東京で眺める春のお花見。2016年春の話し。浅草の隅田川で桜を眺めてきた。目黒川と比べると、あまり広い規模ではないものの隅田川沿い、対岸には特徴的なアサヒビールの本社とその向こうにはスカイツリーも見えるロケーションは東京の下町らしい風景。

どうも、この近所に着物のレンタルと着付けをしてくれるお店があるのか、そぞろ歩きしている人のなかに着物を着ている人が多い。そして、なんなら外国人旅行者も着物を着ていたりする。これはこれで、はた目には日本らしい風景を作っていたりする。

隅田川の桜2016隅田川の桜2016

足元に目を向けるとブルーシートに泥酔している花見客。まあ、これもまた日本の風景ではある。お花見って暖かい昼下がりに柔らかい光と、ほどよき暖かさのなかで過ごしながら飲むお酒と食事が幸せなのだと思っている。そう考えると、僕がいまみているこの花見客の人たちはとても楽しそうだし、幸せそう。

しかし、まだ春のはやい桜の時期に夜桜みながら外で飲み食いして過ごすとかは狂気の沙汰だと思っている。なんの苦行なのか。夜桜はばったり出会ったりするのが楽しい。

隅田川の花見とあわせてちょっと立ち寄りたいのは浅草松屋の屋上にあるハレテラス。べつにたいしたことのないデパートの屋上ではあるけれど、いまどきデパートの屋上でのんびり過ごしたり、ビアガーデンがあったりするのは珍しい。そして、なにより隅田川を望むロケーションがいい。

隅田川の桜2016

ここも春の時期は夜に来るよりも、昼下がりに来てガラガラの屋上でビール飲んだりして過ごすのがいいところ。桜の花はほんの少ししか見えないけれど、時期を問わず来てみるのがいい。

隅田川の春の風景、おすすめの風景だと思う。

浅草EKIMISE
住所:東京都台東区花川戸1-4-1
時間:10:00-20:00
休み:なし

Related Post

美瑛の丘を写真に撮る 美瑛というところは、どこを切り取っても絵になるところで美しい。有名どころもあればそうじゃないところもあるが、今回の旅で写真をとってきたポイントをいくつかまとめてみたい。 僕は美瑛に詳しいわけじゃないし、風景写真にすごくこだわっているわけじゃないけれど、参考になればいいなと思う。 ジェット...
最後の教室 – ちょっと恐くて幻想的な世界観... 越後妻有で開催されている大地の芸術祭でオープンしている美術館。このあたりの定番である廃校を再利用した建物にさまざまな作品やインスタレーションが展示されている。 入場料金は芸術祭のパスポートを利用しない場合は1回500円。 駐車場を降りると、建物から「どんっ、どんっ」と心臓の鼓動みたいな音...
雨の九分は美しい もう来ることはないだろうなあと思っていた九分へふたたび行くことになった。同行者たちの強い希望により行くことになったわけです。 地下鉄で忠孝復興駅に行って九分行きのバス乗り場へ。しかし、今回は人数多いし最初はタクシーに分乗しようかと思って交渉していたのだが、丁度いいタイミングでバスがやってきたの...
軍艦島ツアーに参加して上陸してきた... 今回の旅の主目的のひとつは、長崎まで行って軍艦島をみてくるということ。もはや「整備された廃墟」であることは知っていたけれど、人間がもっとも自然から乖離された場所のひとつに行ってみたいという気持ちがあり訪れてみた。 長崎港ターミナル 軍艦島への行き方 長崎港から3時間程度のツアーに...
伝統の森での蚕祭りに参加してきた はじめてカンボジアに来たのはもうかなり前で、そのときはアンコールワットを見ては感動し、回廊に銃撃戦の跡をみつけては戦慄し、ばらばらに壊れた遺跡のなかでガジュマルの樹木に驚愕し、という感じでものすごい体験だったなといまでも思い出す。 でも、それと同時に「もう、ここ来ることはないだろうなあ」ってこ...

Feature

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です