幕張にある桜だらけのちょっと変わった公園。パナソニックが運営をしており、2006年に開園して今年で10周年。

ゆっくりとした時間を過ごせるいい場所なので気に入っているところ。なにより、園内では食事、飲酒、喫煙が禁止されているので、変なのがいないし煙草の煙もないのがいい。

さくら広場への行き方

さくら広場には駐車場がないので、アクセスは結構不便なところにある。京葉線の新習志野駅からだと徒歩20分くらい。

しかし、最近になって隣にイオンモールができたので、イオンモールの買い物がてらに立ち寄ってみるのもいいと思う。イオンモール自体、相当大きいのだが、もっとも公園よりのところからだと徒歩5分ほどで行ける。

さくら広場について

さくら広場は安藤忠雄が設計をしていて、整然と並ぶ桜が印象的な場所。楕円形をした休憩所と、奥には小さな丘がありそこには噴水があり、アクセントになっている。

ミニマリズム建築のデザインは余計なものがそぎ落とされた感じで、入口の壁面はふつうのブロック塀の組み方を少し変えただけで全然違う印象になっている。いつも目にしているものを少し見方を変えてみせる、こういう発想がすごいよなあって感じるところ。

園内はフラットな状態ではなくて、ちょっとだけ傾斜が作られている。なので、同じ桜が並んでいるのに、みる場所によっては印象が異なり、ちょっと奥の方にいくと桜のトンネルを見渡すような風景がみられる。

夜にはライトアップもされているので、さらに幻想的。

のんびりと過ごすのであれば朝がおすすめだけど、昼過ぎに行ってみて、のどかに散歩をしている人の風景を眺めるのも好き。

本当の意味での桜の花を愛でるお花見というのは、こういうことなんじゃないだろうか。夢のように美しい世界の場所でおすすめのところ。

さくら広場(幕張)
住所:千葉県習志野市芝園1-5
時間:10:00-17:30
休み:月、年末年始
※桜の開花時期には特別期間となり時間と休みが異なる。

保存

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です