胡々里庵で蕎麦を食べた後は、福島の奥座敷のような土湯温泉へと向かう。福島にある温泉地でいうと岳温泉とか飯坂温泉とかが有名で土湯温泉ってどこだよって感じだけど、谷あいにある小さな温泉街は雰囲気があって好きなところ。

土湯温泉へのアクセス

東北道からであれば福島西ICから国道115号線をのぼっていき20分くらい。土湯温泉への道は道幅も広くて運転していて気持ちがいい。とくに、桜の季節にはソメイヨシノの並木道があり、花が舞っている光景が美しい。運転に注意した方がいいけれど、これは必見。

土湯温泉について

谷あいにある小さな温泉街。311の震災前に来て気に入っていたのだが、その後はじめて訪れた。外見からはかわりがないものの、旅館の入れ替えとかはあったみたい。今回、日帰り温泉で訪れた「福うさぎ」も以前は違う旅館だったみたい。

土湯温泉

「福うさぎ」の日帰り温泉は10:00から20:00までと長い時間が設定されていて、休憩所もあるのがすごく利便性高い。宿の前の駐車場は狭いので、山の上にある共同の駐車場までの送迎もある。

温泉はなんといっても自家源泉でかけ流しというのがすごいところ。湯量が豊富なのか、温泉入っていると、お湯が出てくるところがボコボコと音がしていて迫力ある。泉質とか聞かれてもよくわからないけれど、入っていて気持ちがよくて身体がほぐれていく感覚があるのはたしかなところ。熱すぎないので、のんびりと時間をかけて温泉に入っていられる。すごい単純な表現でいうと「すげえ気持ちがいい」というところだな。

温泉からあがると休憩所では食事も楽しむことができる。今回は蕎麦食べて来ちゃったのでパスしたけれど、地元の料理があったりして美味しそう。ビールを飲みたいところだったが、車の運転もあるのでノンアルコールのビールを飲んでみる。はじめて飲んでみたけれど、ほぼビールな感じでこれはこれで美味しい。そして、ごろっと横になって昼寝。駐車場に面した休憩所は日差しが降り注いでいて、ちょっと昼寝するのに気持ちがいい。温泉入った心地よい疲れもあって一瞬で1時間近く昼寝していた。

土湯温泉

温泉は一度料金を払えば何度でも入れるらしいのだけど、今回は一度きりで次の目的地へと移動。ちょっともったいないなっていう気分くらいで、次にまた来たいなと思えるくらいがいいんじゃないかと。いい温泉で気持ちよかったなあ。

福うさぎ
住所:福島県福島市土湯温泉町字八郎畑3−1
時間:日帰り温泉10:00-20:00

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です