アムパワーで観るべきもののひとつであり観光のハイライト。タイ政府観光庁には”Unseen Thailand”(まだ見ぬタイ)のひとつに選ばれている。

アムパワーからは、乗り合いのボートツアーであれば100THBくらいで、チャーターすると600THBくらいで来ることができる。乗り合いのボートツアーはワットバーンクン以外にも川岸にある寺院を七福神めぐりみたいに行くので、時間があれば乗り合いのツアーにタイ人と混じっていくのも面白い。

メークロン川を船で移動する
メークロン川を船で移動する

寺院はもともとは、軍事基地や要塞が築かれたところにあったものなので、まわりには軍事関係の展示もあったりする。桟橋降りてすぐのところにはなぜかナチス時代の戦闘機が置いてあったりする。

なんだこれ。圧巻は境内に入ると、ものすごい数のムエタイ人形が各種の戦いを繰り広げている。タイってこういう意図がよく分からないものを量で勝負しかけてくるところがある。

なぜか展示されている軍用機
なぜか展示されている軍用機
大量のムエタイ人形
大量のムエタイ人形
どうしてここにラクダが・・
どうしてここにラクダが・・

ワット バーンクンは長く無人化していたということもあり、いつの間にか本堂を覆うように菩提樹が育ってしまった。

アユタヤには仏像を覆うように菩提樹がいるけれど、ここでは寺院そのものが覆われている不思議な光景。寺院として「生きている」こともあり、カンボジアのタ プロームや、ベンメリアの雰囲気とも少し異なる。

船で寺をみにいく
ワットバーンクンの本堂、菩提樹で覆われている

船で寺をみにいく

船で寺をみにいく

船で寺をみにいく船で寺をみにいく船で寺をみにいく

それほど大きな本堂ではないけれど、静かでいいところなので、周囲を散歩したりしてゆっくりしてみて欲しい。

なお、前回の訪問時よりも写真の撮影に関して厳しくなってきているなって思った。一部の写真は前回訪問時のものをつかっているけれど、早めに観に行った方がのんびりしていていい寺院なのかも。

いまではこの写真が撮れなくなっている
前回来たときの写真、いまではこの写真が撮れなくなっている

ワット バーンクン (Wat Bangkung)
住所:Amphawa, Samut Songkram

Related Post

伊勢神宮への参拝 パワースポットのことはよくわからないのだが、伊勢という土地にはなにかこうパワーのようなものがあると思う。 とくに、伊勢神宮の前にひろがる禍々しい参道の賑わいと、そこから橋を渡ると突然の圧倒的な自然と静かで怜悧な雰囲気のコントラストは人のもってる二面性を現しているんじゃないだろうか。きっと昔のお...
ウドンタニ散歩 タイの東北部、イサーン地方のウドンタニにやってきた。サンスクリット語で「北の町」と名付けられたこの地に来た目的は蓮の花だらけの湖に行くということなのだが、それがなかったらこの街に来ることはなかっただろうなと思う。 この先にあるラオスのビエンチャンに向かうときの通過点としての意味もあるが、いまの...
猫のいる神社、上杉神社 米沢の街の中心的な存在である上杉神社。米沢城の跡地に作られた神社で、周囲はお堀で囲まれている。それにしても、山形県って酒田とか米沢とか洗練された都市があるのに、なぜ県庁が山形だったのだろうか。政治とは不思議なものだ。 しかし、県庁所在地から外れていることにより、この米沢の街も昔ながらの穏やかな...
台南の大天后宮は霊験あらたかな恋愛の神様をまつっている... 台湾でもっとも古い街である台南には神様の存在も圧倒的。国家一級古跡に指定されている台南大天后宮は台湾最古の廟のひとつであり、その御利益はかなりのものだという。今回泊まっていた、興居 台南からすぐ近くなこともあり朝の散歩をかねて行ってみることにした。 台南大天后宮へのアクセス 国鉄の台南駅...
ウドンタニのセントラルプラザはなんでもある地方ショッピングモール... 下妻物語という映画で主人公のヤンキー女子が「ジャスコにはなんでもあるんだよ!このジャージとかさ!」って豪語していたのだが、ウドンタニのセントラルプラザに来てみてそれを思い出した。 さして特徴のない地方都市に400以上のショップとホテルまで併設した巨大なショッピングモールがあるという構図は日本の...

Feature

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください