花見山と同じくらい、福島を代表する桜の風景は三春の滝桜なのではないかと。岐阜の淡墨桜、山梨の神代桜と並び三大巨大桜と呼ばれている。桜の樹に名前がついているというのが古くから愛されてきた何よりの証拠ではないかと思う。

三春滝桜

根回りは11メートルを超えた巨木で近くでみると圧倒される。樹齢は1000年を軽く越えているみたいで、たとえば百人一首にも入っている、紀友則が「久方の ひかりのどけき 春の日に しづ心なく 花のちるらむ」と1000年前に詠んだ時代から生きているということだ。

三春滝桜

時間の流れって不思議なものだなあって思う。滝桜にしてみれば、僕がみているこの時間なんて気がつかないくらいに短い瞬間なのかもしれない。

三春滝桜

それにしても、この滝桜は2011年の地震によって桜には被害がなかったものの、確実に観光客は減っている。震災前にはシャトルバスに乗るとか、渋滞がひどいなんてことがあったのだけど、震災後にはそんな状況には一度もならず、滝桜の裏手にある駐車場までなんなく車でアクセスすることができる。観に来る方としては便利だけれど、なんだか寂しくもある。

そして、2013年に訪れたとき、この滝桜の閑散とした風景をみて「ブログでも書いて旅の楽しさを共有したいなあ」って思って書き始めたことを思い出した。旅とは散歩の延長、1000年前の風景を考えながら春のひとときを過ごしてみるのもいいんじゃないかと思う。

三春滝桜
住所:福島県田村郡三春町大字滝字桜久保296番地

Related Post

行くぜ、東北。夏の会津日帰り編 すっかり夏が始まったなあという7月中旬。東北へ日帰りで旅をしてきた。今回は友人の車に乗せてもらうこともあり、東京駅から少し移動してから車に乗り込み一路東北道を北上していく。 まだ朝の家に着いたのは会津若松城。すごく昔に訪れた記憶があるのだが、今回来てみてびっくりした。普通の博物館みたいなコンク...
究極の喜多方ラーメン「食堂 なまえ」で食べてきた... 恵比寿にある喜多方ラーメンの坂内で食べるラーメンがわりと好きなのです。ちょっと縮れた太麺と出汁のきいたスープがシンプルで優しい味だなあって思う。 なので、今回の旅で喜多方にやってきたのは本場のラーメンを食べるということ。行ってみたのは「食堂なまえ」というお店。住宅街のなかにある小さなお店で、カ...
津南ひまわり広場のひまわりとアイスクリームについて。... 松代でランチを食べてから、例年の小旅行コースで定番の小布施方面へと向かおうかと思ったのだけど、ちょうどひまわりのシーズンだったので少し寄り道して津南のひまわり広場へと行ってみることにした。 津南のひまわり広場は秋山郷へ向かう方面にあって龍ヶ窪の近くにある。龍ヶ窪と一緒に行ってもいいかも。少し山...
京都の紅葉はここが最も印象深かった、法然院の風景... 銀閣寺まで来たので、以前ちょっとよく訪れることのあった法然院にも足をのばしてみることにした。 法然院へのアクセス 銀閣寺から哲学の道を南に15分くらい行ったところにある。まわりに有名な寺院があり、またここは拝観禁止のエリアが多いこともあり、いまは法然院を訪れる人は少なくそれが静かで厳かな風情があ...
ペナン街歩き クアラルンプールからペナンまでは飛行機で40分くらい。すぐのところにある。 マレーシアのペナンはクアラルンプールから飛行機で40分くらい。結構大きな島でクアラルンプールに次いで第二の都市になっている。200年くらい前はジャングルだったとか信じられないが、島の東側はまだまだ緑が多い。 リ...

Feature

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください