アムパワーで観るべきもののひとつであり観光のハイライト。タイ政府観光庁には”Unseen Thailand”(まだ見ぬタイ)のひとつに選ばれている。

アムパワーからは、乗り合いのボートツアーであれば100THBくらいで、チャーターすると600THBくらいで来ることができる。乗り合いのボートツアーはワットバーンクン以外にも川岸にある寺院を七福神めぐりみたいに行くので、時間があれば乗り合いのツアーにタイ人と混じっていくのも面白い。

メークロン川を船で移動する
メークロン川を船で移動する

寺院はもともとは、軍事基地や要塞が築かれたところにあったものなので、まわりには軍事関係の展示もあったりする。桟橋降りてすぐのところにはなぜかナチス時代の戦闘機が置いてあったりする。

なんだこれ。圧巻は境内に入ると、ものすごい数のムエタイ人形が各種の戦いを繰り広げている。タイってこういう意図がよく分からないものを量で勝負しかけてくるところがある。

なぜか展示されている軍用機
なぜか展示されている軍用機
大量のムエタイ人形
大量のムエタイ人形
どうしてここにラクダが・・
どうしてここにラクダが・・

ワット バーンクンは長く無人化していたということもあり、いつの間にか本堂を覆うように菩提樹が育ってしまった。

アユタヤには仏像を覆うように菩提樹がいるけれど、ここでは寺院そのものが覆われている不思議な光景。寺院として「生きている」こともあり、カンボジアのタ プロームや、ベンメリアの雰囲気とも少し異なる。

船で寺をみにいく
ワットバーンクンの本堂、菩提樹で覆われている

船で寺をみにいく

船で寺をみにいく

船で寺をみにいく船で寺をみにいく船で寺をみにいく

それほど大きな本堂ではないけれど、静かでいいところなので、周囲を散歩したりしてゆっくりしてみて欲しい。

なお、前回の訪問時よりも写真の撮影に関して厳しくなってきているなって思った。一部の写真は前回訪問時のものをつかっているけれど、早めに観に行った方がのんびりしていていい寺院なのかも。

いまではこの写真が撮れなくなっている
前回来たときの写真、いまではこの写真が撮れなくなっている

ワット バーンクン (Wat Bangkung)
住所:Amphawa, Samut Songkram

Related Post

ウドンタニのセントラルプラザはなんでもある地方ショッピングモール... 下妻物語という映画で主人公のヤンキー女子が「ジャスコにはなんでもあるんだよ!このジャージとかさ!」って豪語していたのだが、ウドンタニのセントラルプラザに来てみてそれを思い出した。 さして特徴のない地方都市に400以上のショップとホテルまで併設した巨大なショッピングモールがあるという構図は日本の...
慈照寺(銀閣寺)の紅葉をひさびさにみてきた... 南禅寺から北につづく哲学の道の最終地点である銀閣寺。北野天満宮からも市バスで数分のところにあるので、京都を西から東に横断してやってきた。 調べてみると銀閣寺、1490年と応仁の乱の後、室町時代の末期につくられていて、繁栄期に作られた金閣寺と比較するとたしかに地味な雰囲気。でも、その控えめながら...
チャオプラヤ エクスプレスでいくバンコク水辺の旅... 今回の旅ほどチャオプラヤ エクスプレスを活用したことはなかった。 バンコクを流れるチャオプラヤ川に沿って運行されている渡し船。こんな便利なのに、なんでいままであまり使ってこなかったのだろうと思ったのだが、スクンビットのあたりにいると必要がないということもある。 しかし、今回泊まったプラナ...
ヤンゴンでひとつ観光するとしたら、シュエダゴン・パゴダがおすすめ... 今回のヤンゴン滞在ではチャイティーヨに行ったりしていたので、あまり時間がなかった。 それでも、どこかひとつ観光をするとしたら、シュエダゴン・パゴダ(Shwedagon Pagoda)だろうと思って行ってみた。 結論としては、シュエダゴン・パゴダは現実離れした迫力とここでしか見られない風景...
タイの水辺を旅してきた 2016年最初の旅はタイへ行ってきた。旅の目的はイサーン地方にある湖で、12月~2月にかけて睡蓮が湖面を覆う風景をみてみたかったため。 タイまで花の風景を観に行くのかっていう意見もあるのだが、僕としてはタイまで花の風景を観に行く旅こそが、旅の醍醐味じゃないかって思っている。写真だけじゃなくて、...

Feature

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.