千鳥ヶ淵の桜を観に行ったら、まだあまり咲いていなかった。しかし、九段下のインド大使館では「さくらフェスティバル2016」をやっていたので、これはいかなくては!と訪問。

これってまさに花より団子みたいな状態。とはいえ、インド大使館のこのイベントは面白いので外せない。都内のインド料理の名店が大使館の裏庭に集結していて、インドのハウス音楽みたいなのが爆音でかかっているなかで料理を楽しむことができる。

会場に入りちょっと上を見上げると、大使館の向かい側にある同じ敷地にある建物はマンションのようで、物干し台が置いてあったりする。これって大使館関係者の住宅なのでは。それなのに、中庭でこの爆音なインド音楽。すごいイベントだな。

ちょっとひさびさにビリヤニ食べて、チャイを楽しむ。いまではビザも大使館じゃないところで取得するので、すっかり足が遠のいたけれど、面白いところだ。

桜について、三月下旬のときには九段下の田安門あたりは咲いていたけれど、千鳥ヶ淵の方はまだまだというところ。なので、比較的空いていたのはよかった。大使館のイベントは桜の満開時期と絶妙にずれていたのだが、今度は桜も見に来たいところだな。。

インド大使館:さくらフェスティバル2016

保存

Related Post

純粋なお花見が楽しめる桜の名所「小石川植物園」... 播磨坂のさくら並木を白山の方へ坂道を上がろうかと思ったとき、高い塀の向こう側に美しい桜がみえた。地図をみると東大が運営する「小石川植物園」だったので、ちょっと立ち寄ってみたのだがここは東京でも屈指の美しい花見の場所じゃないかと思う。 小石川植物園は1684年に江戸幕府が解説した薬草の研究施設で...
エスカダリア ド セラロンはリオデジャネイロの新名所、美しい階段は必見... ラパ広場からサンタテレーザの丘に向かってのびている階段のうち、その美しさにおいて世界的に有名になった階段がある。 「エスカダリア ド セラロン(Escadaria do Selarón)」はポルトガル語で「セラロンの階段」の意味で、チリ人アーティストのJorge Selarón(ホルヘ・セラロ...
五色沼でボートを漕いできた 会津若松をあとにして少し裏磐梯の方へと行ってみることにする。このあたりは6月に来た東北旅で立ち寄りたかったところなのだが(2016年6月 行くぜ、東北。初夏のさくらんぼ狩り編)やはり行程には無理があったかもしれないなって思えるくらいに広いエリアだった。 気になっていたのは裏磐梯にある五色沼とい...
美瑛の絶景「青い池」はお昼くらいに行くのもいいかと思う。... 美瑛にある奇跡のように美しい「青い池」。前にいったときには全然人がいなくて、こんな狭いところ入っていくのかよと思ったのだが、いまではカーナビに場所が示されているし、観光バスが止まれるような駐車場まで整備されている。すっかり美瑛の観光地として定着している。 今回ひさびさに訪れたけれど、みやすいよ...
川村記念美術館「絵の住処」展と大賀蓮... すごいひさびさに千葉の佐倉にある川村記念美術館へ行ってきた。2015年5月26日-2016年1月11日までやっているのは開館25周年記念となる「絵の住処」展。ずいぶん長いことやる予定になっている。 ここは常設展に観たいものがそろっているのだけど、その部分も使って美術館を再構築している感じ。だか...

Feature

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください