台南の旧市街地の目抜き通りにあるひときわ古い建物。僕が最初に台南に来たときにはまだ廃墟の空きビルだったのだが、2014年6月に林百貨としてオープンしている。

しかし、街の中心地にある廃屋ビルを30年以上放置しておくってすごい。

もともとは日本統治時代の1932年に開業した百貨店で当時では最先端の技術が使われていたみたいだ。いまではレトロな雰囲気になっているがエレベーターもあったりして格好いい。店内のインテリアも、曲線が多用されていてバルセロナのカサ・ミラの中みたいだなとか思ってしまう。

店内
店内

フロア毎にテーマが分かれているけれど、共通しているのは台湾製の商品を取り扱っているところ。Made in Taiwan(MIT)の商品が集まっているので、お土産を探したりするにもいい。とくに、合成帆布とコラボレーションした帆布のバッグなどはかわいくて、「林さん」という名前の友達がいたら是非買っていってあげたいくらい。

合成帆布とのコラボ商品などもある
使い道のない微妙なものだと思っていたら、後日食堂の入口にかけられていて納得する

台北などで展開しているMoguの製品も種類多く取り扱っているので、ショッピングに関してはだいたいここでいいんじゃないかと思ってしまう。

夜はライトアップもされていて、それもまた美しい。普通の食料品とか雑貨は全くないけれど、お土産ものを探すには22:00までやっている営業時間含めてとても利便性が高くて見どころのおおいところだと思う。

林百貨
住所:台南市忠義路二段63号
時間:11:00-22:00
休み:なし

Related Post

チェンマイの朝市とお粥屋台での朝食... 今回泊まっているタニータハウスの朝食はおいしいのだが、ちょっと飽きたのでピン川をはさんで反対側にあるワロロット市場(Waroros Market)へ行って朝食を食べつつお土産物を探してきた。 この市場の歴史は古くて、だいたいはチェンマイで市場というと、こちらのワロロットということでいいんじゃな...
高雄でのトランジット&ショートトリップ... 台南への旅行がメインだったけれど、飛行機は高雄発着だったこともあり、帰りに一泊してみることにした。僕としては旅をしていても高雄にはあまり特徴を感じることがなく、台南にあるような旅情もない、ミニ台北みたいな街だなと思っている。印象が悪いわけではないけれど、台南のよさの前には少しかすんでしまうというとこ...
休日の高雄、港湾のエリアを散歩する... 街中はせわしない感じだったので、港湾エリアを歩いてみることにする。横浜のみなとみらいのあたりみたいな雰囲気があって散歩には気持ちがいいところだった。 休日に一二三亭から道なりに歩いて行くと、空には凧がお正月かよっていうくらいあがっているのが見える。ここはかつて鉄道駅だったところみたい。いまでは...
台南では赤崁擔仔麵の擔仔麵も見逃せない... 台南発祥の擔仔麵(タンツー麺)料理では度小月が有名だけど、台南において同じくらい支持されているのは赤崁樓のすぐ近くにある「赤崁擔仔麵」。 広くておしゃれな店内含めて度小月と同じくらい素晴らしいレストランだと思う。なんとなく居酒屋っぽい雰囲気は昼からビール飲みやすい。そして、度小月と違い台南にし...
やはり永盛帆布行の帆布バッグが好きなのである... 台南で度小月本店のすぐ隣くらいにある永盛帆布行という帆布バッグの工房兼ショップ。 ちょっとした自転車屋さんくらいの本当に小さなお店で、ミシンや帆布のロールが並んでいて全然オシャレな感じとかないのだが、ここで出来上がるバッグたちがどうにも好きなのです。 ということで、こちらも前回につづいて再訪...

Feature

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください