どう考えてもホテルが供給過多すぎるバンコクでは、他の都市のホテル料金高騰なんてどこふく風っていう感じで、相変わらず手頃な料金で泊まることができる。

今回の旅行では、わりと面白い宿に泊まってきたけれど、帰国前の一泊は便利なところにしようかと、サイアムにあるイビスホテルを選んでみた。ここのところ気に入っているフランスのホテルチェーン。香港で泊まったところも結構よかった。

入口にはセブンイレブン
入口にはセブンイレブン

Ibis Bangkok Siam上層階はイビスの上位互換であるメルキュールがあり、イビスは低層階にあるのだが、そんなに夜景みたければスカイバーとか行けばいいので、迷わずお得なイビスを選択。

アクセスはBTSのナショナルスタジアム駅の階段降りてすぐのところにあるのですごく便利。なんなら、サイアム駅から歩いても5分くらい。ホテルの前は常にタクシーもいるので、深夜早朝の移動にも困らない。利便性だけ考えるとこれ以上ない立地だと思う。

部屋はわりと狭いが機能的に出来ているのはイビスならではだなって思う。長期滞在していると飽きるだろうが、1~2泊くらいであれば充分な設備。WiFiのパスワードはホテルのフロントでもらえばアクセスできる。速度もそれなり。

Ibis Bangkok Siam一階にはセブンイレブンが入っていて、ちょっとした買いものにはこれ以上ないくらい便利。フロントの奥にはビジネスセンターっぽいところもあるので、オンラインチェックインとボーディングパスの印刷もここでできる。

ホテルステイの面白さとかは別として、バンコクでの利便性とコストを考えるとこれ以上のホテルはないんじゃないかって思う。

Ibis Bangkok Siam
住所:Rama 1 Wangmai Pathumwan

Related Post

ラジャダムナン スタジアムで本場のムエタイと地元感を楽しもう... タイといえばキックボクシングのひとつであるムエタイが有名で、なんならレストランのショウとかでも見られたりする。しかし、迫力があるというか、見ていて面白いのはスタジアムでみるのが好き。 バンコクでは、「ルンピニ スタジアム」と「ラジャダムナン スタジアム」というふたつの専用スタジアムがあり月、水...
the GATE – ワットポー近くの朝から営業しているカフェ... ワット ポーからワット アルンへと向かう桟橋のすぐ近くにあるカフェ。チャオプラヤ川沿いではないのだけど、雰囲気がよくて朝から営業しているので便利ではある。 メニューはイタリアンの軽食がメインになっているのだが、朝はあまり料理は提供していない。また、二階からはワット ポーが望めるみたいなのだが、...
イサーンへの旅と赤い睡蓮の海 2016年最初の旅はタイへの旅。バンコクまで飛行機で行き、そこでトランジットしてイサーン地方のウドンタニまで。 旅の目的はウドンタニ郊外、クンパワピーにある「赤い睡蓮の海」をあらわすタレー・ブア・デーンという湖に行くこと。 夢のなかの風景のように幻想的な世界は現実感がない。 バンコ...
チャイナエアラインのフライトキャンセルにより直行便でバンコクまで... 2016年最初の旅行はタイへの旅。バンコクまではいつも直行便しか利用したことがなかったのだが、あまりにもエアチケットが安くて、案外トランジットの接続もよかったので、チャイナエアラインで行ってみることにした。 しかし、行きのフライトは成田~台北路線のフライトキャンセル。今回の旅は出だしから荒れて...
タイの水辺を旅してきた 2016年最初の旅はタイへ行ってきた。旅の目的はイサーン地方にある湖で、12月~2月にかけて睡蓮が湖面を覆う風景をみてみたかったため。 タイまで花の風景を観に行くのかっていう意見もあるのだが、僕としてはタイまで花の風景を観に行く旅こそが、旅の醍醐味じゃないかって思っている。写真だけじゃなくて、...

Feature

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください