伏見で地元のお酒を手軽に呑み比べするならば油長がおすすめ。ところで、酒屋さんの店内でお酒を飲むことを関東では「角打ち」というけれど、関西では「立ち呑み」というらしい。「角打ち」の意味がよくわかっていないので、「立ち呑み」の方が直感的でいいなとか思ってしまった。

「吟醸酒房 油長」のアクセス

京阪の伏見桃山駅前からつづく伏見大手筋商店街のなかにある。駅から歩いて5分くらいといったところ。結構大きな酒屋さんで、店内のカウンターで日本酒とちょっとしたおつまみを提供してくれる。

吟醸酒房 油長「吟醸酒房 油長」について

店内奥のカウンターでは80種類以上の日本酒を用意をしていて、電話帳みたいなメニューリストになっている。呑み比べとして3種類を選らんでちょっとずつ呑めるプランがあるので、まずはそれで自分の好みを見つけてみるのがおすすめ。僕は伏見といえばということで、そして普段ならまず呑むことがない「月桂冠」と「黄桜」、そして「豊祝」というお酒を選んでみる。

吟醸酒房 油長「月桂冠」や「黄桜」は伏見を代表する酒蔵だけど、なんかちょっとイマイチなお酒を造っているという印象があった。しかし、ここで呑んだお酒はどれも抜群に美味しい。ちゃんとした丁寧な仕事をして作られた日本酒という感じで、いままで偏見もっていて申し訳ないと思ってしまうくらい。

酒のつまみについては、本当にちょこっとつまむくらいなのでご飯のかわりにはならない。お酒を楽しむことを追求した方がいい。飲み比べをしたあとは、自分好みなものを選んでいくのもまた楽しい。店主の方はかなりこだわりがあって話しも深いので相談してみるのもおすすめ。

つまみは「新ごぼう」が美味しかった
つまみは「新ごぼう」が美味しかった
北川本家が造っている富翁
北川本家が造っている富翁

伏見といえば松本酒造のお酒が美味しいっていう印象だったのだけど、この地では小さい酒蔵みたい。他にも沢山あって、とくに気に入ったのは北川本家が造っている富翁というお酒。豊かな香りがあって、飲み口も美味しい。楽しいお店だなあ。

伏見のお酒について印象が変わり、そして理解が深まるような体験だった。

吟醸酒房 油長
住所:京都府京都市伏見区東大手町780
時間:11:00-22:00
休み:火

Related Post

CRAFT BEER BAR IBREW wiredで夕方からクラフトビールを楽しむ... 京橋にあるCRAFT BEER BAR IBREWの姉妹店。こっちの方がお店っぽくて、いいっていう人もいるかもしれない。CRAFT BEER BAR IBREWから歩いて一分かからないところなので、どちらかが混んでいても大丈夫なのがいいところ。 クラフトビールの種類は専門店だけあってかなり豊富...
アジアモダンな香港のオアシス「AMMO」で飲むアーグレイ・マティーニは絶品... 金鐘にあるアジアソサイエティセンター香港(亞洲協會香港中心)の一階にあるレストラン。カウンターがありバーとしての利用もできる。香港島の中心街にあるとは思えないくらい緑豊かなエリアにあり、窓の外にみえる風景もまた美しい。新しい香港の一面を見つけることができる素敵な場所だと思う。 今回はバーとして...
オクターブ・ルーフトップ・バー – 手軽にいけるおすすめのバー... 今回の旅ではバンコクのルーフトップバーを巡ってみようかなと思いついた。 ということで、まず向かったのはwagamama travelでも紹介されていたトンローのマリオットにあるOCTAVE ROOFTOP LOUNGE&BAR(オクターブ・ルーフトップ・バー)。男性は袖のないシャツやハ...
The Speakeasy – バンコクでいま行くべきなルーフトップバーのひとつ... 今回のルーフトップバー巡りのなかで、プラナコーン ノーンレンとならび「ここはいいな」って思ったところ。 25階に位置していて、まわりには高層レジデンスなどもあるので開放感というのはないけれど「ラウンジの居心地のよさ」というのはすごくある。隠れ家っぽいところも好き。薄暗さもまた雰囲気いいよなあ。...
KINKS老房子&WIRE破屋は隠れ家的なおすすめのバー... instagramを眺めていて知ったお店。観光客が行かなさそうな場所にあるのだが、古民家をリノベーションしたバーというのは雰囲気もよくて台南らしいところ。紹介するのがもったいないくらいだけど、すごくおもしろいバーだった。 KINKS老房子&WIRE破屋へのアクセス 国鉄の線路脇に...

Feature

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です