地元に住んでいた友人から「青春の祇園でおすすめのところ」と教えてもらい、訪れてみたお店。「旅行で京都に来て餃子かよ」って思うなかれ。ここの生姜餃子は絶品のうまさで歩兵ならではの味だと思う。

アクセス

祇園の北側エリア、祇園白川の通りから巽橋を渡ってすぐのところ。まわりは雰囲気のある建物が並んでいて、まさかここに餃子屋があるなんてという雰囲気ではある。でも、お店の前には自転車がとまっていたりするので少し安心する。そんな場所にある。

ぎょうざ 歩兵ぎょうざ 歩兵について

外観はシックな感じで、なかはちょっと小さな居酒屋みたいな風情。テーブル席がいくつかと後はカウンターという感じ。それほど広いお店ではないが、回転がはやいので少人数であれば待つことは少ないと思う。

瓶ビールはキリンとサッポロで選ぶことができてこだわりを感じる。やはり、餃子といえばビール(ぎょびー)だものな。

ぎょうざ 歩兵メニューは普通の餃子と、生姜餃子というオリジナルメニュー。それ以外にも鬼シジミのエスプレッソだっけかな・・なんか興味深そうなメニューもあったのだが、まずは餃子。そして餃子を食べるのに集中する。

餃子に関しては小さめの大きさなので、ひとり分として普通の餃子と生姜餃子を一人前ずつ頼んでもいいと思う。女性でもこれくらいなら食べられるはず。男性ならどっちか好きな方を二人分にしてもいいんじゃないかと。

餃子のタレは醤油と味噌の二種類あって、生姜餃子には味噌ダレをすすめられる。これがニンニクのかわりに生姜を使っていて美味しい。味噌ダレは美味しいのだが、つけすぎると生姜の風味が分からなくなるので少なめに。

ぎょうざ 歩兵ビールともあうし、ちょっと食べるっていうのに最適。長居する感じのお店ではなく、例えばどこかのお店で食事して二次会的にしめるとか、それとは逆にどこかのバーに行く前にちょっと食事しておくかっていうときに最適なところ。

餃子とビールをちょっとつまんで行こうぜっていうときにはこれ以上のお店はないし、ここの生姜餃子はたとえ旅行社で会っても京都で食べる価値がある料理だと思う。おすすめのお店。

ぎょうざ 歩兵
住所:京都府京都市東山区清本町373-3
時間:18:00-26:00
休み:日・祝

Related Post

丸林魯肉飯の定番魯肉飯ふたたび 前に常宿にしていたリビエラホテルから近くにあって、よく行っていた丸林魯肉飯。 台北美術館から近かったので、すごい久々に立ち寄ってみた。(前回の訪問はこちら) 同じ街に旅行しに来ているのに、行動範囲が変わるとここまで来なくなるものだなと実感する。 いま金峰魯肉飯を知ってしまった舌とし...
橋底辣蟹は大人数で行けば楽しい 中華料理って大人数でいった方が楽しい。ということで、今回の旅では現地集合の旅だったので夕食に選んだのは橋底辣蟹。 場所は香港島の灣仔エリアで地下鉄の銅鑼湾駅から歩いてすぐのところ。もともとは橋の下にあるお店だったということで店名だけは残っているけれど、いまは陸地にあがってきて立派なお店になって...
祇園「おかる」のカレーうどんは懐かしい味... 友人から「おかるでカレーうどんです」という指令をうけて食べてきたところ。なんだか新宿の歌舞伎町をうんと小さくしたような祇園の一画で深夜まで営業しているうどん屋さん。 夜の仕事のお姉さんとかが出勤前や出勤後に立ち寄ったりするお店でもあるみたい。店内にはちらほらと夜のお仕事の人たちがいて、のんびり...
再發號肉粽 – ちまきの概念が変わるくらいうまい... 台南をふらついていて、帆布バッグ屋巡りも終わったのでなにか食べもの・・というときにGoogle Mapで検索してみつけたお店。ちまきの写真がおいしそうだったので、それにつられて来てみたのだが、この判断は間違っていなかった。 場所は台南の市街地の中心部にほど近いところで、帆布バッグの廣富號(廣富...
カフェ コチ – 老舗の京都カフェは居心地も最高によい... 京都で古くからあるカフェのひとつで、昔からスタイルを変えることなくやっている。 ちょっと外れたところにあるのに結構混んでいて、ハイシーズンはほぼ入れない。でも、ここで長居したくなる気持ちはよく分かる。昼も夜もそれぞれに気持ちがいいカフェだと思う。 アクセス 富小路通と姉小路通の交差...

Feature

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください