20130803-1850-46-3071小布施というと栗が有名で、この街随一の名門である小布施堂の家紋もかわいい栗マーク。

秋になればモンブランを求めて長蛇の列なのだが、そんな小布施には他にも栗を味わえるお店がいくつもあって、今回はそのなかで竹風堂の栗おこわを買って食べてみた。

8月といえば、栗はもうシーズン外なのだけど、ここ竹風堂の栗は9月上旬に採れたものをすぐに処理してそれを1年間使っているとのこと。僕はここの栗おこわが大好きで行くと必ず買ってくるのだが、今回も立ち寄った。

ご飯自体に甘みは控えめというか、ほぼ感じないくらいなのだけど、栗のいい香りがただよっていて食欲をそそる。そして栗がうまいのなんのって・・。甘すぎずさっぱりした栗の風味を楽しみながら、おこわだけでおかずいらないくらいだ。

20130804-2036-14-0563

オンラインで冷凍のおこわも売っているのだが、まずはお店で食べたりお持ち帰りで買ってみて欲しい逸品です。

小布施 竹風堂

小布施町小布施973

Related Post

チェンマイの朝市とお粥屋台での朝食... 今回泊まっているタニータハウスの朝食はおいしいのだが、ちょっと飽きたのでピン川をはさんで反対側にあるワロロット市場(Waroros Market)へ行って朝食を食べつつお土産物を探してきた。 この市場の歴史は古くて、だいたいはチェンマイで市場というと、こちらのワロロットということでいいんじゃな...
とんかつ つまりへの再訪、やっぱり抜群に美味しい... 前回の訪問から3ヶ月ちょっと経って再び、とんかつ つまりへ訪問。近所のお店より来ている気がするな。 店名が変わっても食事の品質に変わりはなく、豚肉の美味しさを楽しむことができる。僕としては越後妻有エリアのなかで由屋とともにおすすめしたい地元のお店。 津南産の妻有ポークを熟成させたものは、...
赤垣屋は川端二条で予約必須の古典居酒屋の名店... 三条 御幸町でGEARの舞台をみたあと、のんびりと商店街のなかを散歩しながら歩いて行き鴨川べりに出てきた。そこからちょっと北にあがったところにある赤垣屋を友人が予約しておいてくれたので訪問。 店内は時代劇に出てくるかのような古めかしい飲み屋で、こんなところにって場所に席が用意してあったりもする...
たく庵(四谷三丁目)で食べる創作的な和食は素晴らしい体験になると思う... 友人と四谷三丁目にある「たく庵」へ行ってきた。ご夫婦で切り盛りされている小さな小料理屋で、2017年もミシュランでビブグルマンに選ばれている名店のひとつ。 こういうお店に出会うと、ついうっかり、ミシュランってセンスいいかもと思ってしまう。日本酒のセレクトだけでなく、日本のワインも揃っているいい...
「さかた海鮮市場」と「海鮮どんや とびしま」で豪華な朝食... 酒田に来たら朝食はここ以外に考えられない。酒田港のすぐそばにある「海鮮どんや とびしま」での朝食。 朝7時からやっているのは市場直営ならではって感じがする。前の訪問はこちら。 アクセスは酒田駅から2キロくらいなので、僕はホテルをチェックアウトしてそのまま向かうことにしている。とは...

Feature

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください