アムパワーで観るべきもののひとつであり観光のハイライト。タイ政府観光庁には”Unseen Thailand”(まだ見ぬタイ)のひとつに選ばれている。

アムパワーからは、乗り合いのボートツアーであれば100THBくらいで、チャーターすると600THBくらいで来ることができる。乗り合いのボートツアーはワットバーンクン以外にも川岸にある寺院を七福神めぐりみたいに行くので、時間があれば乗り合いのツアーにタイ人と混じっていくのも面白い。

メークロン川を船で移動する
メークロン川を船で移動する

寺院はもともとは、軍事基地や要塞が築かれたところにあったものなので、まわりには軍事関係の展示もあったりする。桟橋降りてすぐのところにはなぜかナチス時代の戦闘機が置いてあったりする。

なんだこれ。圧巻は境内に入ると、ものすごい数のムエタイ人形が各種の戦いを繰り広げている。タイってこういう意図がよく分からないものを量で勝負しかけてくるところがある。

なぜか展示されている軍用機
なぜか展示されている軍用機
大量のムエタイ人形
大量のムエタイ人形
どうしてここにラクダが・・
どうしてここにラクダが・・

ワット バーンクンは長く無人化していたということもあり、いつの間にか本堂を覆うように菩提樹が育ってしまった。

アユタヤには仏像を覆うように菩提樹がいるけれど、ここでは寺院そのものが覆われている不思議な光景。寺院として「生きている」こともあり、カンボジアのタ プロームや、ベンメリアの雰囲気とも少し異なる。

船で寺をみにいく
ワットバーンクンの本堂、菩提樹で覆われている

船で寺をみにいく

船で寺をみにいく

船で寺をみにいく船で寺をみにいく船で寺をみにいく

それほど大きな本堂ではないけれど、静かでいいところなので、周囲を散歩したりしてゆっくりしてみて欲しい。

なお、前回の訪問時よりも写真の撮影に関して厳しくなってきているなって思った。一部の写真は前回訪問時のものをつかっているけれど、早めに観に行った方がのんびりしていていい寺院なのかも。

いまではこの写真が撮れなくなっている
前回来たときの写真、いまではこの写真が撮れなくなっている

ワット バーンクン (Wat Bangkung)
住所:Amphawa, Samut Songkram

Feature

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です