アムパワーで観るべきもののひとつであり観光のハイライト。タイ政府観光庁には”Unseen Thailand”(まだ見ぬタイ)のひとつに選ばれている。

アムパワーからは、乗り合いのボートツアーであれば100THBくらいで、チャーターすると600THBくらいで来ることができる。乗り合いのボートツアーはワットバーンクン以外にも川岸にある寺院を七福神めぐりみたいに行くので、時間があれば乗り合いのツアーにタイ人と混じっていくのも面白い。

メークロン川を船で移動する
メークロン川を船で移動する

寺院はもともとは、軍事基地や要塞が築かれたところにあったものなので、まわりには軍事関係の展示もあったりする。桟橋降りてすぐのところにはなぜかナチス時代の戦闘機が置いてあったりする。

なんだこれ。圧巻は境内に入ると、ものすごい数のムエタイ人形が各種の戦いを繰り広げている。タイってこういう意図がよく分からないものを量で勝負しかけてくるところがある。

なぜか展示されている軍用機
なぜか展示されている軍用機
大量のムエタイ人形
大量のムエタイ人形
どうしてここにラクダが・・
どうしてここにラクダが・・

ワット バーンクンは長く無人化していたということもあり、いつの間にか本堂を覆うように菩提樹が育ってしまった。

アユタヤには仏像を覆うように菩提樹がいるけれど、ここでは寺院そのものが覆われている不思議な光景。寺院として「生きている」こともあり、カンボジアのタ プロームや、ベンメリアの雰囲気とも少し異なる。

船で寺をみにいく
ワットバーンクンの本堂、菩提樹で覆われている

船で寺をみにいく

船で寺をみにいく

船で寺をみにいく船で寺をみにいく船で寺をみにいく

それほど大きな本堂ではないけれど、静かでいいところなので、周囲を散歩したりしてゆっくりしてみて欲しい。

なお、前回の訪問時よりも写真の撮影に関して厳しくなってきているなって思った。一部の写真は前回訪問時のものをつかっているけれど、早めに観に行った方がのんびりしていていい寺院なのかも。

いまではこの写真が撮れなくなっている
前回来たときの写真、いまではこの写真が撮れなくなっている

ワット バーンクン (Wat Bangkung)
住所:Amphawa, Samut Songkram

Related Post

Took Lae Deeで朝食 Soi16のCitadines に泊まると、朝か夜はここで食事を取ることが多い。foodlandというスーパーマーケットに併設しているレストランみたいなところで、24時間営業していて便利。朝食のほかに、夜にちょっと小腹すいたときとかにも立ち寄れるのはいいところ。 メニューはかなり色々あって、普...
タイの水辺を旅してきた 2016年最初の旅はタイへ行ってきた。旅の目的はイサーン地方にある湖で、12月~2月にかけて睡蓮が湖面を覆う風景をみてみたかったため。 タイまで花の風景を観に行くのかっていう意見もあるのだが、僕としてはタイまで花の風景を観に行く旅こそが、旅の醍醐味じゃないかって思っている。写真だけじゃなくて、...
ひさびさのワット ポー参拝をしてきた... 今回のタイ旅行はウドンタニ郊外の赤い睡蓮の海に行く以外はなにも考えていなかった。ホテルで本を読んでいるのも悪いアイディアではないとも考えていた。 しかし、そういえばバンコクでは最近は普通の観光地を全然みていないなと思い、改めて訪れてみることにした。 プラナコーン ノーンレンからはテーウェ...
ウィークエンドマーケットでTシャツを調達する... 定期的に訪れてはTシャツを大量に調達しているところ。夏場に僕が着ているTシャツはタイで買ってきているものが大部分を占めている。 誰が着るんだろっていう、ろくでもないデザインのものも多いけれど、シンプルなものやトレンドを意識したものなどが、ファストファッションよりもさらに安く買えるのがいい。 ...
スワンナプームでツーリストSIMの購入(今回はdtac)... チャイナエアラインのフライトキャンセルにより波乱の幕開けな今回の旅。とはいえ、問題なくバンコクには到着してさっそくSIMカードを入手。いつもはAISで買っているのだけど、今回はカウンターが混雑していたのでその隣にあるdtacで購入。 結論からすると、どういうわけだがものすごいもっさりした回線環...

Feature

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください