安曇野までやってきて、そこから大糸線で松本まで戻って、東京方面へ帰るのが一般的なルートなのだが、来た道をそのまま戻るのはつまらないと思ってしまうところがある。

なので、友人には近くの篠ノ井線の明科駅まで送ってもらい、そこから長野へ抜けてみることにした。大糸線から安曇野まで来ると途中沢山の駅にとまりながらやって来るのだが、篠ノ井線だと松本からわずか二駅目のところにある。なんだか世界観が違うストイックな路線だな。

とはいえやって来たのは普通の近郊列車。長野までは約1時間くらいの旅。乗りこんですぐにトンネルだらけの路線のなかを疾走していく。これが新線ってやつか。たしかにこのルートならばだいぶ時間の短縮になるだろうなって気がする。

明科駅で乗り込む

やがて、路線はどんどん山の上の方へのぼっていくような感覚がある。車窓は変わらず雪景色で、のどかな風景。列車が姨捨駅に近づくと車内放送で、これからみえる景色は日本三大車窓と呼ばれていて、善光寺平を一望できる風景とスイッチバックで行き交う列車は必見だという。そんな三大ジャンルがあること乗ってみてはじめて知った。ただ、長野へ抜けてみたかっただけなのに思わぬ楽しみを見つけた感じ。

かなりわくわくしながら車窓を眺めていたのだが、そんなことしているの僕とそこらへんの子供くらいで、車内は静かに過ごしている人ばかりだった。姨捨駅は峠のてっぺんにあるような駅で寂しい感じ。降りたら次の列車がやって来るまでの間をもてあましそうだ。なので、たしかにすごい風景だが車内から眺めるだけにする。

姨捨駅近く

遠く長野の市街地まで見渡せる善光寺平の風景は本当に美しい。冬の張りつめた空気は澄んでいてくっきりと景色がみえる。この路線はたしかに三大車窓だ。全然知らなかったが来てみてよかった。旅とは出会いだなあって思うわけです。

なお、ほかのふたつが気になったので調べてみたのだが、ひとつは北海道の根室本線、もうひとつは九州の肥薩線とのこと。根室本線はこの前高速で通ったルートの近くだ。たしかに、あのあたりの風景も美しかった。

姨捨駅から眺める善光寺平

そして列車は善光寺平に向けて列車はまわりこむように山肌をつたって降りていく。平地に着くと車窓の風景も車内の雰囲気も近郊列車のものに変わってきて、もうすぐ終着が近いんだなあっていう感じ。たった1時間の列車旅だったが車窓からの風景含めて鮮やかな印象がある路線だった。このルートはおすすめだな。

Related Post

カンボジアまで蟹を食べに行ってきた。... 2016年初夏の旅はカンボジアで夏を先取りしてきた。カンボジアとはいえ、アンコールワットではなくプノンペンへ。そして、カンボジア南部のリゾートであるケップという小さな街へ。 カンボジアでリゾートといえばシアヌークビルが有名だけど、ケップは旧フランス領時代に作られた鄙びたリゾートという感じ。なに...
瀬戸内国際芸術祭2013(夏開催の犬島編)... 瀬戸内国際芸術祭の夏編をみてきた。犬島までは直島からは途中豊島に寄港する高速艇で1時間ほどかかる。 当初の予定では、豊島にいってから犬島に行くルートを計画していたのだが、四国汽船に高速艇の混雑具合を電話で質問したときに「豊島から犬島への航路はたまに乗れないことあるから、まずは犬島まで行くべし」...
埼玉の地下神殿、那須の紅葉。 じつは去年も観に行ってきたのだけど、なぜか地下神殿にいる間はカメラが壊れていて、まったく写真が残っていなかった。地上に戻ったら直っていて、家に帰って写真がないことに気がついた。 結構ショックな出来事だったのだが、地下神殿にまたやって来る理由ができたというものだ。地下神殿とはいうものの、実際には...
雨の九分は美しい もう来ることはないだろうなあと思っていた九分へふたたび行くことになった。同行者たちの強い希望により行くことになったわけです。 地下鉄で忠孝復興駅に行って九分行きのバス乗り場へ。しかし、今回は人数多いし最初はタクシーに分乗しようかと思って交渉していたのだが、丁度いいタイミングでバスがやってきたの...
タイの水辺を旅してきた 2016年最初の旅はタイへ行ってきた。旅の目的はイサーン地方にある湖で、12月~2月にかけて睡蓮が湖面を覆う風景をみてみたかったため。 タイまで花の風景を観に行くのかっていう意見もあるのだが、僕としてはタイまで花の風景を観に行く旅こそが、旅の醍醐味じゃないかって思っている。写真だけじゃなくて、...

Feature

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください