20130810-1505-39-0754東京から20キロくらい離れた郊外の住宅地である総武線の本八幡駅近くにあって、旅行で来ることもあまりない立地なのだが、全国各地にある一茶庵直系の蕎麦屋で、蕎麦職人が集っている禅味会グループの中心的な存在でもある有名店。僕の蕎麦基準では、ここの市川一茶庵の蕎麦が基準になっている。

ということで、久々に近くまで来たので行ってみた。場所は本八幡駅のすぐ近くで、こんなところに・・と思うような路地の奥にある古民家な外観の店舗。玄関入ってすぐのところに置かれている黒電話が懐かしい。店内は古民家な感じでふるい商家ような作りになっていて、すべて座敷席。昔ながらの蕎麦屋らしい風情を味わうことができる。

20130810-1442-06-0745蕎麦は細打ちの「おせいろ」と太打ちの「深山(田舎)」の2種類から選べて、ふたつを同時に楽しめる二色盛りというものもある。今回は都会派ともいえるような細打ちのおせいろと天ぷらを選んでみる。

蕎麦以外にも酒の肴になりそうなメニューのラインナップが揃っているのだが、いかんせん営業時間が20:00までとはやいので、お酒を飲む場合には結構忙しい。今回はランチだったのとあまりに暑かったのでビールだけを頼んだ。日本酒と蕎麦というのはもっと涼しくなってからかな・・。

蕎麦も蕎麦つゆも甘みがない鰹節ベースのごく普通のものなのだが、奇をてらわずにこうした普通のものを普通においしく出せるっていうのが、このお店のすごいところじゃないかと思っている。普通の蕎麦なんだけど、つるっとした喉ごしも普通なんだけど、簡単そうでいてまねできないつゆの風味も後で思い出しても「うまい・・」と思ってリピートしちゃう感じ。

20130810-1452-52-0750

店員さんもすごく感じがよくて好印象をもてる、とても気配りの効いたいい店だと思う。こういう店がごく普通の住宅地にあるのだから千葉って侮れないんだよな。蕎麦好きとしては、多少は遠くとも一度は訪れておいて損はない名店だと思う。

「禅味会」 市川一茶庵
千葉県市川市南八幡3丁目5−16

千葉県市川市南八幡3丁目5−16

Related Post

長崎のランチは江山楼のちゃんぽんで決まり... 旅に出ればそこはもう一食入魂の世界。そう、おいしいものを食べるというのは旅を続ける大きなモチベーションとなっているのです。 ということで、長崎に来たのならば食べたいものは「長崎ちゃんぽん」。由来だとか語源だとかそういう学術的な話はWikipediaでもみておけばいいとして、なにはともあれ、長崎...
Ushimaruで千産千消ランチ なんでこんなところに、こんなにも素敵なレストランがあるんだろう・・って不思議な場所にあるイタリアンのレストラン。千葉の九十九里の浜から少し内陸にいった山武市の田園風景のなかにおとぎ話みたいな一軒家。 千葉でも屈指の人気レストランなのと、事前に準備が必要そうなこともあり、予約は必須で電話よりもオ...
いちはらアート×ミックス2014「内田未来楽校」編... 2014年の春に市原で行われていたアートフェスティバルに行ってきた。何回かに分けていった旅の記録をまとめていくことにする。 上総牛久駅で鑑賞パスポートをゲットして、まず向かったのは「内田未来楽校」というスポット。 廃校をリノベーションして作品の展示施設にしている。中之条でみたビエンナーレ...
へぎそば「由屋」 – 十日町では小嶋屋を凌ぐ人気店... 「へぎそば」とはこの地方特有の蕎麦で、つなぎに「ふのり」を使っていて独特の強いコシがあるのが特徴の蕎麦。 有名なのは長岡にもお店がある小嶋屋なのだけど、僕がよく訪れるのは国道沿いにある由屋というお店。こちらも、小嶋屋ほどではないにせよ人気のお店で、店の入口にあるウルトラマンの人形が目印。 ...
フアンペン(Huen Phen) – チェンマイの名店で定番のレストラン... 旧市街の真ん中にあってアクセスも便利。そして、ガイドブックにも書かれているみたいで、日本人もよく訪れている有名店。 でも、タイ人にも人気みたいで常に混んでいる。ランチタイムは結構席の争奪戦に近い感じになっている。 当然相席(でも、なにがおいしいかとか教えてくれるので助かるのだが)。しかし...

Feature

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください