東京で眺める春のお花見。2016年春の話し。浅草の隅田川で桜を眺めてきた。目黒川と比べると、あまり広い規模ではないものの隅田川沿い、対岸には特徴的なアサヒビールの本社とその向こうにはスカイツリーも見えるロケーションは東京の下町らしい風景。

どうも、この近所に着物のレンタルと着付けをしてくれるお店があるのか、そぞろ歩きしている人のなかに着物を着ている人が多い。そして、なんなら外国人旅行者も着物を着ていたりする。これはこれで、はた目には日本らしい風景を作っていたりする。

足元に目を向けるとブルーシートに泥酔している花見客。まあ、これもまた日本の風景ではある。お花見って暖かい昼下がりに柔らかい光と、ほどよき暖かさのなかで過ごしながら飲むお酒と食事が幸せなのだと思っている。そう考えると、僕がいまみているこの花見客の人たちはとても楽しそうだし、幸せそう。

しかし、まだ春のはやい桜の時期に夜桜みながら外で飲み食いして過ごすとかは狂気の沙汰だと思っている。なんの苦行なのか。夜桜はばったり出会ったりするのが楽しい。

隅田川の花見とあわせてちょっと立ち寄りたいのは浅草松屋の屋上にあるハレテラス。べつにたいしたことのないデパートの屋上ではあるけれど、いまどきデパートの屋上でのんびり過ごしたり、ビアガーデンがあったりするのは珍しい。そして、なにより隅田川を望むロケーションがいい。

ここも春の時期は夜に来るよりも、昼下がりに来てガラガラの屋上でビール飲んだりして過ごすのがいいところ。桜の花はほんの少ししか見えないけれど、時期を問わず来てみるのがいい。

隅田川の春の風景、おすすめの風景だと思う。

浅草EKIMISE
住所:東京都台東区花川戸1-4-1
時間:10:00-20:00
休み:なし

Related Post

水戸の偕楽園で梅を愛でて、ゆるキャラに絶句する... 鹿島から国道を北上して水戸までやってきた。ちょうど梅が咲いている時期だったこともあり、偕楽園へ行ってみることにする。都市にある公園ではセントラルパークに次ぐ敷地で、岡山の後楽園、金沢の兼六園とともに日本三大名園として有名。 偕楽園へのアクセス 梅の時期には常磐線が特急などもふくめて目の前にある偕...
アンコール遺跡巡り(バンテアイ・スレイ 編)... 今回のアンコール遺跡巡りのなかで、僕にとって新たな発見だったのはバンテイアイ・スレイに対する印象。 ずっと前に来たときは、バイクタクシーの後ろに乗って砂埃だらけの道やら、道中は盗賊が出るとかいわれてびくびくしながらなんとかやってきた。 それなのに、バンテイアイ・スレイはすごい小さな遺跡で...
浅草の老舗喫茶店「銀座ブラジル」でモーニングを楽しんできた... 浅草にあるけど銀座。支店というけど銀座にある本店はつぶれてしまったのでいまではここが実質本店。 銀座だけどブラジル、いやむしろ「銀座×ブラジル」ということなのだろうか。 店名はもはや「浅草ブラジル」でもいいような気がしてしまうが、それだとサンバカーニバルと勘違いされそうだからやはり「銀座...
ペトロナス ツインタワーは圧巻の風景... クアラルンプール観光のハイライト。ペトロナスタワーに来てみた。 写真で見る限りは夜の風景が美しい感じがしていたのだが、夜はもう疲れて宿で寝てしまっていたので昼間の風景のみ。そして、タワーには上ることも出来るのだが、そもそも高いところに興味がないので(というか好きではない)今回はパス。 ...
ルアンパバンのナイトマーケット 東南アジアだと、どこの町でもやっている気がするナイトマーケット。毎日やっている夏祭りみたいで好きなのだけど、ここのナイトマーケットはかなり観光よりな感じで地元の人がそぞろ歩きしている感じはない。たぶん、早寝なんだろうな。 夕方くらいになると、王宮前の道が歩行者天国になってちょっとずつテントが張...

Feature

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください