今回の京都への旅は急に思い立ったこともあり、行きは新幹線で帰りは深夜バスというスタイル。移動にお金を使わない旅のスタイルなんだよなって自分でも思う。で、バスの出発までの時間は祇園にあるバーで過ごすことにした。

フィンランディアバー(FINLANDIA BAR)へのアクセス

いわゆる高級店がならぶ祇園のまん中にある。夜にいくと高級車があちこちにいて雰囲気がすごい。四条通から入ってすぐ南側のごく普通の住居みたいなところに小さな看板を出してやっている。

フィンランディアバー(FINLANDIA BAR)について

FINLANDIA BAR

かつて芸妓さんが個人宅として使っていた住居を利用しているので、お店の作りはちょっと変わっている。玄関をあけてさらにお店の扉をあける感じ。かなり敷居は高いように思えてしまうのだが、別にそんなことなくて、ごく普通のバーとして楽しめる。

そして、フィンランディアバーはその名の通り、フィンランドなど北欧のウォッカがそろっている。

入ってみてしばらくして気づいたのだが、お店との距離感みたいなのが前夜に行ったThe Common One Bar Kyotoとすごく似ている。そしてトイレに行ってみて、両方のショップカードがあって系列店だとはじめて知った。きっとこのお店をやっている人たちの世界観がきれいにそろっているのだろうな、そんな気がする。僕にはこの感じがとても好きな空間。

なにせ、トイレがきれいなお店にははずれがない。このバーのトイレはちょっとした高級ホテルよりも気が利いていると思うので是非ご利用してみてほしいところ。

メニューがなくて、お店の人と話しながら頼むスタイルはCommon One Bar Kyotoと同じ。22時を過ぎると混んでくるので、その前に滑り込むように入れてよかった。

得意なのはやはりフルーツを利用したカクテル。金柑やゆずといったものを使っていて、僕が飲んだときは金柑のフルーツをより感じられるカクテルだったのはこちらのフィンランディアバーの方だった。

FINLANDIA BAR

ロングとショートを一緒に行った地元の友人と飲み比べをしてみたが、どちらも味わいがあって美味しい。

居酒屋と比べると料理があるわけでもないし、お酒の種類も偏っているけれど、僕はこういうお店が好きなんだなあ・・って思える夜だった。あっという間に時間が過ぎてしまい、危うくバスに乗り遅れるところだった。

フィンランディアバー(FINLANDIA BAR)
住所:京都府京都市東山区祇園町南側570-123
時間:18:00-26:00
休み:なし

Related Post

ナイトバザール(チェンマイ)のフードコートは利用価値大... チェンマイってあまり観光地がたくさんあるわけじゃないので、だいたいはナイトバザールという夜市にやって来ると思う。 この夜市は結構面白くて、僕はモンブランのボールペンを1本100円くらいで買って自分で使ったり、お土産に渡したりしているのだが、どこで買ったか言わなければ、かなり喜んでもらえる。 ...
スカイ バーで”ハングオーバーティーニ”とマジックアワーな夕陽を堪能する... バンコクのルーフトップバー巡り。バンコクでのルーフトップ、またはスカイバーの代表的な存在はルブア ステート タワーの最上階63階にあるスカイバーだろうなと思っている。 映画「ハングオーバー!」シリーズでも有名なこのバー。ドレスコードもしっかり厳しくて、サンダル履きとかハーフパンツの男性はグラン...
泰成水果行でフルーツざんまい 台南で今回泊まっている正興珈琲館の斜め向かいにあって、夜になると営業をはじめている果実店がある。 前に来たときは夜は疲れちゃっていたのだが、気になっていたので今回は寄ってみた。どうも、台湾の人たちって締めに甘いものとかスイーツ系を嗜むんじゃないかと思うのだが、ここもそうしたお店のひとつで、店先...
六本木のBrewDog Roppongiでスコットランドのクラフトビールをロックとともに楽しむ... 六本木でちょこっとクラフトビール飲むといえばアントン・ビーが好きだったのだけど、最近ではブリュードッグの方が広くてビールの種類も多くてこっちに流れることが多い。スコットランドのブリュワリーがオープンしたバーでアジア圏では六本木が初めての店舗。 BrewDog Roppongiへのアクセス ...
【閉店】台北の夜は啜飲室でクラフトビール!... 一泊二日で台北旅。短いようで長いこの一日は啜飲室でしめる。同行者は今日始まった旅なのになんだか5日間くらい旅行している気分なんだけど、とかいっている。まあ、その気持ちも分からなくはない。 前回の訪問:2016年の台北では「啜飲室」がもっとも楽しいバーのひとつ - 2016年4月 初日の...

Feature

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください