台南の旧市街地の目抜き通りにあるひときわ古い建物。僕が最初に台南に来たときにはまだ廃墟の空きビルだったのだが、2014年6月に林百貨としてオープンしている。

しかし、街の中心地にある廃屋ビルを30年以上放置しておくってすごい。

もともとは日本統治時代の1932年に開業した百貨店で当時では最先端の技術が使われていたみたいだ。いまではレトロな雰囲気になっているがエレベーターもあったりして格好いい。店内のインテリアも、曲線が多用されていてバルセロナのカサ・ミラの中みたいだなとか思ってしまう。

店内
店内

フロア毎にテーマが分かれているけれど、共通しているのは台湾製の商品を取り扱っているところ。Made in Taiwan(MIT)の商品が集まっているので、お土産を探したりするにもいい。とくに、合成帆布とコラボレーションした帆布のバッグなどはかわいくて、「林さん」という名前の友達がいたら是非買っていってあげたいくらい。

合成帆布とのコラボ商品などもある
使い道のない微妙なものだと思っていたら、後日食堂の入口にかけられていて納得する

台北などで展開しているMoguの製品も種類多く取り扱っているので、ショッピングに関してはだいたいここでいいんじゃないかと思ってしまう。

夜はライトアップもされていて、それもまた美しい。普通の食料品とか雑貨は全くないけれど、お土産ものを探すには22:00までやっている営業時間含めてとても利便性が高くて見どころのおおいところだと思う。

林百貨
住所:台南市忠義路二段63号
時間:11:00-22:00
休み:なし

Related Post

茂雄蝦仁肉圓で台南のエビ・バーワンを食べてみる... 台南を食べ歩いてきたので、その記録。夕方に正興街から南に向かって5-6分も歩くと大通りを越えて賑やかな通りに出てくる。そこが保安路というエリアになっていて、屋台みたいに小さな飲食店が並んでいる。 ここのエリアは色々と美味しいお店が多いので、食べ歩きしがいがあるのだが、そのなかでまず行ってみたの...
ハーン(HARNN)のナチュラルソープは配り土産に最適... タイのホームスパとしてすっかり定着した人気ブランドのハーン。日本にも進出してきているが、バンコクでは手軽に買えるので配り土産にも最適だと思う。 バンコクでのショップはサイアムパラゴンの4階にあり、ちょっと奥の方にある「タイ発のブランドまとめ」みたいなフロアの一画にある。前はもっと大きな独立した...
小林雞肉飯は高雄まで食べに来る価値がある... 台南に住んでいる人に教えてもらったお店。雞肉飯は台湾南部の嘉義という街が発祥で、僕としては魯肉飯よりもさっぱりとしていて美味しいと思ったし、これから日本でも流行りそうな感じがしている。 小林雞肉飯は高雄の市街地のなかでもちょっと離れたところにあり、あまり観光客が行くようなエリアではなさそうだけ...
赤崁樓は台南観光ハイライトのひとつ... グルメな台南の街だけど、それ以外にも見どころがある。観光地としてのみどころのひとつは、古い城砦のひとつである赤崁樓。旧市街のなかにあるので行きやすい観光地のひとつだと思う。 赤崁樓へのアクセス 台南駅からまっすぐにのびている民族路の通り沿いにある。台南駅からは歩いて20分くらい。旧市街の...
一澤帆布と㐂一澤帆布 シタディンに荷物をおいてバスで向かったのは一澤帆布。一時期は信三郎帆布という名前ですぐ近くに店舗があったりしたこともあるが、いまではもとの場所に戻っている。 昔は本当にシンプルな品揃えで分厚い生地で無骨な帆布バッグばかりだったのだが、信三郎帆布を経ての一澤はラインナップに幅がでてきて、僕はこう...

Feature

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください