龍安寺から友人と伏見で待ち合わせして日本酒を楽しんでみることにする。僕のなかでは、伏見の日本酒って黄桜とか月桂冠とかワンカップ日本酒の安くて質がいまいちという印象が強かったのだけど、前の訪問で伏見の松本酒造を知ってからはそのイメージががらりと変わって、香りの豊かなお酒を造っているのだなと知った。

「酒蔵BAR えん」へのアクセスについて

伏見のなかでも、「酒蔵BAR えん」には京阪の伏見桃山駅、または近鉄丹波橋駅から歩いて5分くらいというところ。伏見桃山からだと地元感のある商店街を抜けていく。

「酒蔵BAR えん」について

結構楽しみな伏見の日本酒巡り。まず行ってみたのは「蒼空」という銘柄の日本酒を造っている藤岡酒造。ここは酒蔵の隣というか、蔵の入口のスペースを利用して小さなお座敷スタイルのバーをひらいている。お店自体が酒蔵の一部なので、日本酒の香りがしている。お座敷は小さいものの囲炉裏まであって雰囲気がいい。

バーのスタイルなので、食事はなくて酒の肴が少しあるくらい。あとは日本酒か甘酒を置いている。ここの「蒼空」はちょっと辛口で爽やかな風味が特徴じゃないかと思う。日本酒だけで飲むよりも料理と一緒に楽しむ方が美味しいはず。料理は色々あわせやすそう。

酒蔵BAR えん

この、お漬け物が美味しかった
この、お漬け物が美味しかった

ちょっと贅沢して(というか、それでも大した金額ではないが)、大吟醸のお酒を頼んでみたらシャーベット状のものが出てきて、これがまたすごく美味しい。こればかりは単独で飲んだ方がいいなって思うところ。

おつまみでは、漬物が美味しかったなあ。京都はこういう保存食っぽい料理はどれも抜群に美味しい。この土地ならではの、生活の知恵と歴史が作っている料理なのだろうな。

ふらっと立ち寄って、お酒楽しんで、隣には売店もあるので、伏見の日本酒を手軽に楽しむにはすごくいいところだと思う。

酒蔵BAR えん
住所:京都府京都市伏見区今町672-1
時間:11:30-18:00
休み:水(祝日の場合は営業)

Related Post

Viva Restaurant(シェムリアップ)に再訪して飲んだくれる... Villa sok sanにチェックインして荷物を置いたら、すぐに街に繰り出してビール飲んできた。まずは、Viva Restaurantでドラフトビール飲むのがいいなということで訪問(前回の訪問はこちら)。 ここはドラフトビールの樽の入れ替わりがかなり早いので新鮮で美味しいビールが飲める(確率...
「そばきり みよ田」(松本)は蕎麦がいただける居酒屋みたいな感じ... 上諏訪の呑み歩きに参加した翌日。そのまま戻るのももったいないが、あいにくの雨だったこともあり、行き慣れた松本へ移動してみることにした。 上諏訪から松本まではローカル線で30分ほど。わりと混んでいる。 大信州を呑んでみる 松本について帰りの特急の予約をしてから街に出たのだが、はやく...
餃子の歩兵、ふたたび。 すいばでほろ酔いになった後、京都に住む友人と合流。思い出の場所という祇園の歩兵で餃子を食べることにする。前回の訪問は真冬のオフシーズンだったけれど、紅葉のハイシーズンには予約しておかないと、スムーズに入店することは難しそうだ。 歩兵は祇園の北側エリアにあり、祇園白河から巽橋を渡ってすぐのところ...
渋谷で魚を食べるならば!「4番サード魚真」は奇妙な名前に反した正当派なお店。... お店の外観 名前がちょっとふざけていて、安めな居酒屋っぽいイメージをもっていたけれど、中身はかなりちゃんとした渋谷の隠れ家みたいな料理店だった。渋谷にこんなところがあったなんてという驚きすらある。そこそこ手頃な価格で刺身などが楽しめるので渋谷に行くときには上位の候補として選んで間違えがないお...
San Kabar Restaurant & Pub(バガン)はちょい飲みに最適... からっとしているけれど、だらだらと暑いバガンのお昼時からのんびりビールを飲んだりできるイタリアン レストラン。 メニューのラインナップはイタリアンなのだが、とりあえず便宜的という感じでミャンマー料理もおいてある。 が、これはいまいちだった。 無難なのはピザあたりなのだが、これもまあ...

Feature

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です