台南第二の都市である高雄の街は台北の小型版みたいな感じで、街中ではあまり印象が残るようなところがなかった。

そんななかで、高雄の港に近いエリアは独特のゆったりとした世界が流れていて見どころの多い、高雄の街では数少ない印象に残る場所。

そんな港の近くにある一二三亭は昔の日本統治時代に料亭として使われていた建物をリノベーションしていて雰囲気のいいカフェになっている。料亭というより、病院みたいな雰囲気があるけれど。

書店喫茶一二三亭へのアクセス

MRTオレンジラインの終点である西子湾駅から徒歩5分。美麗島の駅からだと地下鉄に乗っている時間も含めて15分もあれば到着すると思う。

書店喫茶一二三亭について

日本にもあまり残っていなさそうな古い家屋のスタイルで木の窓枠とかも雰囲気がいい。また、建物の歴史から日本と関わり合いがあるお店になっていて、店内には日本語の書籍も沢山ある。書籍については手にとって読むことができる。昭和のいろいろな懐かしい雰囲気がこのカフェのなかにどんと残っている。

訪れたのは夕方に近い時間だったので、料理を頼むよりもちょっとお茶をする感じ。週末だけど、夕方の時間には空いているみたいだ。

コーヒーはおすすめで、バリスタが一杯ずつハンドドリップで丁寧に淹れてくる姿をみていると、いまさらこのジャンルがサードウェーブと呼ばれていることに違和感がある。三番目ではなく、原点回帰なんじゃないか、とか。

頼んでみたコーヒーはマンデリン。ほどよく酸味が効いていて、ゆっくりと飲み応えがあるものだった。お店のなかには僕以外には女の子の二人組が小鳥がなくみたいに静かな声で話しをしているのが聞こえるくらい。

一二三亭

窓際の席でのんびりとしながら夕方の時間を過ごすのが幸せな過ごし方じゃないかと思う。

書店喫茶一二三亭(ヒフミテイ)
住所:高雄市鼓山區鼓元街4號2樓
時間:10:00-18:00

Related Post

中目黒のオニバスコーヒーはロケーションもよくて最高の一杯が楽しめるところ... 以前から名前だけは知っていて気になっていたロースターカフェであるオニバスコーヒー。「ONIBUS」とはポルトガル語で公共バスという意味で「万人の為に」という語源からとられている。そういえば、リオデジャネイロで空港から乗ったバスがオニバスだったのだけど、あれはバス会社の名前じゃなかったのか・・と数年越...
テラス席も気持ちがいい、恵比寿のMLB Cafe Tokyoでのランチ... 恵比寿ガーデンプレイスの通りをはさんで向かい側にあるレンガ調なちょっと雰囲気のある建物とレストラン。なんだか高いレストランが入っているのかと思っていたのだが、そこはMLB Cafe Tokyoで手頃なカフェだった。晴れた日にはテラス席が気持ちよさそう。 僕が訪れたときはちょっとテラスで...
カフェプカプカ(CafePukaPuka)絶品なマンゴーかき氷... マンゴーかき氷は台湾でも沢山食べてきたが、僕の世界においてはトップクラスに美味しいと思えるところがシェムリアップにもあった。 そもそも、マンゴーはやたらと採れる土地柄だしね・・そら美味いものが出来るわけだが。とにかく抜群においしい。とにかく濃厚でマンゴーも絶品だし、かき氷も充分過ぎるくらいに味...
バイロンベイ発のオーガニックコーヒー、市ヶ谷のBunCoffeeは狭いカフェだが貴重な存在... 世界中の旅人だけじゃなく、オーストラリアの変わり者が集まるバイロンベイ。そこで立ち上がったロースタリーが市ヶ谷にもできていたので立ち寄ってみた。バンコーヒーは2005年にバイロンベイでつくられた焙煎所でオーガニックな豆を厳選して焙煎しているとのこと。ちょっと気になる。 バンコーヒー バイロンベ...
天文館むじゃきで本場であり元祖の「白くま」を食べてきた... 鹿児島市内の中心地は鹿児島中央駅ではなく、天文館というエリアになっている。ここは仙台の国分町みたいなところで、アーケードの商店街のまわりに歓楽街やら飲食店が密集しているところ。 観光客にとってはこの天文館のなかでは「むじゃき」というレストラン兼カフェで食べる「白くま」というかき氷が有名。ここが...

Feature

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください