龍安寺から友人と伏見で待ち合わせして日本酒を楽しんでみることにする。僕のなかでは、伏見の日本酒って黄桜とか月桂冠とかワンカップ日本酒の安くて質がいまいちという印象が強かったのだけど、前の訪問で伏見の松本酒造を知ってからはそのイメージががらりと変わって、香りの豊かなお酒を造っているのだなと知った。

「酒蔵BAR えん」へのアクセスについて

伏見のなかでも、「酒蔵BAR えん」には京阪の伏見桃山駅、または近鉄丹波橋駅から歩いて5分くらいというところ。伏見桃山からだと地元感のある商店街を抜けていく。

「酒蔵BAR えん」について

結構楽しみな伏見の日本酒巡り。まず行ってみたのは「蒼空」という銘柄の日本酒を造っている藤岡酒造。ここは酒蔵の隣というか、蔵の入口のスペースを利用して小さなお座敷スタイルのバーをひらいている。お店自体が酒蔵の一部なので、日本酒の香りがしている。お座敷は小さいものの囲炉裏まであって雰囲気がいい。

バーのスタイルなので、食事はなくて酒の肴が少しあるくらい。あとは日本酒か甘酒を置いている。ここの「蒼空」はちょっと辛口で爽やかな風味が特徴じゃないかと思う。日本酒だけで飲むよりも料理と一緒に楽しむ方が美味しいはず。料理は色々あわせやすそう。

酒蔵BAR えん

この、お漬け物が美味しかった
この、お漬け物が美味しかった

ちょっと贅沢して(というか、それでも大した金額ではないが)、大吟醸のお酒を頼んでみたらシャーベット状のものが出てきて、これがまたすごく美味しい。こればかりは単独で飲んだ方がいいなって思うところ。

おつまみでは、漬物が美味しかったなあ。京都はこういう保存食っぽい料理はどれも抜群に美味しい。この土地ならではの、生活の知恵と歴史が作っている料理なのだろうな。

ふらっと立ち寄って、お酒楽しんで、隣には売店もあるので、伏見の日本酒を手軽に楽しむにはすごくいいところだと思う。

酒蔵BAR えん
住所:京都府京都市伏見区今町672-1
時間:11:30-18:00
休み:水(祝日の場合は営業)

Related Post

Stormies(蘭桂坊)でシーフードとビールを堪能... 香港のナイトライフで面白い場所のひとつは香港島の中環にある蘭桂坊(ランカイフォン)というエリア。六本木が凝縮したような場所で狭いエリアにバーがひしめき合い、外国人が飲み歩いている。 そのなかで有名なお店のひとつがダクラー・ストリートの坂をあがりきったところにあるStormiesというお店。 ...
香港クラフトビールがここにある!旺角のT.A.P. The Ale Projectでビールを楽しむ。... ついに香港にもマイクロブリュワリーの波がやってきて、メイドイン香港のビールが醸造されるようになってきたらしい。食堂で水みたいな青島ビールを飲みつづけている時代は終わったのだ。 というか、ビールが選べる時代になったということか。香港にいる友人のおすすめは旺角にある"TAP The Ale Pro...
地雷也で食べる仙台の味 お店の外観。提灯が目印。 仙台ではかなり有名な居酒屋さんで、店内はいつも満席。予約必須の人気店。 居酒屋にしてはちょっと高いと思われるかもしれないが、行ってみて損はないと思う。 僕も友人の推薦があって行ってみたのだが大満足のお店だった。 お店のロケーションは国分町の中心街に...
香港の新しい名所は卓球場を改装した隠れ家バー。Ping Pong 129(乒乓城)で過ごす夜。... 香港島の地下鉄が上環から延伸して新しく開発が進んでいる西営盤(サイインプン)のエリア。新しいレストランやカフェ、バーなどが下町っぽいエリアのなかにオープンしてきている。東京でいうと、坂道のある蔵前みたいな感じのエリア。 なかでも抜群に面白かったのは古い卓球場をリノベーションしてオープンしたPi...
龍安寺がもつ楽しさを確かめに行く 京都を旅していてもお寺巡りなどもあまりないこのブログなのだけど、ひさびさに龍安寺を訪れてみた。 冬の朝の龍安寺はまさに「冬は、つとめて。」の世界のよう。静かで人気のない境内や庭園を心ゆくまで眺めることができる。行くならば朝イチで行くのがよい。 龍安寺へのアクセス 市バスで向...

Feature

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください