こういう路地が好き
こういう路地が好き

旅をしていて好きな街ってあるものだけど、松本とはまさにそんなところで、ほどよい街の大きさや雰囲気が好き。

どの季節に訪れても楽しいのだけど、オフシーズンである冬は空気も澄んでいて、人は少ないけれど街歩きには楽しい。

今回の旅では、小淵沢からローカル線でやってきて翌朝には出発してしまう短い滞在だったのだが、はじめて松本城のライトアップも観ることができたし(いままでは、だいたい夕方のはやい時間からお酒のんじゃっていたので観てなかった)、この街の新しい一面を見ることができたなっていうところ。

松本城ライトアップされた松本城は屋根が雪で覆われていることもありコントラストがはっきりしている。建物ってライトアップされるとシルエットが際立つこともあり、いままで観ていたのとは異なる印象をうけるものだな。暗闇にお城の白さが浮かび上がっていて幻想的。

居酒屋一歩ブログを書いていて、どうしても書かないお店がいくつかあるのだが、そのうちのひとつは松本にある居酒屋。思い出もあり、地元の人で賑わっていることもあるので、あえてここで紹介していない。

自分の家から遠く離れた場所に行きつけのお店があるのも変な話だが、今回もお酒も料理もとくに僕からは頼むことなく好きなものが出てくるのは、なんて心地よいのだろうかって思う。ひさびさに食べた山賊焼、美味しかった。

それにしても、こんなに賑わっているのにレビューサイトに全然登場してこないのは面白い。

日本でどこか好きな場所に住んでいいっていわれたら、いまならば松本を選ぶかなと思う。ほどよくひらけて、雰囲気のいい街という印象。いいところだ。

Related Post

雨の九分は美しい もう来ることはないだろうなあと思っていた九分へふたたび行くことになった。同行者たちの強い希望により行くことになったわけです。 地下鉄で忠孝復興駅に行って九分行きのバス乗り場へ。しかし、今回は人数多いし最初はタクシーに分乗しようかと思って交渉していたのだが、丁度いいタイミングでバスがやってきたの...
台北ビエンナーレ アート旅 2014年12月末の飛び石連休を利用して台北に行ってきた。12月末の台北は結構涼しいというか、朝晩は寒いくらいで東京の11月くらいの格好で歩いていた。日差しが出てくると暑いくらいなのだけど。 台北市立美術館 旅の目的は台北ビエンナーレをみてみることだったのだけど、意外にも小規模であっと...
行くぜ、東北。春のお花見福島編。 今年はひさびさに、桜前線を追いかけて東北へと向かう。東京ではすっかり盛りの過ぎた桜だけれど、高速道路を北上していくと、まるで時間が巻き戻るみたいに桜の花がきれいになっていく。 今回訪れたのは福島の花見山。だいぶひさびさに行ったのだけど、時期はまさにソメイヨシノが満開のとき、春の盛りをふたたび東...
三城 – 松本随一の正当派な蕎麦屋... そのお店の外見からは蕎麦屋のようにはまったくみえず、なにかのギャラリーのような佇まい。 地元の人はあまり行かないみたいで(だって高いから)、ぼくらのようなよそから来たお客がほとんどなのだが、それでもこのお店の雰囲気や蕎麦のよさは松本随一の存在だと思う。 このお店の雰囲気は独特なものがあり...
チェンマイ散歩旅 チェンマイでの過ごし方で一番好きなのは、旧市街をぶらぶらと散歩してまわること。 できれば自転車ですらなく、だらだらと歩くのがいい。自転車での移動すらはやすぎると思う。のんびりと進み、ちょっと疲れたらその辺の駄菓子やさんみたいんところの軒先で、コーラでも飲みながら休んだりするのがまた楽しい。 ...

Feature

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください