伏見で地元のお酒を手軽に呑み比べするならば油長がおすすめ。ところで、酒屋さんの店内でお酒を飲むことを関東では「角打ち」というけれど、関西では「立ち呑み」というらしい。「角打ち」の意味がよくわかっていないので、「立ち呑み」の方が直感的でいいなとか思ってしまった。

「吟醸酒房 油長」のアクセス

京阪の伏見桃山駅前からつづく伏見大手筋商店街のなかにある。駅から歩いて5分くらいといったところ。結構大きな酒屋さんで、店内のカウンターで日本酒とちょっとしたおつまみを提供してくれる。

吟醸酒房 油長「吟醸酒房 油長」について

店内奥のカウンターでは80種類以上の日本酒を用意をしていて、電話帳みたいなメニューリストになっている。呑み比べとして3種類を選らんでちょっとずつ呑めるプランがあるので、まずはそれで自分の好みを見つけてみるのがおすすめ。僕は伏見といえばということで、そして普段ならまず呑むことがない「月桂冠」と「黄桜」、そして「豊祝」というお酒を選んでみる。

吟醸酒房 油長「月桂冠」や「黄桜」は伏見を代表する酒蔵だけど、なんかちょっとイマイチなお酒を造っているという印象があった。しかし、ここで呑んだお酒はどれも抜群に美味しい。ちゃんとした丁寧な仕事をして作られた日本酒という感じで、いままで偏見もっていて申し訳ないと思ってしまうくらい。

酒のつまみについては、本当にちょこっとつまむくらいなのでご飯のかわりにはならない。お酒を楽しむことを追求した方がいい。飲み比べをしたあとは、自分好みなものを選んでいくのもまた楽しい。店主の方はかなりこだわりがあって話しも深いので相談してみるのもおすすめ。

つまみは「新ごぼう」が美味しかった
つまみは「新ごぼう」が美味しかった
北川本家が造っている富翁
北川本家が造っている富翁

伏見といえば松本酒造のお酒が美味しいっていう印象だったのだけど、この地では小さい酒蔵みたい。他にも沢山あって、とくに気に入ったのは北川本家が造っている富翁というお酒。豊かな香りがあって、飲み口も美味しい。楽しいお店だなあ。

伏見のお酒について印象が変わり、そして理解が深まるような体験だった。

吟醸酒房 油長
住所:京都府京都市伏見区東大手町780
時間:11:00-22:00
休み:火

Related Post

The Shotting Funは台南で行っても仕方がないバーのひとつ... そもそもことの始まりは、台南で行くバーをさらにひろげてみようって思ったところから始まっている。結果としてはさんざんだった。まあ、こんな日もあるよなと思いながらお酒飲んでいた。 The Shotting Funへのアクセス おすすめしないので行くことはないと思うけれど、間違って行ってしまわ...
麻布十番のCRAFT HANDSでクラフトビールを堪能する... すっかり人気が定着してきた感じがするクラフトビール。さまざまなビールの風合いを手軽に楽しめるのはすごくうれしい。いままで、海外まで行って飲み歩いたりしなきゃいけなかったからな。 今回行ってみたのは麻布十番にあるCRAFT HANDS(クラフトハンズ)というところ。雰囲気のいいバーのような感じも...
新橋駅前ビルの空いている居酒屋「翁鶴」に行ってみた... 新橋駅前ビルへ久々に潜入してきた。駅前の一等地にあるのに、このディープな雰囲気はすごいな。そして、オフィスビルなのだけど下に入っているお店が充実しているので、ここは見逃せないエリアだ。今回は一階にある居酒屋へ行ってきた。 翁鶴 新橋へのアクセス 新橋駅のJRと都営浅草線の間にある新橋駅前...
Beco das Garrafasとボサノヴァのライブ コパカバーナの裏通りのさらにその奥には、袋小路みたいな小さな路地裏がある。 Beco das Garrafas(ベコ・ダス・ガハーファス)と呼ばれているその一角は「酒瓶だらけの路地」という意味。しかし、このしょぼい路地が世界的に有名であり、1960年代には後にボサノヴァを作り出す人たちが集まっ...
祇園フィンランディアバー(FINLANDIA BAR)で京都のバーを堪能する... 今回の京都への旅は急に思い立ったこともあり、行きは新幹線で帰りは深夜バスというスタイル。移動にお金を使わない旅のスタイルなんだよなって自分でも思う。で、バスの出発までの時間は祇園にあるバーで過ごすことにした。 フィンランディアバー(FINLANDIA BAR)へのアクセス いわゆる高級店...

Feature

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です