地元に住んでいた友人から「青春の祇園でおすすめのところ」と教えてもらい、訪れてみたお店。「旅行で京都に来て餃子かよ」って思うなかれ。ここの生姜餃子は絶品のうまさで歩兵ならではの味だと思う。

アクセス

祇園の北側エリア、祇園白川の通りから巽橋を渡ってすぐのところ。まわりは雰囲気のある建物が並んでいて、まさかここに餃子屋があるなんてという雰囲気ではある。でも、お店の前には自転車がとまっていたりするので少し安心する。そんな場所にある。

ぎょうざ 歩兵ぎょうざ 歩兵について

外観はシックな感じで、なかはちょっと小さな居酒屋みたいな風情。テーブル席がいくつかと後はカウンターという感じ。それほど広いお店ではないが、回転がはやいので少人数であれば待つことは少ないと思う。

瓶ビールはキリンとサッポロで選ぶことができてこだわりを感じる。やはり、餃子といえばビール(ぎょびー)だものな。

ぎょうざ 歩兵メニューは普通の餃子と、生姜餃子というオリジナルメニュー。それ以外にも鬼シジミのエスプレッソだっけかな・・なんか興味深そうなメニューもあったのだが、まずは餃子。そして餃子を食べるのに集中する。

餃子に関しては小さめの大きさなので、ひとり分として普通の餃子と生姜餃子を一人前ずつ頼んでもいいと思う。女性でもこれくらいなら食べられるはず。男性ならどっちか好きな方を二人分にしてもいいんじゃないかと。

餃子のタレは醤油と味噌の二種類あって、生姜餃子には味噌ダレをすすめられる。これがニンニクのかわりに生姜を使っていて美味しい。味噌ダレは美味しいのだが、つけすぎると生姜の風味が分からなくなるので少なめに。

ぎょうざ 歩兵ビールともあうし、ちょっと食べるっていうのに最適。長居する感じのお店ではなく、例えばどこかのお店で食事して二次会的にしめるとか、それとは逆にどこかのバーに行く前にちょっと食事しておくかっていうときに最適なところ。

餃子とビールをちょっとつまんで行こうぜっていうときにはこれ以上のお店はないし、ここの生姜餃子はたとえ旅行社で会っても京都で食べる価値がある料理だと思う。おすすめのお店。

ぎょうざ 歩兵
住所:京都府京都市東山区清本町373-3
時間:18:00-26:00
休み:日・祝

Related Post

「銀座しまだ」で味わう至高の和食 「俺のフレンチ」などで有名な会社が展開する至高の和食レストラン「銀座しまだ」に行くことが出来たので食べてきた。 カジュアルな雰囲気なのに、出てくる料理がなんかやたらときれいで、どれも美味しいという不思議な体験をした気がする。 そして最後のお会計で拍子抜けするほど安いという。 ミシュ...
丸福餃子(本店)は地元に愛されている手堅い名店... 掛川花鳥園を心ゆくまで楽しんでランチをどこにしようか迷う。浜松の方へ戻ろうかと思うけれど、すでにお昼を過ぎているし戻るにはちょっと時間がかかる。 ということで、その途中にある中華料理店で食事をすることにする。行ってみたのは東名道の袋井IC近くにある丸福餃子の本店。本店という看板はあげているけれ...
Baan Itsaraで食べるタイのローカル・シーフード... 店内はオープンエア。岸壁沿いの席は波をかぶるので避けた方が無難。 ホアヒンで食べるものといえば、新鮮な魚介類を使ったシーフードがおすすめ。 地元で人気のお店ということで教えてもらい行ってきたのは、Baan Itsaraというレストラン。 Googleマップでは何故か閉店扱いになっ...
味噌坐 玉響(湯島)これぞ居酒屋っていう雰囲気... 上野にこんなお洒落で雰囲気ある居酒屋あったのかって思ってしまった。外国人を連れてきたらすごい喜びそう。西麻布や、有楽町にある有名なお店より全然美味しいし、値段も手頃なのがいい。 カウンター席だと炊事場にいる店主が黙々と仕事をこなしていく様をみているのもいいし、奥の座敷は江戸時代の居酒屋ってこん...
旅好きなら試してみたいウユニ塩湖の塩でできたカクテル – rootに行ってきた... 旅好きな友人から教えてもらって中野まで。駅からほど近い飲食店が並ぶ小径の奥にあるrootという一軒家レストラン。 レストランの名前通り、僕らの根本にあるようなシンプルな料理をしっかり出すようなお店だった。 店内は手作り感があって入り口はバーっぽい作りにもなっている。二階席もあるみ...

Feature

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください