高雄で過ごす休日、MRTの終点である西子灣駅で降りて、一二三亭でコーヒーを楽しむ。そのあと、ぶらぶらと散歩をして哈瑪星鉄道文化園区から駁二芸術特区まで歩く。そうすると、日は暮れてきて夕食の時間。地元の人におすすめされていた小西門燉肉飯へ行ってみることにした。

小西門燉肉飯へのアクセス

MRTオレンジラインで終点のひとつ手前、鹽埕埔駅のすぐ側にある。駁二芸術特区からも歩いて10分かからないくらい。時間があえばこのあたりで食事をするのがおすすめ。

小西門燉肉飯

小西門燉肉飯について

台南でよくみかけた小吃というより、定食屋さんみたいな雰囲気もある。地元の人おすすめなだけあって、かなりの賑わい。オーダー方法は台南でよくあるチェックシートの提出なので、頼みたい料理の文字さえ覚えていれば迷うことはない。

燉肉(梅干扣肉)
燉肉(梅干扣肉)
蛋瓜仔肉
蛋瓜仔肉

おすすめなのは、看板料理でもある豚バラ肉の煮付け「燉肉(梅干扣肉)」、そして煮卵のまわりをひき肉で包んでいる「蛋瓜仔肉」のふたつ。

どちらも濃いめの味付けでビールのみたくなる。僕はこの二品を頼んでいながらご飯をオーダーしなかったら、お店のおばちゃんに「あんた、なんで米食べないんだ」的なことを何度かきかれたうえに、そのおばちゃんの結論としては僕はお金をもっていないやつと判断したフシがある。僕としてはこのあともちょっと食べたいものがあったから抑えていただけなのだが。

スープはセルフサービス
スープはセルフサービス

燉肉(梅干扣肉)は醤油味の濃い豚バラ肉の煮付けなのだが、じっくりと作られていて味がしみ込んでいる。肉の下には高菜のようなものがどっさりと入っていて、これがまた美味しい。おばちゃんがご飯をすすめる理由もわかる。ご飯によくあいそうだもの。

もうひとつの蛋瓜仔肉もまた美味しい。煮卵だけでも間違いがない美味しさなのにさらにひき肉で包みあげているところが素晴らしい。どちらも似たような味なのだが、シンプルで万人受けするうまさだと思う。市街地からは離れているけれど、おすすめの食堂。

小西門燉肉飯
住所:高雄市鹽埕區鹽埕街43號
時間:11:00-14:30,16:30-20:00
休み:なし

Related Post

窄門咖啡(Narrow Door Cafe)ふたたび 台南という枠にとらわれずに世界中で行ったなかで好きなカフェのひとつ。建物への変なアクセス方法やそして、店内のゆったりとした雰囲気。通り抜ける風とか全てが心地よい。 前回の訪問:窄門咖啡 Narrow Door Cafeはフォトジェニックで時間を忘れて過ごせるカフェ 窄門咖啡(Narrow...
永樂米糕でひさびさに米糕を食べる。... 永楽市場のある国華街まで戻ってきた。台南の台所的な一番でもあるし、ここは美味しいものであふれている。朝食に食べた阿松割包の台湾式ハンバーガーも美味しかったなあ。 神農街でアイスを食べてきたので、ちょっとおやつに軽く食事でもと行ってみたのは永楽米糕という米糕の小吃。台南を代表する料理のひとつで「...
方寸之間はカフェとして居心地のいい空間... 高雄で出発前に時間を過ごしたのは方寸之間という日本風なカフェ。現代的なインテリアで台湾らしさみたいなのはあまり感じないけれど、中国茶のバリエーションは豊富でそういうところで台湾を感じる。 朝は9時から営業しているので、朝食後にのんびりとした時間を過ごすのもいいし、ここで朝食を食べるのも美味しそ...
台湾式ハンバーガー「阿松割包」で手軽な食事... 台南の旧市街に残る地元グルメの有名店がひしめきあう永楽市場にある人気のお店。この國華街の通り沿いには台南でも最も賑やかで美味しいお店が集まっているところで、どこに行こうか迷ってしまう。 向かい側には台湾版茶碗蒸しのような「富盛號碗粿」があるし、その隣には「金得春捲」もある。斜め向かいくらいには...
台南小吃グルメを食べつくす!厳選の6軒(ランチ小腹編)... 小吃(シャオチー)とは、店や屋台で食べる中華の一品料理のことで、台南にはこの小吃のお店がそれこそ星の数ほど無数にある。小吃こそ台南が誇る食文化だと思う。 前日の投稿で朝食編を紹介したので、今度はランチや「ちょっと小腹空いたな」というときにおすすめしたいところを僕が行ったところのなかから選んで厳...

Feature

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください