今回のタイ旅行での帰路のフライト。行きは成田~台北のフライトキャンセルによりタイ航空の振り替えだったので、チャイナエアラインにようやく乗れるのかっていう気持ち。

帰りのフライトはバンコクを朝に出ると、成田には夕方に到着するスケジュール。桃園での乗り継ぎ時間が結構効率よくて便利。

サイアムに泊まっていればARLの利用で空港にアクセスできる時間なのだが、思い切り寝坊したので(そして面倒になったので)ぎりぎりにタクシーで移動。サイアムからスワンナプームまでは朝だと40分もみておけば到着できる。

朝のスワンナプーム空港

バンコクから台北へのフライトなのだが、ものすごいガラガラでびっくりした。半分も乗っていないんじゃないかと思う。

3時間くらいのフライトなのだが、肘掛けを上にあげてフルフラットにして寝ていたらあっという間についてしまった。飛行機って空いていると随分寒いものだなとかいう感想をもつくらいだ。

バンコクから台北のフライトはガラガラ
機内食

桃園では90分くらいのトランジット。以前の旅行であまっていた台湾元を持ってきたので、それを使ってレストランで食事をする。

ひさびさに魯肉飯とか食べたかったのだが売り切れていて、普通のどんぶりご飯をおすすめされる。まあ、これはこれで美味しい。台湾には、こんなトランジットじゃなくて、ちゃんと旅行に来たいなと改めて思いを強くする。

ひさびさの桃園空港

台北から成田へのフライトはほぼ満席。とはいえ、数時間乗ったあとリフレッシュして、また数時間飛行機に乗るというのは、ストレスが少なくて案外いいものだなっていうのが実感。

バンコクへの旅行でトランジットのフライトを利用することってあまりなかったのだけど(前にマイルで来たくらい)、台北経由のフライトはわりとおすすめできるものだと思う。

保存

Related Post

スクート(Scoot)搭乗記ふたたび 成田空港は第二ターミナルCカウンター シンガポールのLCCであるスクートに乗って台北へ行ってきたので、その記録。 これで、今年4回目の台北行きでの利用となるのだが、相変わらず日本人が少なく、カジュアルな感じで面白い。 チェックインは成田空港は第二ターミナルの端っこの方で、台北桃園...
エアアジアで行くミャンマー(ヤンゴン、マンダレー路線)搭乗記... 旅に出るからには、できれば同じルートを避けていきたいもの(だと思うんだけど・・)。 今回のミャンマー旅行はバンコク起点で、バンコク~ヤンゴン~バガン~マンダレー~バンコクというルートで進んでいった。僕としては理想的なひと筆書きルート。 ということで、エアアジアの搭乗記。バンコク~ヤンゴン...
スクート搭乗記 – フライト時間変更で大変だった... 機内 何度目かの台湾旅行。 今回もまたスクートで行ってみたのだが、乗るたびになんだか・・と思ってしまうエアラインだなというところ。 今回は行きのフライト時間が変更になってしまい、台北到着が夜になってしまった。なので、ホテルの予約を変更したり、新しく予約を取り直したり・・と色々面倒...
スワンナプームからエアポート・レイル・リンクでバンコクまで... スワンナプームからバンコクまでの交通手段は深夜であればタクシーなのだけど、朝夕のラッシュ時間帯であれば絶対に鉄道が便利。以前に雨の夕方にスワンナプームからバンコクまでタクシーで2時間くらいかかったことがあったが、あれは最悪だった。 空港からBTSの接続駅であるパヤタイ駅までは約30分くらい。4...
チャイナエアライン搭乗記(成田~台北桃園)... 2014年12月の飛び石連休を利用して台北に行ってきた。前回のスクートがさんざん(というほどのことじゃないかもしれないが、面倒)だったので、今回はチャイナエアラインを利用。 結論としては、値段の差があまりないのでチャイナエアラインでいいんじゃないだろうか、というところ。 やはり、レガシー...

Feature

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください