東京で眺める春のお花見。2016年春の話し。浅草の隅田川で桜を眺めてきた。目黒川と比べると、あまり広い規模ではないものの隅田川沿い、対岸には特徴的なアサヒビールの本社とその向こうにはスカイツリーも見えるロケーションは東京の下町らしい風景。

どうも、この近所に着物のレンタルと着付けをしてくれるお店があるのか、そぞろ歩きしている人のなかに着物を着ている人が多い。そして、なんなら外国人旅行者も着物を着ていたりする。これはこれで、はた目には日本らしい風景を作っていたりする。

足元に目を向けるとブルーシートに泥酔している花見客。まあ、これもまた日本の風景ではある。お花見って暖かい昼下がりに柔らかい光と、ほどよき暖かさのなかで過ごしながら飲むお酒と食事が幸せなのだと思っている。そう考えると、僕がいまみているこの花見客の人たちはとても楽しそうだし、幸せそう。

しかし、まだ春のはやい桜の時期に夜桜みながら外で飲み食いして過ごすとかは狂気の沙汰だと思っている。なんの苦行なのか。夜桜はばったり出会ったりするのが楽しい。

隅田川の花見とあわせてちょっと立ち寄りたいのは浅草松屋の屋上にあるハレテラス。べつにたいしたことのないデパートの屋上ではあるけれど、いまどきデパートの屋上でのんびり過ごしたり、ビアガーデンがあったりするのは珍しい。そして、なにより隅田川を望むロケーションがいい。

ここも春の時期は夜に来るよりも、昼下がりに来てガラガラの屋上でビール飲んだりして過ごすのがいいところ。桜の花はほんの少ししか見えないけれど、時期を問わず来てみるのがいい。

隅田川の春の風景、おすすめの風景だと思う。

浅草EKIMISE
住所:東京都台東区花川戸1-4-1
時間:10:00-20:00
休み:なし

Related Post

安平老街のカフェでクマと和む 安平老街を散歩しているときに見つけた小さなカフェ。目印はこの常連客のクマ。 最初、お店の外からみかけたときは、ずんぐりしたおじさんがカフェのテーブルで落ち込んでいるのかと思った。。 本当に小さなカフェで趣味でやっているのか?くらいなので食事をするまでもないし、ドリンクの種類もあまりないの...
バガンの夕暮れを船で過ごすサンセットクルーズのすすめ... バガンに来ると、朝陽と夕陽をどこでみようかというのは悩ましい問題である。で、夕陽のポイントとして僕がすごいよかったのはこの船旅で船から眺める夕陽の風景。 別に船からみたって・・と思ったのだが、これがすごいきれいでのんびりしてしまった。 エーヤワディー川(イラワジ川)のサンセットクルーズ船...
林百貨の屋上から眺める景色について... 1932年に創業、1945年に一度つぶれてそれから紆余曲折を経て長いこと廃墟のようになっていたけれど、2014年に復活していまでは台南のランドマークのひとつになっている林百貨。 屋上から眺める景色が美しいらしく、前回は行きそびれていたので改めて行ってみることにした。 前回の訪問:林百貨で...
京都「大徳寺」は個性的な寺院が集まる紅葉も必見のスポット... 悟りの窓で有名な源光庵から少し坂道をくだっていくように20分くらい歩いて行くと森に囲まれた大徳寺のエリアにやってくる。車の通り抜けができない路地は、静かで歩いていて気持ちがいい。いい散歩コースになっている。 京都の大徳寺は敷地内に複数の寺院が集まっている、京都でも屈指の大規模なお寺である。有名...
ベンタイン市場に行ってきた 入口 ホーチミン シティの中心であり、バスターミナルもあるのでこの街を旅するものであれば誰でも一度は来るんじゃないかというところ。 観光客向けだけでなく、いろいろなものがあるので、客引きをあしらえる気持ちがあれば是非ともうろうろしてみて欲しい。 腕つかまれるほどの客引きはちょっと...

Feature

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください