台南名物のひとつである「米糕」という料理。それにしても、台南って街の規模としてはそれほど大きくないのにこのグルメの充実度はなんなんだ!って思う。

「米糕」とはそのままの字を訳すとお米のケーキということになる。しかし、実物はというと粽と丼の中間のような存在。蒸したもち米の上に豚肉とか田麩(でんぶ)という魚のフレークみたいなものがたっぷりとかかっているご飯料理である。ひとつの量は少ないので、小腹を満たすためにちょっと食べるというおやつ的な存在でもある。

ということで「米糕」の有名店のひとつである落成米糕で食べてみることにした。

落成米糕へのアクセス

赤崁樓のある民族路二段の通り沿いにある。観光客にも有名な赤崁担仔面からも通りを挟んですぐのところ。小さなお店なので見逃してしまいそうになるくらい地味なのだけど、店先で竹のカゴみたいなのでもち米を蒸す昔ながらスタイルで米糕を作っている。

落成米糕について

開店したのは1966年と50年以上前からある由緒正しきお店。昔ながらのスタイルで米糕を提供している。他にもスープ類などもあったのだけど、今回は小吃づくしの旅なのでまずは米糕をオーダー。小さいお椀に入ってくるのだけど、もち米なので思いのほかボリュームを感じる。

上に乗っている具材も豚肉や田麩のほか、ピーナッツを蒸したものなんかものっていてなんかすごい豪華な魯肉飯という感じがする。そして、魯肉飯のようなこってりさがないので米糕の方が優しい感じ。

日本だったらこんな料理っていう例えがないのだけれど、こういうバランスがよくて万能性の高い丼っていいよなって思う。肉(豚肉)も魚(田麩)も野菜(キュウリ、ピーナッツ)も入っている。はじめて食べる料理だけれど、台南グルメの奥深さを感じるものだった。これはうまい。

落成米糕店
住所:台南市中西區民族路二段241號
時間:10:30-21:00

Related Post

台北で最も古い麺料理店のひとつ「賣麺炎仔」での朝食もおすすめ... 迪化街のさらに北側にあって、小学校の裏手の通りにひっそりとあるお店。交通量もそれほど多くないのだけど、この一画だけはバイクが並んでいてにぎわっている。賣麺炎仔は台北でもっとも古い麺料理店のひとつで、もともとは屋台だったのがいまは小吃店になっている。 入口にせりだすようにあるカウンターのテーブル...
台南小吃旅シーズン2 2016年の3月、ひさびさに台南を旅してすっかり気に入ってしまう(詳しくは「台南小吃グルメを食べ歩く散歩旅(2016年3月) 」にて)。そして、その2ヶ月後にはやくもまた来てしまう。タイガーエアというLCCが味方してくれているとはいえ、まあ結構な頻度だよなって自分でも思う。 でも、台南という街...
集品蝦仁飯のエビ飯は、まさに台南小吃の味がする... 台南に来たら一度くらいは蝦仁飯を食べておきたいところ。今回訪れたのは、小吃グルメの激戦地である海安路沿いにあるお店。 朝から夜まで営業していて、気になっていたところ。ようやくにして行くことができた。お店の人の雰囲気も含めていいところだった。そして、すごい美味しかった。台南、やっぱり好きだなと改...
道南館でゆっくりとした時間を過ごす... 美味しいコーヒー飲みたいなと思って、朝からやっているところを探したどり着いたところ。以前に泊まった「興居 台南」のほんの斜め前にあるところで、またあの宿にも泊まりたいなあって思ってしまう。 道南館へのアクセス 民權路二段の通り沿い、新美街に入る路地の入口あたりにある小さなカフェ。大天后宮...
信裕軒のお菓子は台南土産におすすめ... 台南グルメは小吃だけじゃなくて、お土産にうってつけなお菓子もある。見た目にもきれいだし、小分けにして渡すのにも最適で、なにより美味しい老舗のお菓子屋さんである信裕軒へ行ってきた。 信裕軒へのアクセス 赤崁樓のすぐ近くで、民族路二段の通り沿いにある。思っているよりもだいぶ小さなお店なので見...

Feature

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.