花見山と同じくらい、福島を代表する桜の風景は三春の滝桜なのではないかと。岐阜の淡墨桜、山梨の神代桜と並び三大巨大桜と呼ばれている。桜の樹に名前がついているというのが古くから愛されてきた何よりの証拠ではないかと思う。

三春滝桜

根回りは11メートルを超えた巨木で近くでみると圧倒される。樹齢は1000年を軽く越えているみたいで、たとえば百人一首にも入っている、紀友則が「久方の ひかりのどけき 春の日に しづ心なく 花のちるらむ」と1000年前に詠んだ時代から生きているということだ。

三春滝桜

時間の流れって不思議なものだなあって思う。滝桜にしてみれば、僕がみているこの時間なんて気がつかないくらいに短い瞬間なのかもしれない。

三春滝桜

それにしても、この滝桜は2011年の地震によって桜には被害がなかったものの、確実に観光客は減っている。震災前にはシャトルバスに乗るとか、渋滞がひどいなんてことがあったのだけど、震災後にはそんな状況には一度もならず、滝桜の裏手にある駐車場までなんなく車でアクセスすることができる。観に来る方としては便利だけれど、なんだか寂しくもある。

そして、2013年に訪れたとき、この滝桜の閑散とした風景をみて「ブログでも書いて旅の楽しさを共有したいなあ」って思って書き始めたことを思い出した。旅とは散歩の延長、1000年前の風景を考えながら春のひとときを過ごしてみるのもいいんじゃないかと思う。

三春滝桜
住所:福島県田村郡三春町大字滝字桜久保296番地

Related Post

二見興玉神社に参拝してきた 伊勢神宮とならび、フォトジェニックな神社ですごく好きなのが二見浦にある二見興玉神社。車で行くと、海岸沿いに駐車場があるので、そこで停める場所をなんとかみつけてアクセスできる。 海岸沿いの神社でちょっとした散歩道としても気持ちがいい。ここで祀られている神様のつかいはカエルとのことで、境内のあちこ...
安曇野屈指の観光スポットはわさび尽くし!「大王わさび農園」へ行ってきた... 大王わさび園というところは、安曇野を旅していると一度は必ず訪れるし、行くところに困ったらとりあえず行ってみるところという感じがある。そんなメジャーな観光地ではあるし、わさびだらけと思うかもしれない。しかし、意外にも黒澤明の映画ロケ地に使われていたりして美しい風景がある場所だったりする。今回久々に訪れ...
美しい森の奥に神秘的な池がある – 龍ヶ窪... 津南の奥の方にあるのは知っていて、その水の美味しさから気になっていた龍ヶ窪へ行ってみた。 津南の市街地からだとクルマで10分くらいだろうか。それほど奥地というわけでもない感じ。意外に開けているなっていう場所にあった。駐車場も整備されていて、協力費を支払う必要がある。 ゴールデンウィーク...
御射鹿池 – 絵になる風景 松本へ行く途中にちょこっと寄り道して、蓼科の御射鹿池をみてきた。みてきたというくらいの小さな農業用のため池で、普通に考えればただのきれいな池でしかないのだが、東山魁夷の「緑響く」のモチーフとして有名になり、またその絵画をつかったシャープのアクオスのCMでさらに有名になったという経緯がある。 ...
行くぜ、東北。春のお花見福島編。 今年はひさびさに、桜前線を追いかけて東北へと向かう。東京ではすっかり盛りの過ぎた桜だけれど、高速道路を北上していくと、まるで時間が巻き戻るみたいに桜の花がきれいになっていく。 今回訪れたのは福島の花見山。だいぶひさびさに行ったのだけど、時期はまさにソメイヨシノが満開のとき、春の盛りをふたたび東...

Feature

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です