新橋駅を挟んで、新橋駅前ビルと双璧をなすサラリーマン的な怪しいビルであるニュー新橋ビル。

そのなかでも、もっとも変なところにあるとんかつ屋さん。ニュー新橋ビル自体が結構独特の雰囲気なのに、その4階ともなるとシャッター街みたいになっている。その一画にあるのだが、シャッターだらけのところにとんかつ屋という、ちょっと不思議な感じ。寂れたデパートに忘れ去られたお店みたいな雰囲気がある。

それなのに、ランチタイムには行列ができるほどの人気店。雑誌などのメディアには出てこないけれど、知る人ぞ知るところみたい。

人気の理由はコストパフォーマンスに優れたいいお店だなというところ。そして行列のときには、先にオーダーをとっておいてくれて、絶妙のタイミングで出してきてくれる効率のよさはお客にもお店にも幸せなことだな。

とんかつ明石とんかつ明石

今回はとんかつではなく、カツ丼の気分だったので、そちらをオーダー。大量のキャベツは別でくれるのだけど、それをソースで食べるのもまた美味しい。カツ丼はしっかり衣がついていて、肉が少し固いかなと思うところはあるけれど、臭みもなくて美味しい。ボリュームも結構あって満腹感がある。

このビルの一階にはチェーン系のとんかつ&カツ丼屋が入っていて激安なのだが、そこで食べるならば、たまにはこういうお店でゆっくりと食事を楽しむのもいいんじゃないかと思う。

とんかつ明石
住所:東京都港区新橋2-16-1 ニュー新橋ビル 4F
時間:11:00-15:00,17:00-22:00(土曜日はランチのみ)
休み:日、祝、第1、3土曜日

Related Post

品川のウルフギャング・パックは手軽で無難なビジネスランチに向いている... まず大事なこととして、「ウルフギャング・パック」と「ウルフギャング・ステーキハウス」は全く別のお店であるということ。 かといって、「ウルフギャング・パック」はあざとい偽物ということではなく、アメリカ料理を変えた料理人として高名なシェフであり、アメリカ国内で自分の名前を冠したレストランを経営して...
安曇野翁の蕎麦は地元でも人気 安曇野に住んでいる友人からすすめられていて気になっていた蕎麦屋さん。週末のランチタイムは結構並ぶのだが回転がはやいので何組か並んでいても10分くらい待てば入れる。少し高台の方にありここから一望できる安曇野の風景は美しい。蕎麦もそうだし、この眺望をみる価値もあるお店だなと思う。 お店からみえる...
上郷クローブ座での地産地消ランチ 今回の旅で予約してまで行きたかったハイライトは津南にある上郷クローブ座でのランチ。市原湖畔美術館でみた「ロマネコンティ・ピクニック」とか、食をテーマに活動しているEAT & ART TAROの作品。 古い学校の家庭科室が会場、黒板には越後妻有の風景 今回の上郷クローブ座では、地...
驀仙坊で味わう中目黒の絶品蕎麦 中目黒駅から10分くらい歩いたところ、青葉台にある蕎麦屋さんの驀仙坊。「ばくざんぼう」と読むのだが、最初は絶対わかんないよな。 ちょっとカフェみたいな外観のお店なのだけど、店内はアンティークショップみたいな感じで調度品とかもおしゃれ。席の間隔にゆとりがあるのがいいなって思う。 お店の外...
【閉店】アラウィのジャークチキンは中南米の味がする本物感... 恵比寿でがっつりとランチを食べたいときには、駅からすこし離れているけれど、アラウィのジャークチキンがおすすめ。 ジャークチキンとはジャマイカのローカルフードで、さまざまなスパイスでミックスした鶏肉を直火で焼き上げナイフでぶつ切りにしたもの。ココナッツ風味のライスもまたこれにあう。 最初に...

Feature

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください