台南第二の都市である高雄の街は台北の小型版みたいな感じで、街中ではあまり印象が残るようなところがなかった。

そんななかで、高雄の港に近いエリアは独特のゆったりとした世界が流れていて見どころの多い、高雄の街では数少ない印象に残る場所。

そんな港の近くにある一二三亭は昔の日本統治時代に料亭として使われていた建物をリノベーションしていて雰囲気のいいカフェになっている。料亭というより、病院みたいな雰囲気があるけれど。

書店喫茶一二三亭へのアクセス

MRTオレンジラインの終点である西子湾駅から徒歩5分。美麗島の駅からだと地下鉄に乗っている時間も含めて15分もあれば到着すると思う。

書店喫茶一二三亭について

日本にもあまり残っていなさそうな古い家屋のスタイルで木の窓枠とかも雰囲気がいい。また、建物の歴史から日本と関わり合いがあるお店になっていて、店内には日本語の書籍も沢山ある。書籍については手にとって読むことができる。昭和のいろいろな懐かしい雰囲気がこのカフェのなかにどんと残っている。

訪れたのは夕方に近い時間だったので、料理を頼むよりもちょっとお茶をする感じ。週末だけど、夕方の時間には空いているみたいだ。

コーヒーはおすすめで、バリスタが一杯ずつハンドドリップで丁寧に淹れてくる姿をみていると、いまさらこのジャンルがサードウェーブと呼ばれていることに違和感がある。三番目ではなく、原点回帰なんじゃないか、とか。

頼んでみたコーヒーはマンデリン。ほどよく酸味が効いていて、ゆっくりと飲み応えがあるものだった。お店のなかには僕以外には女の子の二人組が小鳥がなくみたいに静かな声で話しをしているのが聞こえるくらい。

一二三亭

窓際の席でのんびりとしながら夕方の時間を過ごすのが幸せな過ごし方じゃないかと思う。

書店喫茶一二三亭(ヒフミテイ)
住所:高雄市鼓山區鼓元街4號2樓
時間:10:00-18:00

Related Post

絶景が望める、大山千枚田の棚田倶楽部のカフェ... 和田浦港から和田浦の浜で遊んだあと、春の大山千枚田を訪れてみた。 田植え前の水をはった田んぼは、谷間に小さな鏡が敷き詰められているみたいで、明るく光っていて美しい。 これが夏には稲が育って、秋には刈り取られてまた大山千枚田の夜祭りが行われるのかと思うと、時間のながれと景色の移り変わりに不...
京都三条大橋のスターバックスは訪れる価値あり... スターバックス コーヒーって、日本はどこにでもある印象だし、もはや珍しい場所でもないとは思う。 しかし、それでも訪れる価値があるお店はあるよなって思っていて、京都の三条大橋のスターバックスもそのひとつ。夏場は鴨川沿いに川床ができることでも有名なお店。 川床の時期ではなくても、規模が大きい...
やはり那須にきたら「1988 CAFE SHOZO」に訪れたい。... 去年もちょうど晩秋の頃に訪れたShozo Cafeの黒磯本店。カフェブームが始まる前の1988年に黒磯の古いアパートの2階にオープンしていて、いまではすっかり全国区で有名な老舗カフェになっているけれど、オープン当初からであろう、この落ち着いた雰囲気は変わりがないような気がする。まわりがどんな評価をし...
小林雞肉飯は高雄まで食べに来る価値がある... 台南に住んでいる人に教えてもらったお店。雞肉飯は台湾南部の嘉義という街が発祥で、僕としては魯肉飯よりもさっぱりとしていて美味しいと思ったし、これから日本でも流行りそうな感じがしている。 小林雞肉飯は高雄の市街地のなかでもちょっと離れたところにあり、あまり観光客が行くようなエリアではなさそうだけ...
tcc Singaporean Café & Dinerの銀座ランチはおすすめ... 銀座四丁目の交差点からすぐ近くにある、意外と穴場なんじゃないかというカフェレストラン。 平日のランチに訪れたのだけど、空いていてのんびりとランチにデザートにお酒にと堪能することができた。この立地としてはとても手頃でゆっくりできるいいところだと思う。 開放的なお店の窓からは銀座四丁目の交...

Feature

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください