今回のタイ旅行も後半になってきて、喧噪のバンコクを抜け出して運河と水上マーケットの町であるアムパワーへ小旅行をしてきた。

水上マーケットといえば、ダムヌン・サドゥアクが外国人旅行者に人気の場所だとすると、アムパワーはタイ人に人気のあるマーケット。外国人旅行者の姿はほとんど見かけなかった、すごく静かな隠れ家のような町だ。

バンコクからは戦勝記念塔近くから出ているミニバス(ロトゥー)で90分くらい。ミニバスの乗り方さえ理解できていれば行きやすい場所ではある。

バンコクから日帰りで行くことも可能な場所だけど、僕としては一泊はしてみて、のんびりすることをおすすめする。

今回泊まったAt Casa Guesthouse

僕がそういう旅行が好きだということもあるのだが、あちこち観光地を巡るのもいいけれど、せっかくの休みなのだし、もっとのんびりと過ごしてもいいんじゃないかって思っている。

アムパワーはとくに夕暮れどきの風景や、早朝には僧侶が川を通って托鉢にくる様子が幻想的で美しい。水辺の風景ってこんなにも光りの移り変わりがあるのかって思う。こういうのは、せわしない日帰りの旅じゃなくて、この町に泊まって過ごしながら経験するのがおすすめ。

夕暮れのアムパワー

それにしても、旅に限らず人の記憶って不思議なもので、ものすごいどうってことのない風景や出来事が突然思い出したりすることがある。

それでいうと、運河沿いにあるAt Casa Guesthouseのテラスで寝転がって川を眺めたり、本を読んでいたりする風景って、別にどうってことがないのだが今回の滞在でもっとも記憶に残っている。川を伝ってふわっと通り抜ける風はすごく気持ちがよかったなあ、とか。

あとは、ここで食べたシーフードの美味しさ。ひさびさに食べた海ぶどうは沖縄を思い出した。英語すらあまり通じないようなところだったが、そんなの全然気にならないような大らかさで過ごしていたな。ビールも美味しかったし。

観光的なことといえば、ワットバーンクンへの旅。ちょっとした船旅なのだが、アムパワーの運河からメークロン川に出ると、まるで海のようだ。波を切り分けるように向かっていく。ワット バーンクンは18世紀に建立された寺院なのだが、長いこと放置されてきたためいまでは菩提樹に囲まれるように経っている不思議な風景の寺院。

しかし、いまではすごく大事にされている「生きたお寺」って感じ。しかし、ここは少しずつ観光化が進んできているのか写真撮影の禁止とかが出てきている。人が増えてくると面倒なことも出てくる。

それでもアムパワーののどかさは変わらず、すごく好きな町。なにもないってことを過ごすにはこんなにいい町はないだろうな。バンコクもいいけれど、たまにはこういう場所で過ごす旅もおすすめです。

この旅の記録:アムパワーへの小旅行、運河の町でのんびりする(2016年1月)

Related Post

アムパワーの早朝、托鉢の風景 アムパワーに宿泊したならば早起きするのがおすすめ。まあ、夜はお店もしまるしやることもないから、早寝早起きになってしまうのだが。 夜明けとともに、6時過ぎくらいになると近くの寺院の僧侶たちが小舟にのって音もなく運河を伝って托鉢に訪れる。 運河沿いの歩道を歩く僧侶もい...
初秋の米沢と庄内を旅行してきた 初夏に訪れた山形では、さくらんぼ狩りをして庄内の豊かな海の幸を楽しんで・・と充実した旅行ですごく印象深いものだったので、今度は収穫の秋にも来てみようと再び訪問。 そう、僕の旅行スタイルは同じところに何度もリピートしていくスタイルなのである。もう前の話だがブータンも2回行ったくらいだし。同じ場所...
潮岬と橋杭岩:紀伊半島をぐるりとまわる... 潮岬灯台 アドベンチャーワールドでパンダを堪能したあと、紀伊半島をぐるっとまわって尾鷲までドライブ。 僕としては房総半島をぐるっとするくらいのイメージだったのだが、全然違った。紀伊半島、すごいでかい。 そして、数年前の台風被害の復旧のためかトラックがすごい走っているのであまり快適...
行くぜ、東北。夏の会津日帰り編 すっかり夏が始まったなあという7月中旬。東北へ日帰りで旅をしてきた。今回は友人の車に乗せてもらうこともあり、東京駅から少し移動してから車に乗り込み一路東北道を北上していく。 まだ朝の家に着いたのは会津若松城。すごく昔に訪れた記憶があるのだが、今回来てみてびっくりした。普通の博物館みたいなコンク...
ルアンパバン散歩旅 僕にとって旅って散歩の延長みたいなもので、そんな感じでルアンパバンを散歩してきた。 それにしても、僕が朝に家の近所を散歩しているようなとき、ルアンパバンでは僧侶が托鉢をしているのかと思うと、なんだか旅をしてみてよかったなと思う。 ルアンパバンの町の名前は、ほかにも「ルアンパバーン」とか「...

Feature

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください