台南小吃食べ歩きもそろそろラスト、肉圓の有名店に訪れてみたら、店先で肉圓を作っていてそれを眺めながら食べていた。蒸される前の肉圓はなんだか石けんみたいだ。手際よく餡がつめこまれて蒸し器に並んでいくのをみているだけで飽きることがない。

友誠蝦仁肉圓へのアクセス

開山路沿いにあるお店。窄門咖啡からだと、細すぎる路地を南門路とは逆方向にすすんでいき、それほど細すぎないが入り組んだ路地をすすむとほんの数分でたどり着く。小さな町なので路地裏の散歩をしていても楽しい。

友誠蝦仁肉圓について

肉圓(バーワン)とは台南発祥の不思議な料理で、お米とサツマイモの粉を混ぜた生地で、なかに具材をいれて蒸したり揚げたりするものなのだが、台南の肉圓は蒸されているものがメインになっている。

具材には豚肉が使われることが多いのだが、台南では海が近いこともあり新鮮な海老を使うところも多い。友誠蝦仁肉圓もまたエビを使ったバーワンを提供しているお店。

友誠蝦仁肉圓他にもいくつか小吃メニューがあるのだがおすすめは肉圓だと思う。具材にちょっと独特の風味というか臭みみたいなものがあり、これは好みが分かれるところ。嫌いではないがクセがあるなと思ってしまった。

ただ、作っているところを眺めていると、かなりの量を蒸しているので、人気店には間違えがない。ここに行くならば黃氏蝦仁肉圓をおすすめするけれど、あの店は気分屋なので安定しているこちらに来ておくという手段もあると思う。

友誠蝦仁肉圓友誠蝦仁肉圓友誠蝦仁肉圓
住所:台南市中西區開山路118號
時間:9:00-18:00
休み:なし

Related Post

阿田水果でのおすすめは夜にフルーツの盛り合わせ... よくあるフルーツ店なのだけど、改装されておしゃれな雰囲気。1962年の創業で老舗の部類に入るお店だ。このあたりは冰鄉とか義成水果店や裕成水果行などフルーツ店が多くある激戦区になっている。夜のシメのデザートはこのあたりに来れば問題なし。 阿田水果へのアクセス 新美街の端っこの方、民生路との交差点に...
台南グルメの米糕を食べるなら「原大菜市排骨酥湯」もおすすめ... 台南グルメのひとつに米糕(ミーガオ)という料理があり、これは台湾式の「おこわ」みたいな感じ。もち米を蒸してそこに豚肉とか椎茸とか粽に使いそうな具材や、甘めに漬けたキュウリなどを盛り付けた小さなどんぶりは見た目よりもお腹がいっぱいになる。 台南で食べたのは赤崁樓からほど近い落成米糕のものだけだっ...
醇涎坊鍋燒意麵は台南式な鍋焼きうどんが食べられる... 意麺といういってみればインスタント麺なのだが、この麺が台南では美味しい。意麺といえば、西門市場にある福榮意麵も美味しいし、小杜意麵も人気店でうまい。でも、これらのお店はラーメンのような感じ。 しかし、意麺を鍋焼きうどんのように仕立てた鍋焼意麺というジャンルもあることを知る。そして、そのお店が保...
金峰魯肉飯で朝食のつづきを食べる 早朝に起きて阜杭豆漿で朝食を食べたこともあり、台北の朝はまだ7時半くらい。7月の台北では、そろそろ暑くなってくる時間だけど天気もいいし、気持ちがいい日曜日の朝だ。 というところで、旅の同行者から「台湾といえば魯肉飯が有名だけど、まだ食べていない」といわれたこともあり、腹ごなしの散歩をしながら金...
鳳冰果舖のフルーツは他では味わえないクオリティだと思う... 前回の台南旅行でみつけたお店で、フルーツ店の多い台南のなかでも洗練されたお店の雰囲気とか、立地のよさ含めて一番好きなところのひとつだ。 過去の記事:鳳冰果舖はいま一番台南でおすすめしたいフルーツ専門カフェ 鳳冰果舖へのアクセス 赤嵌楼から数分くらいの新美街という路地にある。この通りのあたり...

Feature

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください