伏見に来たのは日本酒飲み歩きもあるのだけれど、もうひとつは寺田屋を見てみたかったから。司馬遼太郎の本も読んだし、ここのところ新選組の本も結構読んでいたので、個人的なブームが来ていたということもある。

寺田屋は京阪の伏見桃山駅からだと歩いて7-8分。「酒蔵BAR えん」から歩いても10分くらいのところにある。細い路地のような商店街を抜けて宇治川とつながる運河のような川に沿って建てられている。昔はここを坂本竜馬もみたような風景なのかと思うとちょっと不思議な感覚。

寺田屋寺田屋寺田屋はその通り沿いにある古い建物のひとつであり、入口で入場料を払ってなかを見学することができる。宿としても営業しているということだが、ちょっと泊まるには騒がしいな・・というところ。普通の家という感じもある寺田屋は建物内に。事件当時の弾痕とか刀傷があるのだが、刀傷はみんなが触っているからかただの窪みみたいになってしまっている。

というか、全体的に不思議な偽物感みたいなのがあるなあ・・と思って後で調べてみたら、江戸時代の寺田屋は鳥羽伏見の戦いで罹災して消失しているとのこと。現在の建物はその後、再建されたものだという。あの刀傷とかなんだったんだ・・と思うわけだが、最初に感じていたテーマパークみたいな感じは間違っていなかったともいえる。

寺田屋寺田屋坂本竜馬ゆかりの地を見てまわるとうことであれば、外せない場所ではある。その場所にきてみて、興味が増す感じはあった。建物はともかく、なかにある展示などは面白い。

寺田屋
住所:伏見区南浜町263
時間:10:00-15:40

Related Post

餃子の歩兵、ふたたび。 すいばでほろ酔いになった後、京都に住む友人と合流。思い出の場所という祇園の歩兵で餃子を食べることにする。前回の訪問は真冬のオフシーズンだったけれど、紅葉のハイシーズンには予約しておかないと、スムーズに入店することは難しそうだ。 歩兵は祇園の北側エリアにあり、祇園白河から巽橋を渡ってすぐのところ...
龍安寺がもつ楽しさを確かめに行く 京都を旅していてもお寺巡りなどもあまりないこのブログなのだけど、ひさびさに龍安寺を訪れてみた。 冬の朝の龍安寺はまさに「冬は、つとめて。」の世界のよう。静かで人気のない境内や庭園を心ゆくまで眺めることができる。行くならば朝イチで行くのがよい。 龍安寺へのアクセス 市バスで向...
おきな屋で富翁の日本酒を試飲しながら購入... 油長で呑んだ富翁の日本酒がハッとするくらい美味しくて、ちょっと調べてみたら酒蔵の直営店がすぐ近くにあって、試飲しながら買うことができるとのこと。さっそく行ってみることにした。 おきな屋へのアクセス 京阪の伏見桃山駅からつづく伏見大手筋商店街のアーケードを抜けたさらに先にある。アーケードか...
「吟醸酒房 油長」で伏見の日本酒を呑み比べる... 伏見で地元のお酒を手軽に呑み比べするならば油長がおすすめ。ところで、酒屋さんの店内でお酒を飲むことを関東では「角打ち」というけれど、関西では「立ち呑み」というらしい。「角打ち」の意味がよくわかっていないので、「立ち呑み」の方が直感的でいいなとか思ってしまった。 「吟醸酒房 油長」のアクセス ...
祇園の「いづう」では鯖姿寿司と小鯛の雀寿司のセットを楽しめる... 祇園にある「いづう」で京都ならではの姿寿司を食べてきた。見た目の美しさと保存できるというもので、祇園の名店。 創業は天明元年(1781年)ということ。これは徳川家では第10代将軍の徳川家治が統治していて、アメリカでは独立戦争が行われていた時代ということになる。その頃から、この場所にあったお店で...

Feature

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください