台南第二の都市である高雄の街は台北の小型版みたいな感じで、街中ではあまり印象が残るようなところがなかった。

そんななかで、高雄の港に近いエリアは独特のゆったりとした世界が流れていて見どころの多い、高雄の街では数少ない印象に残る場所。

そんな港の近くにある一二三亭は昔の日本統治時代に料亭として使われていた建物をリノベーションしていて雰囲気のいいカフェになっている。料亭というより、病院みたいな雰囲気があるけれど。

書店喫茶一二三亭へのアクセス

MRTオレンジラインの終点である西子湾駅から徒歩5分。美麗島の駅からだと地下鉄に乗っている時間も含めて15分もあれば到着すると思う。

書店喫茶一二三亭について

日本にもあまり残っていなさそうな古い家屋のスタイルで木の窓枠とかも雰囲気がいい。また、建物の歴史から日本と関わり合いがあるお店になっていて、店内には日本語の書籍も沢山ある。書籍については手にとって読むことができる。昭和のいろいろな懐かしい雰囲気がこのカフェのなかにどんと残っている。

訪れたのは夕方に近い時間だったので、料理を頼むよりもちょっとお茶をする感じ。週末だけど、夕方の時間には空いているみたいだ。

コーヒーはおすすめで、バリスタが一杯ずつハンドドリップで丁寧に淹れてくる姿をみていると、いまさらこのジャンルがサードウェーブと呼ばれていることに違和感がある。三番目ではなく、原点回帰なんじゃないか、とか。

頼んでみたコーヒーはマンデリン。ほどよく酸味が効いていて、ゆっくりと飲み応えがあるものだった。お店のなかには僕以外には女の子の二人組が小鳥がなくみたいに静かな声で話しをしているのが聞こえるくらい。

一二三亭

窓際の席でのんびりとしながら夕方の時間を過ごすのが幸せな過ごし方じゃないかと思う。

書店喫茶一二三亭(ヒフミテイ)
住所:高雄市鼓山區鼓元街4號2樓
時間:10:00-18:00

Related Post

Mojo Coffee(神楽坂)でゆったりとした朝の時間を過ごす... お店の外観は工場みたい サードウェーブコーヒーの波にのって、ニュージーランドからひっそりとやってきた(ように思える)モジョコーヒーというブランド。 日本拠点兼店舗兼カフェは神楽坂の裏通り、赤城神社の脇をぬけたもともとは印刷工場だったと思われるところをリノベーションして、ひっそりとやって...
華山にある紙街咖啡館で朝のコーヒーを楽しむ... Airbnbでえらい目にあっているものの旅はつづく。 ということで、朝は朝食を食べる感じでもなかったので、華山1914の向かいにあるPaper St. Coffee Company (紙街咖啡館)にてコーヒーを飲みに来た。 友人たちは台北まで来てコーヒーなのか?というわけだが、一杯ずつ丁...
横浜赤レンガ倉庫の癒やしスポット「ザフラワーアパートメントカフェ」... そういえば、5月にGreen Room Festival行ったときに赤レンガ倉庫のなかを探検していて、このカフェで一休みがすごい気持ちよかったんだった。 赤レンガ倉庫1号館2階の一番端にある花屋さん兼カフェ。最初花屋さんかと思ったら、スムージーやサンドイッチといった食事を楽しむこともできると知...
Café Elliott Avenueで本物のラテを味わう 2014年で一番美味しいラテを楽しめたって自信をもっていえるカフェを横浜にみつけた。 場所は山下公園の近くで、Café Elliott Avenueというカフェ。季節がよければ表のテーブルでのんびりするのもいいんじゃないだろうか。 場所柄なのか、カップルから家族連れ、あとは近所に住んでそ...
谷津の螢明舎でエイジングコーヒーを楽しむ... どうってことない私鉄の郊外の駅からのびる商店街のなかにある喫茶店。わりと古めかしい感じで、薄暗い店内にはマグカップが並んでいる。この昭和感のある喫茶店が意外にもおもしろい。 その昔は近所に住んでいた村上春樹がエッセイに書いたことで有名になったようだけど、そのエッセイがなかったとしても雰囲気がよ...

Feature

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください