地元に住んでいた友人から「青春の祇園でおすすめのところ」と教えてもらい、訪れてみたお店。「旅行で京都に来て餃子かよ」って思うなかれ。ここの生姜餃子は絶品のうまさで歩兵ならではの味だと思う。

アクセス

祇園の北側エリア、祇園白川の通りから巽橋を渡ってすぐのところ。まわりは雰囲気のある建物が並んでいて、まさかここに餃子屋があるなんてという雰囲気ではある。でも、お店の前には自転車がとまっていたりするので少し安心する。そんな場所にある。

ぎょうざ 歩兵ぎょうざ 歩兵について

外観はシックな感じで、なかはちょっと小さな居酒屋みたいな風情。テーブル席がいくつかと後はカウンターという感じ。それほど広いお店ではないが、回転がはやいので少人数であれば待つことは少ないと思う。

瓶ビールはキリンとサッポロで選ぶことができてこだわりを感じる。やはり、餃子といえばビール(ぎょびー)だものな。

ぎょうざ 歩兵メニューは普通の餃子と、生姜餃子というオリジナルメニュー。それ以外にも鬼シジミのエスプレッソだっけかな・・なんか興味深そうなメニューもあったのだが、まずは餃子。そして餃子を食べるのに集中する。

餃子に関しては小さめの大きさなので、ひとり分として普通の餃子と生姜餃子を一人前ずつ頼んでもいいと思う。女性でもこれくらいなら食べられるはず。男性ならどっちか好きな方を二人分にしてもいいんじゃないかと。

餃子のタレは醤油と味噌の二種類あって、生姜餃子には味噌ダレをすすめられる。これがニンニクのかわりに生姜を使っていて美味しい。味噌ダレは美味しいのだが、つけすぎると生姜の風味が分からなくなるので少なめに。

ぎょうざ 歩兵ビールともあうし、ちょっと食べるっていうのに最適。長居する感じのお店ではなく、例えばどこかのお店で食事して二次会的にしめるとか、それとは逆にどこかのバーに行く前にちょっと食事しておくかっていうときに最適なところ。

餃子とビールをちょっとつまんで行こうぜっていうときにはこれ以上のお店はないし、ここの生姜餃子はたとえ旅行社で会っても京都で食べる価値がある料理だと思う。おすすめのお店。

ぎょうざ 歩兵
住所:京都府京都市東山区清本町373-3
時間:18:00-26:00
休み:日・祝

Related Post

代官山の新名所「SPRING VALLEY BREWERY TOKYO」でクラフトビールを堪能する... 代官山をとおっている東横線が地下にもぐったので、その地上部分のあとにできた代官山ログロード。 その入口にあるランドマーク的な存在のSPRING VALLEY BREWERY TOKYOに行ってきた。クラフトビールが楽しめるし、朝8時からやっているし、いろいろすごいところだ。 大きなログハ...
ただの焼き鳥屋じゃなかった「俺の焼き鳥」... 圧倒的なコストパフォーマンスを誇る「俺のシリーズ」のなかで、焼き鳥屋バージョンの予約が取れたのでちょっと行ってみることに。 90分制で入れ替えとなっているので時間通りに行かないとちょっと面倒。でもまあ、コストパフォーマンス至上主義を楽しむためには仕方のないことだな。 銀座九丁目となってい...
こんな香港があったのか。川龍村にある端記茶樓でのんびりと過ごす。... 前回の香港旅でも来たかったところで、ようやく訪れることができた点心レストラン。レストランといっても、英語は通じないし、文字を書いてコミュニケーションするか広東語を話すかくらい。周囲の風景も含めて香港にこんなところがあったのかと驚くと思う。 端記茶樓のある川龍村へのアクセス 具体的な行き方...
龍安寺がもつ楽しさを確かめに行く 京都を旅していてもお寺巡りなどもあまりないこのブログなのだけど、ひさびさに龍安寺を訪れてみた。 冬の朝の龍安寺はまさに「冬は、つとめて。」の世界のよう。静かで人気のない境内や庭園を心ゆくまで眺めることができる。行くならば朝イチで行くのがよい。 龍安寺へのアクセス 市バスで向...
地元感あふれる福榮意麵(台南) 正興街にあって、今回泊まった正興珈琲館のすぐ横にあるに西門市場のなかにある屋台的なお店。 ものすごい地元感があって、なんでこんな楽しそうなところがあったのに前回来なかったんだろう・・と思ってしまった。 お店は入り口から少し奥に入っていったところにあり、小さな看板に店名が書いてある。 ...

Feature

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です