地元に住んでいた友人から「青春の祇園でおすすめのところ」と教えてもらい、訪れてみたお店。「旅行で京都に来て餃子かよ」って思うなかれ。ここの生姜餃子は絶品のうまさで歩兵ならではの味だと思う。

アクセス

祇園の北側エリア、祇園白川の通りから巽橋を渡ってすぐのところ。まわりは雰囲気のある建物が並んでいて、まさかここに餃子屋があるなんてという雰囲気ではある。でも、お店の前には自転車がとまっていたりするので少し安心する。そんな場所にある。

ぎょうざ 歩兵ぎょうざ 歩兵について

外観はシックな感じで、なかはちょっと小さな居酒屋みたいな風情。テーブル席がいくつかと後はカウンターという感じ。それほど広いお店ではないが、回転がはやいので少人数であれば待つことは少ないと思う。

瓶ビールはキリンとサッポロで選ぶことができてこだわりを感じる。やはり、餃子といえばビール(ぎょびー)だものな。

ぎょうざ 歩兵メニューは普通の餃子と、生姜餃子というオリジナルメニュー。それ以外にも鬼シジミのエスプレッソだっけかな・・なんか興味深そうなメニューもあったのだが、まずは餃子。そして餃子を食べるのに集中する。

餃子に関しては小さめの大きさなので、ひとり分として普通の餃子と生姜餃子を一人前ずつ頼んでもいいと思う。女性でもこれくらいなら食べられるはず。男性ならどっちか好きな方を二人分にしてもいいんじゃないかと。

餃子のタレは醤油と味噌の二種類あって、生姜餃子には味噌ダレをすすめられる。これがニンニクのかわりに生姜を使っていて美味しい。味噌ダレは美味しいのだが、つけすぎると生姜の風味が分からなくなるので少なめに。

ぎょうざ 歩兵ビールともあうし、ちょっと食べるっていうのに最適。長居する感じのお店ではなく、例えばどこかのお店で食事して二次会的にしめるとか、それとは逆にどこかのバーに行く前にちょっと食事しておくかっていうときに最適なところ。

餃子とビールをちょっとつまんで行こうぜっていうときにはこれ以上のお店はないし、ここの生姜餃子はたとえ旅行社で会っても京都で食べる価値がある料理だと思う。おすすめのお店。

ぎょうざ 歩兵
住所:京都府京都市東山区清本町373-3
時間:18:00-26:00
休み:日・祝

Related Post

京都でAirbnbの物件に泊まる 今回の京都旅は直前に決めたこともあり、いつも泊まっているシタディンの予約もとれず。 かといって、狭いビジネスホテルに高い金額出すのもつまらないしなと思って、Airbnbの物件を探していて泊まってきた。 今回、具体的な物件名は避けておきますが、ビジネスホテルより安い破格の値段で、京都市街の...
ナイトバザール(チェンマイ)のフードコートは利用価値大... チェンマイってあまり観光地がたくさんあるわけじゃないので、だいたいはナイトバザールという夜市にやって来ると思う。 この夜市は結構面白くて、僕はモンブランのボールペンを1本100円くらいで買って自分で使ったり、お土産に渡したりしているのだが、どこで買ったか言わなければ、かなり喜んでもらえる。 ...
豊田屋で痛風鍋と浅草無双 東京の東側、平井という総武線のなかでも飛びきり超マイナーなエリアにありながら、年々予約がとれなくなってきている居酒屋がある。 夏場は夕方くらいに行くと、いったいいつから飲んでいるんだっていうようなおじさん達がいて面白い。しかし、この居酒屋が本領を発揮するのは冬場の季節。とくに「あんこう鍋」が美...
饒河街観光夜市は面白かった 以前に行った士林夜市はいまいちだったのだが、ほかにやることもないのと「銀河観光夜市は面白いから行ってみ」という友人の提案もあり、ちょっと行ってみた。 MRT後山埤駅で降りて、五分埔を通り抜けながらのんびりとアクセス。20:00前くらいかなあ・・に着いたのだけど、週末だったこともありすっかりお祭...
くろひつじ(中目黒)でジンギスカンを食べる... ジンギスカンを食べたい!という欲求から中目黒のくろひつじで食べてきた。ラム肉には身体をあたためる作用があるとのことで、夏場に食べるものじゃないけれど(胸焼けする)、秋以降に食べるにはいい食事じゃないかと。 くろひつじはもともと倉庫だったみたいで、ちょっと無機質なカフェみたいな店内にもうもうと煙...

Feature

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください