安曇野までやってきて、そこから大糸線で松本まで戻って、東京方面へ帰るのが一般的なルートなのだが、来た道をそのまま戻るのはつまらないと思ってしまうところがある。

なので、友人には近くの篠ノ井線の明科駅まで送ってもらい、そこから長野へ抜けてみることにした。大糸線から安曇野まで来ると途中沢山の駅にとまりながらやって来るのだが、篠ノ井線だと松本からわずか二駅目のところにある。なんだか世界観が違うストイックな路線だな。

とはいえやって来たのは普通の近郊列車。長野までは約1時間くらいの旅。乗りこんですぐにトンネルだらけの路線のなかを疾走していく。これが新線ってやつか。たしかにこのルートならばだいぶ時間の短縮になるだろうなって気がする。

明科駅で乗り込む

やがて、路線はどんどん山の上の方へのぼっていくような感覚がある。車窓は変わらず雪景色で、のどかな風景。列車が姨捨駅に近づくと車内放送で、これからみえる景色は日本三大車窓と呼ばれていて、善光寺平を一望できる風景とスイッチバックで行き交う列車は必見だという。そんな三大ジャンルがあること乗ってみてはじめて知った。ただ、長野へ抜けてみたかっただけなのに思わぬ楽しみを見つけた感じ。

かなりわくわくしながら車窓を眺めていたのだが、そんなことしているの僕とそこらへんの子供くらいで、車内は静かに過ごしている人ばかりだった。姨捨駅は峠のてっぺんにあるような駅で寂しい感じ。降りたら次の列車がやって来るまでの間をもてあましそうだ。なので、たしかにすごい風景だが車内から眺めるだけにする。

姨捨駅近く

遠く長野の市街地まで見渡せる善光寺平の風景は本当に美しい。冬の張りつめた空気は澄んでいてくっきりと景色がみえる。この路線はたしかに三大車窓だ。全然知らなかったが来てみてよかった。旅とは出会いだなあって思うわけです。

なお、ほかのふたつが気になったので調べてみたのだが、ひとつは北海道の根室本線、もうひとつは九州の肥薩線とのこと。根室本線はこの前高速で通ったルートの近くだ。たしかに、あのあたりの風景も美しかった。

姨捨駅から眺める善光寺平

そして列車は善光寺平に向けて列車はまわりこむように山肌をつたって降りていく。平地に着くと車窓の風景も車内の雰囲気も近郊列車のものに変わってきて、もうすぐ終着が近いんだなあっていう感じ。たった1時間の列車旅だったが車窓からの風景含めて鮮やかな印象がある路線だった。このルートはおすすめだな。

Related Post

カリオカ水道橋とラパ広場 カテドラル・メトロポリターナからラパに向けて数分歩くとみえるのが真っ白な水道橋。サンタテレーザの丘からセントロの方につながっていて、かつてはここに水を通していた。現在は路面電車の陸橋になっている。 水道橋のあるところは大きな広場になっていて、ラパ広場と呼ばれている。このあたりは下町っぽさがあっ...
クリスマスイブの夜に 今年は、本当に旅の合間のクリスマスイブの夜。東京駅前にあるKITTEではWHITE KITTE 2014ということで、イベントスペースの吹き抜けエリアに巨大なクリスマスツリーを飾っていて、そこでイルミネーションのショーをやっている。 正直なところ、イルミネーションとかあまり興味ないのだけど、こ...
バガンの夕暮れを船で過ごすサンセットクルーズのすすめ... バガンに来ると、朝陽と夕陽をどこでみようかというのは悩ましい問題である。で、夕陽のポイントとして僕がすごいよかったのはこの船旅で船から眺める夕陽の風景。 別に船からみたって・・と思ったのだが、これがすごいきれいでのんびりしてしまった。 エーヤワディー川(イラワジ川)のサンセットクルーズ船...
アートアクアリウム2016へ行ってきた。... このブログをはじめるより前から、夏になると行っていたアートアクアリウム。2016年で10周年らしい。そんなにやっていたのか。 金魚をアート作品として宝石を眺めるようにみせるというのはすごく斬新でおもしろい。 過去のアートアクアリウム アートアクアリウム 2014ナイトアクアリウムをみて...
ウドンタニ散歩 タイの東北部、イサーン地方のウドンタニにやってきた。サンスクリット語で「北の町」と名付けられたこの地に来た目的は蓮の花だらけの湖に行くということなのだが、それがなかったらこの街に来ることはなかっただろうなと思う。 この先にあるラオスのビエンチャンに向かうときの通過点としての意味もあるが、いまの...

Feature

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください