アムパワーの運河沿いにある宿で、運河に面したテラスが共有スペースになっている。いいホテルを見つけたなあってしみじみ思った。ここは、なにもしないっていう旅をぞんぶんに楽しむためにあるところだ。

ロケーションはアムパワー水上マーケットの繁華街から少し離れたエリアで静かなところ。離れているとはいってもロトゥーの乗り場からは歩いて10分程度だし不便はない。

近所にはいくつか似たようなゲストハウスはあるけれど、ここは部屋数も少なくてとても静か。スタッフの人たちも穏やかでのんびりとしている。

At Casa GuesthouseAt Casa GuesthouseAt Casa Guesthouse

部屋自体は取りたててなにかあるわけではなく、普通のゲストハウスレベル。少し部屋が広く感じるくらいかなって思う。水周りもこんなところかなあって感じ。

このホテルのいいところはスタッフの人たちの人柄、共有スペースの気持ちよさ、あとは食事がついてくるところ。静かで押しつけがましいところもなく、それでいて気が利く感じの人たちで居心地がよかった。ビールある?って訊ねたら近所の商店で買ってきてくれたし。

部屋は普通
部屋は普通

食事がついてきたのはちょっと意外。でも、繁華街から少し離れているし、平日は閑散としているので、朝夕に食事がついてくるのはありがたいところだな。

料理は家庭的なタイ料理で優しい味。テラスで風に吹かれながらのんびりと食事をするのはとても優雅な気持ちになる。

料理がついてきたのはよかった。美味しいし。
料理がついてきたのはよかった。美味しいし。
タイ料理がメイン
タイ料理がメイン
朝食
朝食

なにより、ここのいいところはこの共有のテラス。

昼の暑い最中でも、運河を抜ける穏やかな風がふいていてすごく気持ちがいい。マットレスに横になって本を読んだり、ぼけーっとしたり、昼寝をしたり。部屋にいるなんてもったいないくらいだ。他の住人もいるけれど、シンガポールの人たちや台湾の人たちで、みんな静か。なんとなく価値観が似ている感じがする。適度な距離感。

テラスがすごく気持ちいい
テラスがすごく気持ちいい

At Casa Guesthouse

だらだら過ごす
だらだら過ごす

夜はビールを飲みながら過ごしたりするのもまた心地よい。この場所でのんびりすためだけにアムパワーへ来てよかったと思えるくらいだ。

本をたくさん持ち込んで、のんびりと読みふけったり、手紙を書いて過ごしたりするのもまた楽しそうだ。

夜はビール飲みながら過ごす幸せ
夜はビール飲みながら過ごす幸せ

朝は6時過ぎから近所のお寺の僧侶が船をこいで托鉢にやってくる。これを眺めているのも(また、お願いしておくときっと托鉢をすることもできそう)、清廉とした気持ちになる。

バンコクの喧噪は、あれはあれで楽しいところはあるけれど、僕のなかではこういう空気感が好きなのだろうなって思えるところだった。今年のベストホテルのひとつ。

Amphawa Floating Market

At Casa Guesthouse Amphawa
住所:Soi Lang Amphoe Amphawa, Amphawa

Related Post

正興咖啡館(台南) – 今年ベストホテルのひとつだと思う... 今回、台南に行くにあたって、台湾旅行のメンターである友人曰く「台南ではシャングリラに泊まるべし」とのアドバイスを受けていて、たしかに良さそうなホテルではある。 でも、それに反抗したわけじゃないが、少し不便でも面白そうなところないかなって思って泊まったのが、正興咖啡館(Zhengxing / ジ...
the GATE – ワットポー近くの朝から営業しているカフェ... ワット ポーからワット アルンへと向かう桟橋のすぐ近くにあるカフェ。チャオプラヤ川沿いではないのだけど、雰囲気がよくて朝から営業しているので便利ではある。 メニューはイタリアンの軽食がメインになっているのだが、朝はあまり料理は提供していない。また、二階からはワット ポーが望めるみたいなのだが、...
Buddy Beerはカオサンではおしゃれで手軽なレストラン... カオサン通りは、かつての宿宿の聖地からいまではおしゃれなレストランが並ぶ通りに変わっている。なんだか小ぎれいでびっくりするくらい。 そんな通りの中央部くらいにひときわおしゃれで目立っているのがBuddy Beerというレストラン。カオサン通りからちょっと奥まったところへお店があるのだが、なんだ...
The Speakeasy – バンコクでいま行くべきなルーフトップバーのひとつ... 今回のルーフトップバー巡りのなかで、プラナコーン ノーンレンとならび「ここはいいな」って思ったところ。 25階に位置していて、まわりには高層レジデンスなどもあるので開放感というのはないけれど「ラウンジの居心地のよさ」というのはすごくある。隠れ家っぽいところも好き。薄暗さもまた雰囲気いいよなあ。...
In Love Bar & Restaurantは地元向けThe Deckという感じ... The Deckがロケーション含めて高級版とするならば、このIn Loveはそれをスケールダウンして、すっかりカジュアルにした「地元向け」という感じ。 見えるロケーションもワットアルンじゃなくて、ラーマ8世橋だし。 しかし、このレストランはそのネーミングのかっこ悪さをのぞけば本物で美味し...

Feature

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.