20130803-1850-46-3071小布施というと栗が有名で、この街随一の名門である小布施堂の家紋もかわいい栗マーク。

秋になればモンブランを求めて長蛇の列なのだが、そんな小布施には他にも栗を味わえるお店がいくつもあって、今回はそのなかで竹風堂の栗おこわを買って食べてみた。

8月といえば、栗はもうシーズン外なのだけど、ここ竹風堂の栗は9月上旬に採れたものをすぐに処理してそれを1年間使っているとのこと。僕はここの栗おこわが大好きで行くと必ず買ってくるのだが、今回も立ち寄った。

ご飯自体に甘みは控えめというか、ほぼ感じないくらいなのだけど、栗のいい香りがただよっていて食欲をそそる。そして栗がうまいのなんのって・・。甘すぎずさっぱりした栗の風味を楽しみながら、おこわだけでおかずいらないくらいだ。

20130804-2036-14-0563

オンラインで冷凍のおこわも売っているのだが、まずはお店で食べたりお持ち帰りで買ってみて欲しい逸品です。

小布施 竹風堂

小布施町小布施973

Related Post

浅間(四谷三丁目)で日本酒を楽しむ... だいたい日本酒が飲みたくなると来るのが四谷三丁目の浅間。 日本酒に対する店主の講釈には好き嫌いがあるみたいだけど、日本酒についてあまりよくわかっていない僕としては勉強になるし、話を進めていくことによって自分好みのお酒を選んでくれるというこのお店のスタイルは結構好きだったりする。 たぶん、...
「とんかつ つまり」で妻有ポークのとんかつを食べる... 津南の物産館の隅ある僕のなかでの人気店である「とん豚」がなんとリニューアルしていた。 場所もスタッフも、食事の内容も変わってなくて店名だけが「とんかつ つまり」に変更されている。どうやら、津南ポークから妻有ポークへとブランド変更したのかな?そんな感じ。 店名かわっても、このお店の人気は変...
十日町にある「へぎそば」の名店「由屋」で食べてきた。... 津南にある「とんかつ つまり」と同じくらい越後妻有を代表する名店だと思っている「名代生そば 由屋」に今回も行ってきた。 すっかり有名店になり、僕みたいに遠方から来るお客さんも増えたのかたまに混雑して入れないこともあるのだが、蕎麦屋だけのことはありお客さんの回転はやいのでそれほど待つことはないと...
「とんき」(目黒)のとんかつは一度は食べてみるべし... 場所は目黒駅すぐそば 池波正太郎のエッセイによく登場するところで、店内が劇場のようであり、店員さんの対応も完璧に素晴らしいと絶賛されているお店。目黒に立ち寄る機会があって、迷わずここに寄ってみた。 とんかつはオーダーしてから、低温の油でゆっくりと揚げられていくので、ここはひとつ池波正太...
プノンペンのセントラルマーケットは観光地です... フランス植民地時代である1930年代に建てられたアール・デコ調の優雅な建物。ドーム状の屋根が特徴でプノンペンの象徴的な場所なのだけど、最近の修復工事ですっかり味気ない感じになっている。なんかこう平坦な色合いにしちゃったな・・という感じ。 改修してぺったりした印象になった建物 中はそん...

Feature

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください