以前の訪問では「ふんわり蟹玉ご飯 XO醤ソース」を「ハイ、天津丼おまちどおさま」と提供されて、どうにも値段に対してのイメージがわりにあわねえ・・と思ってしまったマサズキッチン。

とはいえ、美味しいことには変わりがないと思っているので、ふたたび訪問することにしてみた。結論からいうと、高いけれど美味しい!ランチでこれはむしろお得だと思うっていうところ。

場所は恵比寿駅からちょっと歩くのだが、猿田彦珈琲とかを抜けていくところにある。海南鶏飯食堂のすぐ近くのビルの地下。ランチはコースじゃないと予約が出来ないのだが、2人くらいであればカウンターに入れるので、少し時間をずらせば待つことは少ない。

むしろカウンターで料理が作られていくさまをみるのが楽しいので、この席は特等席かもしれない。ランチでもオーナーシェフである鯰江シェフがキッチンにたって料理を作っており、さすがミシュランガイドで6年連続で星を獲得した実績があるのだなあってしみじみと感じる。

マサズキッチン

今回、頼んでみたのは「土鍋の麻婆ご飯」。前菜二種類と、小籠包とスープがついてくる。前菜は菜の花のおひたしが出てきたのだが、中華風の出汁がきいたアレンジがされていて、これが絶品だった。

前菜、菜の花のおひたしみたいなのが絶品だった
前菜、菜の花のおひたしみたいなのが絶品だった
土鍋の麻婆ご飯、辛かったが美味しい・・
土鍋の麻婆ご飯、辛かったが美味しい・・

薄皮の小籠包もまた美味しくて昼から幸せな気持ちになる。メインの土鍋ごはんは、キッチンにいると、つぎつぎと魔法のように作り出され行く光景がみえて楽しい。待っている間に飽きることがない。卓上コンロに土鍋が置かれて、そこへ料理が作られていく。麻婆は山椒がきいていて結構辛いのだが(控えめにしてもらっても結構くる)、少しずつ食べすすめれば大丈夫。これは香りがよくて美味しい。

一度行った体験で全てを判断することはなく、やはりちゃんとしたレストランはおいしいものを出してくれるよなって改めて感じた瞬間。価格帯はこの界隈の相場感から考えると少し高いけれど、昼から手頃にミシュランの味が楽しめると考えるとむしろ申し訳ないくらいお得じゃないかと思う。

マサズキッチン(MASA’S KITCHEN)
住所:東京都渋谷区恵比寿1-21-13
時間:11:30-14:00,18:00-23:30
休み:月

Feature


Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です