小さな飲食店がひしめいていて、そのどれもが名店である保安路にある屋台のようなお店。茂雄蝦仁肉圓の向かい側にあるので、食べ歩きしてみたりするのも楽しい。

台南といえば牛肉湯というくらいに色んなお店があるのだが、そのなかでも阿村牛肉湯は名店のひとつ。店名に1968年とあるのだがもう50年以上の歴史があるのかってちょっと感動する。

阿村第二代牛肉湯

お店のお姉さんはカタコトの日本語であれば通じる。ここではやはり牛肉湯がおすすめ。テールスープみたいな感じのなかに、赤身の牛肉をくぐらせただけというレアなお肉が入ってくる。スープは臭みの少ない上品な味。

アクセントには生姜がついてくるのだが、牛肉と一緒に食べると臭みもなくなりまた美味しい。濃厚な赤身の肉は旨みをすごく感じるもので、肉好きであればここの牛肉湯は気に入るんじゃないかと思う。

阿村第二代牛肉湯

スープに牛肉というすごくシンプルなこの料理。台南の人たちは朝食に食べることが多いみたいで、朝は4:00からやっているのだが、8時には売り切れてしまうみたい。なので、こだわりがなければ夕方に行ってみるのもいいんじゃないかと思う。

阿村牛肉湯(1968年)
住所:台南市中西區保安路41號
時間:4:00- , 18:00- それぞれ売り切れまで
休み:月曜日の夜、火曜日朝

Related Post

【閉店】小漁村熱炒のビアガーデンが楽しい... 台南を旅行中にブログを読んでいる人と会うことになった。同じタイミングで同じ土地を旅しているなんて・・こんな奇遇はないだろう!って僕が勝手に盛り上がって誘ってみたところ。本当におつきあいいただきありがとうございます。 で、今回の食事は興居 台南のオーナーに「おすすめのところある?」って聞いて教え...
民生路無名意麵で台南名物の意麺を食べる... 台南に住んでいる人におすすめされて行ってみたところ。意麵(意麺)とは台南発祥の料理(本当に台南発の料理が多い)で細めのちぢれ麺を使った料理。湯意麵だとスープ入り、乾意麵だとスープなしになる。僕は乾意麵の方が焼きそばっぽくて好き。 民生路無名意麵へのアクセス その名前の通り、民生路にあるお...
「聖記軟骨飯專賣店」で夕食。地元の人で賑わっている軟骨飯って絶品だった。... 台南に住んでいる人から教えてもらった地元に愛される小吃のお店。もうこの街を旅して何度目かだけど、まだまだ新しい料理が出てくるなあ。 地元のソウルフード的な存在だけど、旅人が食べてもその美味しさを理解することができる味だ。 聖記軟骨飯專賣店へのアクセス 南北に延びる海安路とまじわる民生路二段...
義成水果店でフルーツ堪能 台南に限ったことじゃないかもしれないのだが、台湾の人たちは食後にフルーツを食べるのが好きらしく、そして、フルーツには思い入れがあるみたいな気がする。 なので、フルーツの専門店という果物屋さんがあり、その店先で夜遅くまでフルーツを食べることができるのではないかと思っている。なにせ、こちらの果物っ...
ひさびさの合成帆布行へ行ってきた ひさびさの台南ということもあり、合成帆布行へ行ってみることにした。台南には帆布バッグのお店がいくつかあるのだけれど、合成帆布行がもっとも手頃で使い勝手のセンスもよく手頃だと思う。 以前の訪問 合成帆布行 – 手頃な帆布バッグならここ 合成帆布行はお土産に最適 アクセス 国鉄...

Feature

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください