アムパワーに宿泊したならば早起きするのがおすすめ。まあ、夜はお店もしまるしやることもないから、早寝早起きになってしまうのだが。

夜明けとともに、6時過ぎくらいになると近くの寺院の僧侶たちが小舟にのって音もなく運河を伝って托鉢に訪れる。

運河沿いの歩道を歩く僧侶もいるけれど、船で来ている僧侶が多い。

夜明けの幻想的な風景のなかで、静かに祈りをする姿はこの国の本当の姿に触れたような気がする。昼間はあんなに賑やかにやっているのにって思うとともに、僕も厳かな気持ちになる。

もちろん、観光客が托鉢をすることもできるし、そういうツアーもある。しかし、僕が泊まっていたAt Casa Guesthouseでは外国人は僕だけだったこともあり、普通にタイ人の人たちが托鉢を自然にしていた。本当にいい宿に泊まったなって思う。

すっかり朝になる7時くらいには、来たときと同じように音もなく静かに僧侶は寺院に戻っていく。朝に少しだけみせるアムパワーの風景はこの町に泊まって体験する価値がある。

Related Post

カンボジアまで蟹を食べに行ってきた。... 2016年初夏の旅はカンボジアで夏を先取りしてきた。カンボジアとはいえ、アンコールワットではなくプノンペンへ。そして、カンボジア南部のリゾートであるケップという小さな街へ。 カンボジアでリゾートといえばシアヌークビルが有名だけど、ケップは旧フランス領時代に作られた鄙びたリゾートという感じ。なに...
ハノイ トランジット旅 ルアンパバンへの旅のついでにトランジットでハノイをちょこっと旅してきた。 朝について深夜に出発するようなスケジュールなので、本当にちょこっとした旅だったのだが、ひさびさのハノイはホーチミン・シティに比べて落ち着いたいい街だなあというところ。 ただし、空港から街までは遠いのが難点。そして、...
ホーチミンへテーマパーク巡礼の旅 今回はファングーラオの安宿に泊まった この夏の旅行はベトナム経由でカンボジアに行ってきたのだが、ひさびさにトランジットで降りたホーチミン シティが思いのほか楽しかった。 タンソンニャット空港はあまりにもなにもなさ過ぎて、トランジットには不向きだし空港内の物価の高さには閉口するが、街中ま...
バゴー寺院巡りの旅 ヤンゴンからぎりぎり日帰りできるところにあるチャイティーヨーのゴールデンロックへの参拝。これにあわせて行けるのがヤンゴンの東70kmにあるバゴーという町。 ここでは寺院巡りをするというのが旅のスタイルとなる。結構駆け足で巡ったので数時間の滞在となってしまったが、のんびりした雰囲気のところなので...
台南アートと食べ歩きの旅。 成田から高雄までタイガーエアの直行便が出たことで、LCCという選択肢が出たことで俄然行くようになった台南の街。ここのところ行っている旅先のなかでも最も好きな街だと言い切れる。それにしても、改めて振り返ってみると結構行っているよな。 過去の台南旅 2013-09: 台南・台北旅行 2014-...

Feature

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください