東京で眺める春のお花見。2016年春の話し。浅草の隅田川で桜を眺めてきた。目黒川と比べると、あまり広い規模ではないものの隅田川沿い、対岸には特徴的なアサヒビールの本社とその向こうにはスカイツリーも見えるロケーションは東京の下町らしい風景。

どうも、この近所に着物のレンタルと着付けをしてくれるお店があるのか、そぞろ歩きしている人のなかに着物を着ている人が多い。そして、なんなら外国人旅行者も着物を着ていたりする。これはこれで、はた目には日本らしい風景を作っていたりする。

足元に目を向けるとブルーシートに泥酔している花見客。まあ、これもまた日本の風景ではある。お花見って暖かい昼下がりに柔らかい光と、ほどよき暖かさのなかで過ごしながら飲むお酒と食事が幸せなのだと思っている。そう考えると、僕がいまみているこの花見客の人たちはとても楽しそうだし、幸せそう。

しかし、まだ春のはやい桜の時期に夜桜みながら外で飲み食いして過ごすとかは狂気の沙汰だと思っている。なんの苦行なのか。夜桜はばったり出会ったりするのが楽しい。

隅田川の花見とあわせてちょっと立ち寄りたいのは浅草松屋の屋上にあるハレテラス。べつにたいしたことのないデパートの屋上ではあるけれど、いまどきデパートの屋上でのんびり過ごしたり、ビアガーデンがあったりするのは珍しい。そして、なにより隅田川を望むロケーションがいい。

ここも春の時期は夜に来るよりも、昼下がりに来てガラガラの屋上でビール飲んだりして過ごすのがいいところ。桜の花はほんの少ししか見えないけれど、時期を問わず来てみるのがいい。

隅田川の春の風景、おすすめの風景だと思う。

浅草EKIMISE
住所:東京都台東区花川戸1-4-1
時間:10:00-20:00
休み:なし

Related Post

安平老街のカフェでクマと和む 安平老街を散歩しているときに見つけた小さなカフェ。目印はこの常連客のクマ。 最初、お店の外からみかけたときは、ずんぐりしたおじさんがカフェのテーブルで落ち込んでいるのかと思った。。 本当に小さなカフェで趣味でやっているのか?くらいなので食事をするまでもないし、ドリンクの種類もあまりないの...
幕張の「さくら広場」でのお花見は夜も美しい... 幕張にある桜だらけのちょっと変わった公園。毎年訪れているけれど、日本でももっとも桜が楽しめる公園になってきていると思う。まだまだ成長途中の公園なので、これからの風景もまた楽しみなところだ。 2016年の訪問:幕張の「さくら広場」は本当の意味でのお花見ができる場所 さくら広場への行き方 さく...
クアンシーの滝はラオスの九寨溝みたいなところ... ルアンパバンでレンタルバイクを借りて向かったのはクワンシーの滝(Kuang Si Falls)。それほど難しくもない田舎道をのんびり走るルートなので、バイクを借りてのんびり行くにはうってつけのところ。ツアーで行くのも安上がりなんだけど、自分で運転する自由さにはかえがたい。 ルアンパバンの市街か...
迪化街 – 見所の多い問屋街 迪化街は台北中心部、中山エリアの端っこにあって古い建物(ときには古すぎて倒壊しかかっている)があってフォトジェニック、そしてお土産物を買うにも手頃な乾物屋さんもあったりして(配り土産にドライマンゴー買うならここで、いいんじゃね?どうせ中国産なんだけど)とか、まあ結構便利なお店です。 も...
二ヶ領用水(川崎)の桜並木をみてきた 関東圏の花見シリーズ、最近になって話題になってきている二ヶ領用水(宿河原堤桜並木)の桜をみてきた。江戸時代に多摩川から引き込んだ用水路で南武線の登戸駅から宿河原駅の間くらい。 みどころは宿河原駅にほど近いところにある。あたりは普通の住宅地で南武線が通っているので桜と南武線という組み合わせをなが...

Feature

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください