油長で呑んだ富翁の日本酒がハッとするくらい美味しくて、ちょっと調べてみたら酒蔵の直営店がすぐ近くにあって、試飲しながら買うことができるとのこと。さっそく行ってみることにした。

おきな屋へのアクセス

京阪の伏見桃山駅からつづく伏見大手筋商店街のアーケードを抜けたさらに先にある。アーケードからは300mくらい離れているだろうか。駅からは徒歩10分くらいといったところ。駅からは一本道なので迷うことはない。

おきな屋と富翁の日本酒

おきな屋をやっている北川本家は1657年の創業で350年以上の歴史がある。日本は歴史の長い会社が多いというけれど、政治体制まで変わっているなかを生き抜いてきた組織ってSFのようでもある。

そして、そんな歴史のあるところなのに、伝統的な製法に留まることなく、新しいことにチャレンジしていく感じがあってそれがまた面白い。ちょっと変わった日本酒もあったりする。新しいものを否定せずに取り込んでいくというのは歴史があってこそのことなのかもな。これが例えば二代目くらいと浅い時間だと、逆に成功体験にこだわりすぎて変化に負けてしまうところが多い気がするもの。

おきな屋

壁から日本酒が出てくる蛇口。
壁から日本酒が出てくる蛇口。

おきな屋は酒蔵が経営する日本酒のお店だけど、お米も販売していて各種の銘柄がある。これもまた面白いところ。しかし、なんといっても試飲しながらお酒を選べるのが楽しい。高いからとか、限定だから美味しいってわけではなくて、自分の好きなものを見つけていく過程って幸せな時間だよなって思う。

ここで面白かったのは樽から直接買うお酒があること。お店の壁に蛇口がついていて、そこから日本酒を量り売りで買うことができる。僕が試飲しているときにもお店にやってきて量り売りで買っていった人がいるけれど、なんか贅沢な感じだなあ・・って思う。

あれこれ試飲して一本買って帰ったけれど、デザートワインみたいな感じで呑むのが楽しみな一本になっている。旅先での新しお酒の出会いっていうのもまた楽しいことだ。

おきな屋
住所:京都府伏見区村上町370-6
時間:10:00-19:00
休み:火

Related Post

「北アルプス 三蔵呑み歩き2013」を体験してきた... 今回の信州旅行において、サイトウキネンと並ぶハイライト。信濃大町で毎秋に開催されている三蔵呑み歩きというイベントに行ってきた。 信濃大町の商店街を中心に半径500mくらいのところに日本酒の酒蔵が三軒あって、イベントの日には参加証を兼ねた専用のおちょこを購入して、各酒蔵を巡りながら、日本酒を飲ん...
祇園の「いづう」では鯖姿寿司と小鯛の雀寿司のセットを楽しめる... 祇園にある「いづう」で京都ならではの姿寿司を食べてきた。見た目の美しさと保存できるというもので、祇園の名店。 創業は天明元年(1781年)ということ。これは徳川家では第10代将軍の徳川家治が統治していて、アメリカでは独立戦争が行われていた時代ということになる。その頃から、この場所にあったお店で...
「かねます」(勝ちどき)高級な和食を立ち飲みでいただく... 立ち飲みなのにミシュランに出てきそうな豪華な和食で平均単価7,000円。そして、お酒を頼むと獺祭が出てくるという・・立ち飲みという固定概念をくつがえすお店があって、週末に行ってみた。 何故、週末に行ったのかというとお店の開店が16:00 - 20:00とかなり中途半端にはやくて予約をとっていな...
祇園フィンランディアバー(FINLANDIA BAR)で京都のバーを堪能する... 今回の京都への旅は急に思い立ったこともあり、行きは新幹線で帰りは深夜バスというスタイル。移動にお金を使わない旅のスタイルなんだよなって自分でも思う。で、バスの出発までの時間は祇園にあるバーで過ごすことにした。 フィンランディアバー(FINLANDIA BAR)へのアクセス いわゆる高級店...
餃子の歩兵、ふたたび。 すいばでほろ酔いになった後、京都に住む友人と合流。思い出の場所という祇園の歩兵で餃子を食べることにする。前回の訪問は真冬のオフシーズンだったけれど、紅葉のハイシーズンには予約しておかないと、スムーズに入店することは難しそうだ。 歩兵は祇園の北側エリアにあり、祇園白河から巽橋を渡ってすぐのところ...

Feature

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です