの町はすごく好きなところで、僕としてはバンコク郊外行くのであれば、客引きがうるさいアユタヤより、のんびりしたアムパワーの方が好きだな。

Related Post

東京水上バスに乗ってビールを飲みながら浅草までのクルーズ旅... 新橋・汐留あたりから浅草までの移動って、地下鉄を使えば20分くらいで行けてしまう距離なのだけど、そこをあえて「わざわざ」ゆりかもめで日の出桟橋まで行き、そこから水上バスで向かう小旅行というのもなかなかいいものなのです・・・、ということを、Instagramでフォローしている @akaballoon ...
アムパワーの早朝、托鉢の風景 アムパワーに宿泊したならば早起きするのがおすすめ。まあ、夜はお店もしまるしやることもないから、早寝早起きになってしまうのだが。 夜明けとともに、6時過ぎくらいになると近くの寺院の僧侶たちが小舟にのって音もなく運河を伝って托鉢に訪れる。 運河沿いの歩道を歩く僧侶もい...
バンコクとチャオプラヤ川に沿って旅する... 今回のタイ旅行では水辺の近くを旅することが多かった。バンコクでは渋滞を避けてチャオプラヤ川に沿って移動をしていたのだが、川から眺める街はいつもと違う雰囲気でまた美しいものだった。なにより、川を通り抜ける風が気持ちいい。 OCTAVE Rooftopbarから眺めるスクンビットの夜景 今...
ひさびさのワット ポー参拝をしてきた... 今回のタイ旅行はウドンタニ郊外の赤い睡蓮の海に行く以外はなにも考えていなかった。ホテルで本を読んでいるのも悪いアイディアではないとも考えていた。 しかし、そういえばバンコクでは最近は普通の観光地を全然みていないなと思い、改めて訪れてみることにした。 プラナコーン ノーンレンからはテーウェ...
ウドンタニのセントラルプラザはなんでもある地方ショッピングモール... 下妻物語という映画で主人公のヤンキー女子が「ジャスコにはなんでもあるんだよ!このジャージとかさ!」って豪語していたのだが、ウドンタニのセントラルプラザに来てみてそれを思い出した。 さして特徴のない地方都市に400以上のショップとホテルまで併設した巨大なショッピングモールがあるという構図は日本の...

Feature

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください