そういえば、長野新幹線ではなくもう北陸新幹線なんだった。新しい新型の車両に乗って長野から上野まで戻ってきた。新宿から松本までの特急列車の移動と比べて、なんと快適で、なんとはやいのか!

しかし、注意しなければいけないのは、特急あずさとは異なり、新幹線の利用者は多いということだな。篠ノ井線で長野について、新幹線の切符を買おうとしたら窓口は大混雑で、チケットはかなり売り切れている。自由席に並んで、なんなら席にもつけずに帰ってくるのはあんまりだ。

なので、窓口の前でオンラインで予約して、専用の券売機で受け取ることにする。ぎりぎりで、増発便のチケットを購入することができたのだが、上野止まりだった・・。まあ、とくには困らないけれど。

長野駅、臨時の増発便は新型の車両だった。
長野駅、臨時の増発便は新型の車両だった。

しかし、長野から東京方面へ休日の夕方に戻ろうとする場合には計画的な行動が求められることは確実。臨機応変にチケットの争奪をして欲しい。

長野駅から善光寺までお参りいって戻ってきたらもう新幹線の時間が近づいている。とはいえ、少し間があったので、隣の駅ビルにあった立ち飲み屋さんでビールを楽しむ。お酒はなければないでいいのだが、あればあったで幸せだ。

長野駅を出るときはがらがら、そのあと混んでいた
長野駅を出るときはがらがら、そのあと混んでいた
ビール飲んですぐ寝たけれど・・。
ビール飲んですぐ寝たけれど・・。

長野からは始発の増発便ということもあり、車内はガラガラだったのだが、軽井沢でどっと乗りこんできたところまでは記憶している。ビール飲んでうとうとしていたらもう大宮を過ぎていて、車窓からの風景は住宅街。荒川を越えてあっという間に上野に到着した。

あまりにも快適にはやく移動したものだから、長い距離を移動した感覚がない。長野から1時間ちょっとで到着してしまうということもある。そして、松本って距離以上にすごく遠いなと実感した。楽しい旅もこれでおしまい。充実した週末を過ごした。

Related Post

京都丹後鉄道「丹後あおまつ号」に乗ってきた。... 青春18きっぷの旅2日目。大阪から福知山までJRで移動して福知山からは青春18きっぷの適用外である京都丹後鉄道の乗り鉄旅。 京都丹後鉄道は高速バスで有名なウィラートラベルが運営している鉄道で、「丹後くろまつ号」「丹後あかまつ号」「丹後あおまつ号」という観光列車のトリオが有名なのです。 このなかで...
冬の小淵沢と信州旅 うなぎ 井筒屋 1月の厳冬期に小淵沢から信州にかけて列車で旅してきた。 前日には積雪の予報があってどうなることやらと思ったのだが、平野部はそれほどでもなく旅行をするには問題なかったが、松本の浅間とか山間部ではかなりの積雪があったみたいだ。たしかに、松本の市街地も少し雪が積もっていた。...
松本のホテル ニューステーションに宿泊... 小淵沢から松本へ移動。窓の外は雪景色で、夕暮れのローカル列車は暖かくてうとうとしてしまう。 1時間ほど乗って松本に到着。今回は、ものすごい激安のホテルをみつけたので駅近くのニューステーションというホテルに泊まってみることにした。 松本で激安のホテルといえば、ツーリストホテルなのだが、ここ...
ヤンゴンからバガンへ夜行列車の旅 今回のミャンマー旅行で一番気になっていたのはヤンゴンからバガンまで夜行列車の旅。 日本では列車の旅というと、新幹線で単なる移動か、豪華寝台列車でセレブ旅という二極化がすすんでいる感じだが、ミャンマーはまだまだ旅情ある夜行列車の旅というものが味わえる。 ヤンゴン~バガン間の夜行列車は定時で...
「あづみ野ごはん 風ゆら」でランチ 穂高駅で安曇野に住んでいる友人と合流。ランチを食べようと向かったのは犀川沿いにあるレストラン。地元の人たちのなかでは有名みたいで、オープン前から人がならんでいてびっくりした。ランチは予約ができないので、オープンちょっと前に来てならぶらしい。 友人曰く、来るときには「また、"風ゆら"かあ・・って...

Feature

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください