台南名物のひとつである「米糕」という料理。それにしても、台南って街の規模としてはそれほど大きくないのにこのグルメの充実度はなんなんだ!って思う。

「米糕」とはそのままの字を訳すとお米のケーキということになる。しかし、実物はというと粽と丼の中間のような存在。蒸したもち米の上に豚肉とか田麩(でんぶ)という魚のフレークみたいなものがたっぷりとかかっているご飯料理である。ひとつの量は少ないので、小腹を満たすためにちょっと食べるというおやつ的な存在でもある。

ということで「米糕」の有名店のひとつである落成米糕で食べてみることにした。

落成米糕へのアクセス

赤崁樓のある民族路二段の通り沿いにある。観光客にも有名な赤崁担仔面からも通りを挟んですぐのところ。小さなお店なので見逃してしまいそうになるくらい地味なのだけど、店先で竹のカゴみたいなのでもち米を蒸す昔ながらスタイルで米糕を作っている。

落成米糕について

開店したのは1966年と50年以上前からある由緒正しきお店。昔ながらのスタイルで米糕を提供している。他にもスープ類などもあったのだけど、今回は小吃づくしの旅なのでまずは米糕をオーダー。小さいお椀に入ってくるのだけど、もち米なので思いのほかボリュームを感じる。

上に乗っている具材も豚肉や田麩のほか、ピーナッツを蒸したものなんかものっていてなんかすごい豪華な魯肉飯という感じがする。そして、魯肉飯のようなこってりさがないので米糕の方が優しい感じ。

日本だったらこんな料理っていう例えがないのだけれど、こういうバランスがよくて万能性の高い丼っていいよなって思う。肉(豚肉)も魚(田麩)も野菜(キュウリ、ピーナッツ)も入っている。はじめて食べる料理だけれど、台南グルメの奥深さを感じるものだった。これはうまい。

落成米糕店
住所:台南市中西區民族路二段241號
時間:10:30-21:00

Related Post

台北で最も古い麺料理店のひとつ「賣麺炎仔」での朝食もおすすめ... 迪化街のさらに北側にあって、小学校の裏手の通りにひっそりとあるお店。交通量もそれほど多くないのだけど、この一画だけはバイクが並んでいてにぎわっている。賣麺炎仔は台北でもっとも古い麺料理店のひとつで、もともとは屋台だったのがいまは小吃店になっている。 入口にせりだすようにあるカウンターのテーブル...
台南屈指の高級中華料理店「阿霞飯店」で夕食を食べてきた。... 今回の台南旅では現地で友人と合流したりして、いつもと違う旅のスタイルというところがある。人数も集まったので、一度は行ってみたかった阿霞飯店で夕食を食べてみることにした。お店のロケーションは旧市街の中心地なのだけど、お店は裏通りにあるのでタクシーなどで行くと分かりづらいかもしれない。そして、夜は結構薄...
世界で二番目に美しい地下鉄駅、美麗島駅の光之穹頂 The Dome of Lightは必見のアート... 高雄で最大の見どころのひとつであり、必見なのは美麗島駅の光之穹頂 The Dome of Lightだと思う。「Bootsn All」が2011年に"15 of the Most Beautiful Subway Stops in the World(世界でもっとも美しい地下鉄駅トップ15)"の二番...
來了はカフェとしての利用もおすすめ... 2016年現在、台南でおもしろくなってきそうなエリアのひとつは新美街という小さな路地が通るエリア。台南のよさである古い建物をリノベーションして居心地のよい空間をつくり出していて、新しい文化の発信地になってきている。そして、今回訪れた來了はそんななかでも有名なところのひとつ。 2019年:宿にも...
兩倆は台南古民家カフェの最先端な場所... 台南の新しいトレンド発信地が新農街から信義街にもひろがってきているような感じがするカフェ。カフェだけでなく、新しいアートの発信地としても面白い。 兩倆へのアクセス 台南市街地からみると北西側、新農街から北に向かって進んだエリアである信義街という路地にある。兩倆以外にも古民家をリノベーショ...

Feature

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください