伏見で地元のお酒を手軽に呑み比べするならば油長がおすすめ。ところで、酒屋さんの店内でお酒を飲むことを関東では「角打ち」というけれど、関西では「立ち呑み」というらしい。「角打ち」の意味がよくわかっていないので、「立ち呑み」の方が直感的でいいなとか思ってしまった。

「吟醸酒房 油長」のアクセス

京阪の伏見桃山駅前からつづく伏見大手筋商店街のなかにある。駅から歩いて5分くらいといったところ。結構大きな酒屋さんで、店内のカウンターで日本酒とちょっとしたおつまみを提供してくれる。

吟醸酒房 油長「吟醸酒房 油長」について

店内奥のカウンターでは80種類以上の日本酒を用意をしていて、電話帳みたいなメニューリストになっている。呑み比べとして3種類を選らんでちょっとずつ呑めるプランがあるので、まずはそれで自分の好みを見つけてみるのがおすすめ。僕は伏見といえばということで、そして普段ならまず呑むことがない「月桂冠」と「黄桜」、そして「豊祝」というお酒を選んでみる。

吟醸酒房 油長「月桂冠」や「黄桜」は伏見を代表する酒蔵だけど、なんかちょっとイマイチなお酒を造っているという印象があった。しかし、ここで呑んだお酒はどれも抜群に美味しい。ちゃんとした丁寧な仕事をして作られた日本酒という感じで、いままで偏見もっていて申し訳ないと思ってしまうくらい。

酒のつまみについては、本当にちょこっとつまむくらいなのでご飯のかわりにはならない。お酒を楽しむことを追求した方がいい。飲み比べをしたあとは、自分好みなものを選んでいくのもまた楽しい。店主の方はかなりこだわりがあって話しも深いので相談してみるのもおすすめ。

つまみは「新ごぼう」が美味しかった
つまみは「新ごぼう」が美味しかった
北川本家が造っている富翁
北川本家が造っている富翁

伏見といえば松本酒造のお酒が美味しいっていう印象だったのだけど、この地では小さい酒蔵みたい。他にも沢山あって、とくに気に入ったのは北川本家が造っている富翁というお酒。豊かな香りがあって、飲み口も美味しい。楽しいお店だなあ。

伏見のお酒について印象が変わり、そして理解が深まるような体験だった。

吟醸酒房 油長
住所:京都府京都市伏見区東大手町780
時間:11:00-22:00
休み:火

Related Post

リオデジャネイロで「イパネマの娘」のレストランに行ってきた... 高校生のときにBossa Novaという音楽に出会って、それ以来あのまったりしているけれど、精緻に組み立てられた音楽の魔法にかけられている。 で、高校生のときの僕にはブラジルなんてあまりにも遠くて、この音楽ができたリオデジャネイロに行くことなんてないだろうなあ・・なんて考えていたのだけど、どう...
中環でクラフトビールを飲むならばここ!Tipping Point Brewing Co.に通いたい... 友人に教えてもらった中環にあるクラフトビールのお店。Tipping Point(ティッピング・ポイント)という店名がいいよな。マルコム・グラッドウェルの著書を思い出す。ここも、口コミで人気になりつつあるバーのひとつで、ロケーションのよさと営業時間の長さから行きやすいところだと思う。 Tippi...
松本ブルワリーはここでも飲める!オールドロックでクラフトビール... 中町通りの松本ブルワリーでビールを飲んで、松本に住んでいる友人と飲み明かして相当酔っていたのだが、そのあと一人で二次会に行ってみることにした。 場所は松本のパルコ近くにあるオールドロックというビアパブみたいなところで、イギリスのパブっぽい雰囲気がある。立ち飲みとかも出来る感じ。夜遅い時間に来た...
佐賀の「花たろう」で佐賀的な地産地消を楽しむ... 佐賀の地元の人に連れて行ってもらったお店。今回で2回目なのだけど、豪華な食事といえばここっていう感じ。日本酒の種類も豊富だし、なにより佐賀の新鮮な魚を食べることができる。 食べログには全然クチコミないのだが、隠れた名店で、できればそのままにしておきたい存在であるけれど、あまりに美味しかったので...
野崎商店(新橋)で日本酒を楽しむ 外観 おいしい日本酒飲みに行きたいなと思っていて、いつもなら四谷三丁目の浅間とか行っちゃうんだけど、もう少し手軽に自分のペースで飲み行きたいと思って探してみたのは新橋にある野崎商店というところ。 新橋駅から徒歩5分くらいで外観は酒屋さんというような感じもする。 結構広いお店なのに...

Feature

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください