龍安寺から友人と伏見で待ち合わせして日本酒を楽しんでみることにする。僕のなかでは、伏見の日本酒って黄桜とか月桂冠とかワンカップ日本酒の安くて質がいまいちという印象が強かったのだけど、前の訪問で伏見の松本酒造を知ってからはそのイメージががらりと変わって、香りの豊かなお酒を造っているのだなと知った。

「酒蔵BAR えん」へのアクセスについて

伏見のなかでも、「酒蔵BAR えん」には京阪の伏見桃山駅、または近鉄丹波橋駅から歩いて5分くらいというところ。伏見桃山からだと地元感のある商店街を抜けていく。

「酒蔵BAR えん」について

結構楽しみな伏見の日本酒巡り。まず行ってみたのは「蒼空」という銘柄の日本酒を造っている藤岡酒造。ここは酒蔵の隣というか、蔵の入口のスペースを利用して小さなお座敷スタイルのバーをひらいている。お店自体が酒蔵の一部なので、日本酒の香りがしている。お座敷は小さいものの囲炉裏まであって雰囲気がいい。

バーのスタイルなので、食事はなくて酒の肴が少しあるくらい。あとは日本酒か甘酒を置いている。ここの「蒼空」はちょっと辛口で爽やかな風味が特徴じゃないかと思う。日本酒だけで飲むよりも料理と一緒に楽しむ方が美味しいはず。料理は色々あわせやすそう。

酒蔵BAR えん

この、お漬け物が美味しかった
この、お漬け物が美味しかった

ちょっと贅沢して(というか、それでも大した金額ではないが)、大吟醸のお酒を頼んでみたらシャーベット状のものが出てきて、これがまたすごく美味しい。こればかりは単独で飲んだ方がいいなって思うところ。

おつまみでは、漬物が美味しかったなあ。京都はこういう保存食っぽい料理はどれも抜群に美味しい。この土地ならではの、生活の知恵と歴史が作っている料理なのだろうな。

ふらっと立ち寄って、お酒楽しんで、隣には売店もあるので、伏見の日本酒を手軽に楽しむにはすごくいいところだと思う。

酒蔵BAR えん
住所:京都府京都市伏見区今町672-1
時間:11:30-18:00
休み:水(祝日の場合は営業)

Related Post

餃子の歩兵、ふたたび。 すいばでほろ酔いになった後、京都に住む友人と合流。思い出の場所という祇園の歩兵で餃子を食べることにする。前回の訪問は真冬のオフシーズンだったけれど、紅葉のハイシーズンには予約しておかないと、スムーズに入店することは難しそうだ。 歩兵は祇園の北側エリアにあり、祇園白河から巽橋を渡ってすぐのところ...
ウドンタニのWine Societyでだらだらと飲む... タイといえば市場での料理も好きなのだけど、旅のはじまりの頃って、その土地に慣れていないところもあり、どうも疲れているのでのんびりとお酒飲みたいなと選んだバー。 ウドンタニ駅から少し南にいったところにあり、間には大きなナイトマーケットがあるので夜にはかなり賑やかなところ。このナイトマーケットも面...
六本木のBrewDog Roppongiでスコットランドのクラフトビールをロックとともに楽しむ... 六本木でちょこっとクラフトビール飲むといえばアントン・ビーが好きだったのだけど、最近ではブリュードッグの方が広くてビールの種類も多くてこっちに流れることが多い。スコットランドのブリュワリーがオープンしたバーでアジア圏では六本木が初めての店舗。 BrewDog Roppongiへのアクセス ...
赤垣屋は川端二条で予約必須の古典居酒屋の名店... 三条 御幸町でGEARの舞台をみたあと、のんびりと商店街のなかを散歩しながら歩いて行き鴨川べりに出てきた。そこからちょっと北にあがったところにある赤垣屋を友人が予約しておいてくれたので訪問。 店内は時代劇に出てくるかのような古めかしい飲み屋で、こんなところにって場所に席が用意してあったりもする...
ブルーパンプキン(シェムリアップ)居心地よいソファ席がおすすめのカフェ... シェムリアップにかなり前からあるカフェで、白を基調とした店内は清潔感がある。オールドマーケット近くにある店が利便性も高くおすすめ。 1階はベーカリー&アイスクリームのお店になっていて、テイクアウトも可能。カフェは2階部分になっていて、壁際に設置された大きなソファ席が特徴。そして、このソファ席が...

Feature

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください