バンコクで水上マーケットといえば、ダムヌン・サドゥアックのものがバンコクからの半日ツアーでも有名。

あのマーケットの賑やかな雰囲気もいいけれど、僕はのどかで昔ながらの風景が残っているといわれるアムパワーの水上マーケットの方が好きだな。

Amphawa Floating MarketAmphawa Floating Market

At Casa Guesthouseバンコクからは戦勝記念塔近くから出ているミニバス(ロトゥー)に乗って90分。運河沿いに集落が500mくらい連なっていて、賑やかなのはそのうち100mくらい。本当に小さなのどかな町だ。

静かなエリアを散歩していると猫と出会うが、飼い主に口笛で呼ばれて行ってしまった。すごい躾けられているな。車が通ることもできないので、交通手段は水路を船で行く。

夕方のアムパワー
夕方のアムパワー

水上マーケットのエリアは運河の両脇にはカフェやレストランなどもあり、こういうところでのんびりとするのもいいけれど、試してみてもらいたいのはやはりシーフード。

とくにアムパワーの橋のたもとにあるエリアでは採れたてのシーフードを楽しむことができる。ビール飲みながら食べる料理は最高に美味しいし、なにより安い。

Amphawa Floating Market

びっくりしたのは海ぶどうがあったこと。思わずオーダーしてしまったのだが、「え、これ食べるの?」って逆に聞かれてしまった。じゃあ、なんでメニューにあるんだよ。

ちょっと珍しい食材なのかも。しかし、出てきたものは沖縄で食べるものとまったく同じで美味しい。ポン酢みたいな酸味のあるたれで食べるところも同じで沖縄を思い出した。

Amphawa Floating Market

イカと海ぶどう
イカと海ぶどう
つぶ貝もうまかった
つぶ貝もうまかった

それ以外に食べるべきなのはやはりエビかなあ。世界最大のエビ産出国であるタイでは世界的に高騰しているエビがまだ比較的安く食べられる。

シンプルに炭火焼きしたエビをたらふく食べられる幸せといったらない。日帰りとはいわず、一泊して過ごして欲しいところ。

2012067013403073000 x 4000

Amphawa Floating Market

Amphawa Floating Market
住所:Amphawa, Samut Songkram

Related Post

周氏蝦捲老店は台南グルメの頂点かもしれない... 台南で色んなところに行き尽くしたわけじゃないけれど、それでも安平にある周氏蝦捲老店は絶品の料理だった。 場所は安平の中心街ともいえる場所で、賑わっているエリアにある。すごくよく目立つように看板が書かれているので近くまで行けば迷うことはないはず。 店内は常時かなり賑わっていて、台湾の人たち...
ホーチミンへテーマパーク巡礼の旅 今回はファングーラオの安宿に泊まった この夏の旅行はベトナム経由でカンボジアに行ってきたのだが、ひさびさにトランジットで降りたホーチミン シティが思いのほか楽しかった。 タンソンニャット空港はあまりにもなにもなさ過ぎて、トランジットには不向きだし空港内の物価の高さには閉口するが、街中ま...
日々是新 – 2014年1月1日 新年の最初は銚子の犬吠埼近くの浜で日の出を眺めて今年がはじまった。 前はお正月には海外で過ごすことも多かったのだけど、ここ2年くらいは日本で過ごすようになった。 2011.3.11の影響なのかなあ・・とも思うのだが、心をリセットして新しく始めるというのは、日本のお正月が一番しっくり来る感...
ハノイ トランジット旅 ルアンパバンへの旅のついでにトランジットでハノイをちょこっと旅してきた。 朝について深夜に出発するようなスケジュールなので、本当にちょこっとした旅だったのだが、ひさびさのハノイはホーチミン・シティに比べて落ち着いたいい街だなあというところ。 ただし、空港から街までは遠いのが難点。そして、...
リペ島での過ごし方 リペ島への旅の記録。 リペ島ではなにをしてきたのかといえば、それは「毎日、朝陽と夕陽をみていた」ということになる。そして、それ以外の時間は部屋で本を読んで過ごしていた。外、暑いし。 島での滞在においては、一度も靴を履くことがなく(ビーチサンダルでさえも!)、常に裸足だった。 理...

Feature

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください