新橋でランチといえば、駅前ビルにすいこまれてしまうのだが、そのなかでぶっちぎりに行列しているお店が二階にある「稲庭うどん 七蔵」。エスカレーターをあがっていつもこの行列をみては「おれの空腹はこの並びに耐えられぬ」と、すぐ近くで比較的空いている「ビーフン東」へと行ってしまう。

しかし、先日ちょっとランチの時間を外して行ってみたら全然並んでいなかったので、ここは迷わず入ってみることにする。閉店まで時間がなかったからかもしれない。

入口でうどんの量(小、中、大とあって中くらいで十分)と、ランチであればミニ丼セットがあるのだが、これは種類も多くて迷うけれどセットにつけて選んで損はない。僕は煮蛸の丼をつけてみた。お会計は先に済ませるスタイル。

で、席につくとものの数分でうどんと料理がやってくる。稲庭うどんは、讃岐うどんと並ぶうどん界の名門。平たい細打ちの麺はなめらかな食感で、のどごしもよくてするすると食べられてしまう。

稲庭うどん 七蔵

うどん、うますぎ
うどん、うますぎ
煮蛸の丼もうますぎ
煮蛸の丼もうますぎ

つけ汁は鰹だしがベースになっていてごまの風味がよく効いている。季節のものとして、僕が訪れたときには刻まれた「ふきのとう」が入っていて(おまえいったい、いつのランチの話しているんだっていわれると春先です・・)、この苦みと爽やかさがまた美味しい。食べ終わった後にスープで割ってつけ汁を頼めるのもまた嬉しいところ。

そして、おまけのような丼なのだが、この煮蛸の丼はおまけにするのがもったいないくらいの美味しさだ。柔らかく煮込まれていて、うまみが凝縮されている。時間のシビアな新橋のサラリーマンが並んでも食べる理由がよく分かった。

新橋のランチのなかでも屈指の人気店だけど、ここは試してみる価値があると思う。

稲庭うどん 七蔵
住所:東京都港区新橋2-20-15 新橋駅前ビル1号館2F
時間:11:20~14:10、17:00~22:00
休み:土・日・祝日

Feature


Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です