小さな飲食店がひしめいていて、そのどれもが名店である保安路にある屋台のようなお店。茂雄蝦仁肉圓の向かい側にあるので、食べ歩きしてみたりするのも楽しい。

台南といえば牛肉湯というくらいに色んなお店があるのだが、そのなかでも阿村牛肉湯は名店のひとつ。店名に1968年とあるのだがもう50年以上の歴史があるのかってちょっと感動する。

阿村第二代牛肉湯

お店のお姉さんはカタコトの日本語であれば通じる。ここではやはり牛肉湯がおすすめ。テールスープみたいな感じのなかに、赤身の牛肉をくぐらせただけというレアなお肉が入ってくる。スープは臭みの少ない上品な味。

アクセントには生姜がついてくるのだが、牛肉と一緒に食べると臭みもなくなりまた美味しい。濃厚な赤身の肉は旨みをすごく感じるもので、肉好きであればここの牛肉湯は気に入るんじゃないかと思う。

阿村第二代牛肉湯

スープに牛肉というすごくシンプルなこの料理。台南の人たちは朝食に食べることが多いみたいで、朝は4:00からやっているのだが、8時には売り切れてしまうみたい。なので、こだわりがなければ夕方に行ってみるのもいいんじゃないかと思う。

阿村牛肉湯(1968年)
住所:台南市中西區保安路41號
時間:4:00- , 18:00- それぞれ売り切れまで
休み:月曜日の夜、火曜日朝

Related Post

B.B.ARTは台南アートの発信地でありカフェも素敵な空間... 今回、台南を訪れた時期はちょうどTainan Art Festivalを開催しているタイミングで街中にもいくつかアート作品があったりした。 B.B.ARTはそんななかでも中心的な存在でアートギャラリーとしてもおもしろく居心地のいいカフェもあったりして興味深いところだった。 B.B.ART...
民楽旗魚米粉湯での朝食ふたたび 前回の土日台北旅では、ホテルに荷物を置いて迪化街へ向かったのだが、このルートは意外と効率がよかったので今回の旅でも朝は迪化街に向かうことにする。 以前の訪問:民楽旗魚米粉湯で台北の地元感ある朝食 前回もそうだけど、金曜日の夜まで日本にいて、週末の朝食を友人と台北の屋台みたいな店で食べると...
台南に来たならば「永記虱目魚丸」の肉燥飯と綜合湯を食べてみてほしい... 台南ではすごく有名なお店みたいで、ここで肉燥飯を食べながらinstagramに写真アップしたら「綜合湯も試してみて!」といわれたので、慌てて追加オーダーしてみたくらい。地元の人にとっても、台南に来たらここがおすすめのようだ。 アクセス 孔子廟からすぐ近くで、福記肉圓からも歩いて数分のとこ...
台南を旅する3つの理由。 僕がこの世界中のなかで最も好きな街のひとつが台南。台湾というと台北に行く人は多いし、もちろんそれは楽しいのだけど、ちょっと新幹線で足を延ばして台南に来てみると、また違った台湾の一面をみることができるはず。 なにしろ台北よりも物価が安く、そしてコンパクトに小さい街は散歩するにはぴったりのサイズ。...
「聖記軟骨飯專賣店」で夕食。地元の人で賑わっている軟骨飯って絶品だった。... 台南に住んでいる人から教えてもらった地元に愛される小吃のお店。もうこの街を旅して何度目かだけど、まだまだ新しい料理が出てくるなあ。 地元のソウルフード的な存在だけど、旅人が食べてもその美味しさを理解することができる味だ。 聖記軟骨飯專賣店へのアクセス 南北に延びる海安路とまじわる民生路二段...

Feature

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください