京都に来ると必ず観に来ている舞台。というか、これを観るために京都へ来ているくらい。お寺巡りやカフェ巡りだけじゃない新しい京都のスタイルじゃないかと思っている。

ということで、いままで観てきた履歴をまとめてみた。

ver.2.00 2013年2月 ※ブログ開設前で記事にしていない。
Ver.3.00 2013年5月 ノンバーバルパフォーマンス「ギア -GEAR- Ver.3.00」をみてきた
Ver.3.70 2015年2月 ノンバーバルパフォーマンス「ギア -GEAR- Ver.3.70」をみてきた

会場は三条御幸町にある1928ビルの三階、ART COMPLEX 1928に専用劇場をもっている。この1928ビルはその名の通り1928年(昭和3年)竣工でアールデコ調のデザインが特徴的な古いビル。地下にあるアンデパンダンも雰囲気のあるいいカフェになっている。

ギア -GEAR-2016年2月

専用劇場とはいえ客席は100席あまりとなっていて、舞台と客席の最前列はしきいもないくらい。これが舞台のパフォーマンスと客席の一体感を盛り上げていると思う。最近は外国人旅行者も観に来ることが多くなっていて、盛り上がりがちょっとまた楽しい。言葉を使わないノンバーバルだからこそ、言語の壁を越えた楽しさを共有できていると思う。

舞台の内容は打ち棄てたれたおもちゃ工場で働くロボット達の物語で、世界観としてはちょっとディストピアな感じ。ストーリーの流れもラストシーンにはちょっと涙してしまうくらいだ。そして、ラストシーンへと至るまでの流れはパントマイム、ブレイクダンス、マジック、ジャグリング、バレエと多彩な要素を含んでいて、それぞれにトップクラスのパフォーマンスをみせてくれる。笑い、感動し、なんなら少し参加して、驚き、ちょっと迂闊にも涙してしまう。そんな舞台の内容になっている。

今回みたVer.4の舞台は、前回みた3.7の流れを汲んでいるもので、細かいディテールについてもあまり違いがない。バージョンアップによってプロジェクションマッピングの技術力が高まって迫力を増しているのだが、今回もそこらへんに少し修正があったのかも(気づかなかったけれど、なにか違うような気もする)。

それにしても、すっかりチケットが取りづらい状況になってしまったのは、昔からみてきたものとしては嬉しいやら不便やら。でも、お客さんが入らなくて終わっちゃうくらいなら、チケットが取りづらくても満席の客席で盛り上がって観られているこの状況は、観ている方としても幸せなんだなって思う。京都に来たならば、おすすめの舞台です。

ギア -GEAR-2016年2月

ギア-GEAR-
住所:京都府京都市中京区弁慶石町56 1928ビル ギア専用劇場(ART COMPLEX 1928)

Related Post

ノンバーバルパフォーマンス「ギア-GEAR- Ver.3.70」をみてきた... 僕にとって京都に来るための理由みたいなものだなあって思っている舞台。言葉を全く使わない「ノンバーバルパフォーマンス」の演出は言葉がないのに、感情がまるでテレパシーみたいに伝わってくるような感覚が楽しい。(前回の訪問) ロボットたちが、ふとした弾みに感情をもつというのがストーリーの一部なのだけど...
祇園フィンランディアバー(FINLANDIA BAR)で京都のバーを堪能する... 今回の京都への旅は急に思い立ったこともあり、行きは新幹線で帰りは深夜バスというスタイル。移動にお金を使わない旅のスタイルなんだよなって自分でも思う。で、バスの出発までの時間は祇園にあるバーで過ごすことにした。 フィンランディアバー(FINLANDIA BAR)へのアクセス いわゆる高級店...
伏見の寺田屋はテーマパークだった 伏見に来たのは日本酒飲み歩きもあるのだけれど、もうひとつは寺田屋を見てみたかったから。司馬遼太郎の本も読んだし、ここのところ新選組の本も結構読んでいたので、個人的なブームが来ていたということもある。 寺田屋は京阪の伏見桃山駅からだと歩いて7-8分。「酒蔵BAR えん」から歩いても10分くらいの...
京都の壬生寺へ行ってきた 京都駅で山陰線のホーム。 思い立っての京都旅行。金曜日のお昼くらいに品川駅から新幹線に乗って3時間もすると京都のお寺にいるというこの状況がすごいなって思う。 たった3時間の移動で町の雰囲気も空気も全然違う。 アクセス JRだと山陰線に乗って一駅目の丹波口から徒歩15分くらい...
壬生屯所跡の八木家と和菓子屋 壬生寺のすぐ隣にある和菓子屋さんの奥には新選組の旗がかかっていて、これが新選組の発祥地である八木家の住居となっている。いまは、手前にある和菓子屋さんの敷地内にあるのか、入口の和菓子屋さんで入場料を払ってはいる。見学後にはお菓子とお茶がいただける。 邸内は撮影禁止なのだが、ごく普通の日本家屋のよ...

Feature

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください