台南の旧市街地の目抜き通りにあるひときわ古い建物。僕が最初に台南に来たときにはまだ廃墟の空きビルだったのだが、2014年6月に林百貨としてオープンしている。

しかし、街の中心地にある廃屋ビルを30年以上放置しておくってすごい。

もともとは日本統治時代の1932年に開業した百貨店で当時では最先端の技術が使われていたみたいだ。いまではレトロな雰囲気になっているがエレベーターもあったりして格好いい。店内のインテリアも、曲線が多用されていてバルセロナのカサ・ミラの中みたいだなとか思ってしまう。

店内
店内

フロア毎にテーマが分かれているけれど、共通しているのは台湾製の商品を取り扱っているところ。Made in Taiwan(MIT)の商品が集まっているので、お土産を探したりするにもいい。とくに、合成帆布とコラボレーションした帆布のバッグなどはかわいくて、「林さん」という名前の友達がいたら是非買っていってあげたいくらい。

合成帆布とのコラボ商品などもある
使い道のない微妙なものだと思っていたら、後日食堂の入口にかけられていて納得する

台北などで展開しているMoguの製品も種類多く取り扱っているので、ショッピングに関してはだいたいここでいいんじゃないかと思ってしまう。

夜はライトアップもされていて、それもまた美しい。普通の食料品とか雑貨は全くないけれど、お土産ものを探すには22:00までやっている営業時間含めてとても利便性が高くて見どころのおおいところだと思う。

林百貨
住所:台南市忠義路二段63号
時間:11:00-22:00
休み:なし

Feature


Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です