路地裏にある駄菓子屋さんみたいな雰囲気のところで、昼下がりにのんびりと、おやつにぜんざいを食べる幸せな世界がここにある。学校帰りにこういうところがあったら確実に通っていただろうな。ちなみに、店名の「慕ㄇㄨˋ」というのはまったく読み方分からなかったのだが、どうやら「ムーホンドウ」と読むらしい。

慕ㄇㄨˋ紅豆へのアクセス

新農街を北にいった路地裏・・というのが正しい表現かなと思う。康楽街を北にすすみ、民族路三段の交差点から路地に入り込んだところの先にある。お店の前は駐車場みたいな広場になっていて、お店は普通の一軒家みたいな感じ。表にベンチがあってそこで食べることもできる。

慕ㄇㄨˋ紅豆

慕ㄇㄨˋ紅豆について

台南グルメは小吃という印象だけど、デザートとかおやつのジャンルも色々とある。そんななかで、僕が好きなのは慕ㄇㄨˋ紅豆というお店で、路地裏の古い建物をリノベーションしたお店の雰囲気を含めて台南らしさを感じるところ。

メニューは小豆を使ったものが数種類あるだけなのだが、定番でおすすめなのは紅豆湯というもの。サツマイモが入っている「ぜんざい」というのがしっくりくるデザートなのだが、お店の女の子は「おしるこ」っていう表現をしている。まあ、どちらも似たようなものか。

店内
店内
ぜんざいのような紅豆湯
ぜんざいのような紅豆湯

小豆もサツマイモも台湾産のものを使っていて、甘ったるさのない、すごくシンプルで素朴な味がする。外は暑い昼下がりにお店の軒先でこういうのを食べたりして過ごす時間って、夏休みが戻ってきたみたいで本当に貴重で楽しい時間だなって気がする。

お店のある場所は路地裏ということもあり、車通りもほとんどなくて、ときおり原付バイクが通り抜けるくらい。静かなものです。華やかさはないけれど、台南らしい場所であるということであればこういうところでおやつを食べて過ごすというのはとても贅沢で幸せだと思う。

慕ㄇㄨˋ紅豆
住所:台南市民族路三段148巷35號
時間:12:30-18:00
休み:月-水(木-日のみの営業)

Related Post

ついに行けた!武廟肉圓の絶品バーワン... 2016年5月の訪問のタイミングでお店が臨時休業していたため行けずにいた武廟肉圓へついに行くことができた。もしかしたらやっているかなとダメ元で行ってみたら普通に営業をしていて拍子抜けしてしまった。どうも前にきたときはなにか工事をしていて臨時休業中だったみたいだ。 ということで、ようやく食べられ...
小布施堂で究極のモンブラン「朱雀」をいただく... 前から気になっていたんだけど、なかなかタイミングがあわずに逃していた小布施堂の朱雀。2週間の期間限定とか短い。 今回、意を決して、このためだけに行ってみよう!と小布施へ行ってみた。深夜に家を出発して、関越道から上信越道へと抜けていく。小布施サービスエリアのETC出口から小布施堂までは車で5分く...
北野であれば「粟餅所 澤屋」ははずせない。330年を越える老舗の粟餅は絶品。... 大徳寺で寺院めぐりしていると日もあがってきて、そこからさらに京都市街へと戻ってくる。バスで10分くらい、歩いても20-30分くらいで北野天満宮があるエリアまでやって来ることができる。 ここまで来ると北野天満宮への参拝もいいけれど(今回はパスしましたごめんなさい)、門前にある「粟餅所 澤屋」に行...
築地「茂助だんご」の三兄弟を食す 築地にある老舗の団子屋さん。創業が明治31年(1898年)というから、100年以上の歴史がある。いまでは場外にも支店がいくつか出来ているけれど、行ってみたのは水神社のすぐ近くで創業当時の面影を残している、昔から営業しているお店。 お店の軒先でお団子を販売していて、店内にはテーブル席がいくつかあ...
西門町芒菓冰 – 普通においしいマンゴーかき氷... 西門あたりを散歩していて、マンゴーかき氷の有名店と書いてあったので、立ち寄ってみた。 西門の繁華街からは外れているけれど、前に泊まったサービスアパートとか、足裏マッサージの足満足とかはかなり近い。なんで、前に来たときに何度も前を通っていたのに、なんで気がつかなかったんだろう。 ということ...

Feature

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.