龍安寺から友人と伏見で待ち合わせして日本酒を楽しんでみることにする。僕のなかでは、伏見の日本酒って黄桜とか月桂冠とかワンカップ日本酒の安くて質がいまいちという印象が強かったのだけど、前の訪問で伏見の松本酒造を知ってからはそのイメージががらりと変わって、香りの豊かなお酒を造っているのだなと知った。

「酒蔵BAR えん」へのアクセスについて

伏見のなかでも、「酒蔵BAR えん」には京阪の伏見桃山駅、または近鉄丹波橋駅から歩いて5分くらいというところ。伏見桃山からだと地元感のある商店街を抜けていく。

「酒蔵BAR えん」について

結構楽しみな伏見の日本酒巡り。まず行ってみたのは「蒼空」という銘柄の日本酒を造っている藤岡酒造。ここは酒蔵の隣というか、蔵の入口のスペースを利用して小さなお座敷スタイルのバーをひらいている。お店自体が酒蔵の一部なので、日本酒の香りがしている。お座敷は小さいものの囲炉裏まであって雰囲気がいい。

バーのスタイルなので、食事はなくて酒の肴が少しあるくらい。あとは日本酒か甘酒を置いている。ここの「蒼空」はちょっと辛口で爽やかな風味が特徴じゃないかと思う。日本酒だけで飲むよりも料理と一緒に楽しむ方が美味しいはず。料理は色々あわせやすそう。

酒蔵BAR えん

この、お漬け物が美味しかった
この、お漬け物が美味しかった

ちょっと贅沢して(というか、それでも大した金額ではないが)、大吟醸のお酒を頼んでみたらシャーベット状のものが出てきて、これがまたすごく美味しい。こればかりは単独で飲んだ方がいいなって思うところ。

おつまみでは、漬物が美味しかったなあ。京都はこういう保存食っぽい料理はどれも抜群に美味しい。この土地ならではの、生活の知恵と歴史が作っている料理なのだろうな。

ふらっと立ち寄って、お酒楽しんで、隣には売店もあるので、伏見の日本酒を手軽に楽しむにはすごくいいところだと思う。

酒蔵BAR えん
住所:京都府京都市伏見区今町672-1
時間:11:30-18:00
休み:水(祝日の場合は営業)

Related Post

Asana Bar(シェムリアップ) – 隠れ家っぽい雰囲気のバー... 入口にはぼんぼり シェムリアップでご飯を食べた後、寝る前のひとときを少し過ごすにはうってつけのバーを発見。 場所はバーストリートから少し離れたところで、少し薄暗い裏通り。古い建物を改造した感じのところなのだが、フランス人が経営しているみたいでインテリアとかも凝っているし、トイレもきれい...
中環でクラフトビールを飲むならばここ!Tipping Point Brewing Co.に通いたい... 友人に教えてもらった中環にあるクラフトビールのお店。Tipping Point(ティッピング・ポイント)という店名がいいよな。マルコム・グラッドウェルの著書を思い出す。ここも、口コミで人気になりつつあるバーのひとつで、ロケーションのよさと営業時間の長さから行きやすいところだと思う。 Tippi...
プノンペンの最新スポット308通りにあるHangar 44でカクテルを楽しむ夜... 2016年夏時点においてプノンペンでもっともおもしろいエリアのひとつ。ボンケンコン地区のなかでも、ノロドム通りから308通りを200mくらい入ったところにあるBassac Laneには小さなバーが建ち並んでいてナイトエリアとしてプノンペンで注目されているところ。ちなみに、バーがあってお酒が飲めるとい...
酒蔵 秩父錦 – 建築的な価値からも雰囲気がよい居酒屋... 東銀座の方にある時代劇に出てきそうな古めかしい建物。ここが木挽町と呼ばれていた昭和初期のものということで、昔は炭屋だったらしい。いかにもっていう雰囲気がある。 ここの座敷は好きなのだけど、5人以上いないと開放してくれないのが残念。それでも、カウンターの席もまた雰囲気があって好きなところ。 ...
香港クラフトビールがここにある!旺角のT.A.P. The Ale Projectでビールを楽しむ。... ついに香港にもマイクロブリュワリーの波がやってきて、メイドイン香港のビールが醸造されるようになってきたらしい。食堂で水みたいな青島ビールを飲みつづけている時代は終わったのだ。 というか、ビールが選べる時代になったということか。香港にいる友人のおすすめは旺角にある"TAP The Ale Pro...

Feature

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です