小さな飲食店がひしめいていて、そのどれもが名店である保安路にある屋台のようなお店。茂雄蝦仁肉圓の向かい側にあるので、食べ歩きしてみたりするのも楽しい。

台南といえば牛肉湯というくらいに色んなお店があるのだが、そのなかでも阿村牛肉湯は名店のひとつ。店名に1968年とあるのだがもう50年以上の歴史があるのかってちょっと感動する。

阿村第二代牛肉湯

お店のお姉さんはカタコトの日本語であれば通じる。ここではやはり牛肉湯がおすすめ。テールスープみたいな感じのなかに、赤身の牛肉をくぐらせただけというレアなお肉が入ってくる。スープは臭みの少ない上品な味。

アクセントには生姜がついてくるのだが、牛肉と一緒に食べると臭みもなくなりまた美味しい。濃厚な赤身の肉は旨みをすごく感じるもので、肉好きであればここの牛肉湯は気に入るんじゃないかと思う。

阿村第二代牛肉湯

スープに牛肉というすごくシンプルなこの料理。台南の人たちは朝食に食べることが多いみたいで、朝は4:00からやっているのだが、8時には売り切れてしまうみたい。なので、こだわりがなければ夕方に行ってみるのもいいんじゃないかと思う。

阿村牛肉湯(1968年)
住所:台南市中西區保安路41號
時間:4:00- , 18:00- それぞれ売り切れまで
休み:月曜日の夜、火曜日朝

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です