台南に住んでいる人におすすめされて行ってみたところ。意麵(意麺)とは台南発祥の料理(本当に台南発の料理が多い)で細めのちぢれ麺を使った料理。湯意麵だとスープ入り、乾意麵だとスープなしになる。僕は乾意麵の方が焼きそばっぽくて好き。

民生路無名意麵へのアクセス

その名前の通り、民生路にあるお店。正興街からは近くて深夜まで営業しているので、夜中にちょっと小腹を満たすみたいな感じでいけるのはよさそう。

民生路無名意麵について

意麺は麺はちょっとB級グルメ感のある風合いで、決して高級感がある料理ではない。でも、なんかこうたまにカップ焼きそば食べたくなるような気分で意麺が食べたくなるっていう感覚がある。

ここの意麺はチープで素朴な感じが美味しい。決して高級感を求めてはいけない。駄菓子屋で食べる料理みたいな感覚だな。どうってことない料理なのに印象に残る。

乾意麵

しかし、民生路無名意麵は正興街からも近くて便利な立地にあるのだけれど、ここへ行くならまずは西門市場の福榮意麵へ行くのもいいと思う。

そして、今回は店内で食べたのだけど、鍋の熱気が店内の方に向かってくるので結構暑かった。表のテーブルで食べる方が、まだ涼しくてよさそう。地元感あるお店の雰囲気も含めていいお店。台南発祥料理食べ歩きっていうのでもいいかと。

民生路無名意麵
住所:台南市中西區民生路二段112號
時間:16:00 – 2:00
休み:なし

Related Post

細かいルールには意味がある。立石の宇ち多゛(うちだ)で下町居酒屋を体験する。... かつて友人が住んでいたこともあり何度か来ていた葛飾の立石。浅草からさらに東に行ったところにある、もはや千葉に近い下町ともいえるこの街は個性的なお店が多くある。 そのなかで、今回はもっとも人気がある宇ち多゛(うちだ)へ行ってみることにした。入店と食事に際しては細かいルールがあり、変なことはないの...
毛豆咖啡は楽しく居心地のいいカフェ... 台南にある小さなカフェ。通りを歩いていたら小さな看板があって入ってみたところ。女の子ふたりでやっている手作り感ある楽しいカフェだった。居心地よくておすすめ。 毛豆咖啡へのアクセス 国鉄台南駅から徒歩圏内。駅から正面にのびている成功路を歩いて行き、進行方向右手に大観音亭という寺院が出てきた...
胡椒餅といえば定番「福州世祖胡椒餅」... 台北初日は夜に到着して、西門のあたりを散歩して阿宗麵線を食べたあと、ホテルまで歩いて戻るなかで台北駅近くの福州世祖胡椒餅で胡椒餅を買ってみた。今回泊まった台北駅すぐ近くの新驛旅店(台北車站一館) からは徒歩ほんの数分といったところ。 台北の夜の街ってなんてことないけれど、こういう風に手軽におい...
鳳冰果舖はいま一番台南でおすすめしたいフルーツ専門カフェ... いま台南でどこのエリアに興味があるかといえば新美街のエリアで、そのなかでも一番好きなのは鳳冰果舖というフルーツ専門のカフェ。ここで美味しい果物たちに出会ってからというもの、すっかり果物好きになった僕は日本でも美味しい果物屋さんを巡るようになってしまった。それくらい僕のライフスタイルにインパクトがあっ...
丸林魯肉飯の定番魯肉飯ふたたび 前に常宿にしていたリビエラホテルから近くにあって、よく行っていた丸林魯肉飯。 台北美術館から近かったので、すごい久々に立ち寄ってみた。(前回の訪問はこちら) 同じ街に旅行しに来ているのに、行動範囲が変わるとここまで来なくなるものだなと実感する。 いま金峰魯肉飯を知ってしまった舌とし...

Feature

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.