燉肉(梅干扣肉) © 2016 shin. All rights reserved.

小西門燉肉飯は高雄でおすすめの食堂

高雄で過ごす休日、MRTの終点である西子灣駅で降りて、一二三亭でコーヒーを楽しむ。そのあと、ぶらぶらと散歩をして哈瑪星鉄道文化園区から駁二芸術特区まで歩く。そうすると、日は暮れてきて夕食の時間。地元の人におすすめされていた小西門燉肉飯へ行ってみることにした。

小西門燉肉飯へのアクセス

MRTオレンジラインで終点のひとつ手前、鹽埕埔駅のすぐ側にある。駁二芸術特区からも歩いて10分かからないくらい。時間があえばこのあたりで食事をするのがおすすめ。

小西門燉肉飯

小西門燉肉飯について

台南でよくみかけた小吃というより、定食屋さんみたいな雰囲気もある。地元の人おすすめなだけあって、かなりの賑わい。オーダー方法は台南でよくあるチェックシートの提出なので、頼みたい料理の文字さえ覚えていれば迷うことはない。

燉肉(梅干扣肉)
燉肉(梅干扣肉)
蛋瓜仔肉
蛋瓜仔肉

おすすめなのは、看板料理でもある豚バラ肉の煮付け「燉肉(梅干扣肉)」、そして煮卵のまわりをひき肉で包んでいる「蛋瓜仔肉」のふたつ。

どちらも濃いめの味付けでビールのみたくなる。僕はこの二品を頼んでいながらご飯をオーダーしなかったら、お店のおばちゃんに「あんた、なんで米食べないんだ」的なことを何度かきかれたうえに、そのおばちゃんの結論としては僕はお金をもっていないやつと判断したフシがある。僕としてはこのあともちょっと食べたいものがあったから抑えていただけなのだが。

スープはセルフサービス
スープはセルフサービス

燉肉(梅干扣肉)は醤油味の濃い豚バラ肉の煮付けなのだが、じっくりと作られていて味がしみ込んでいる。肉の下には高菜のようなものがどっさりと入っていて、これがまた美味しい。おばちゃんがご飯をすすめる理由もわかる。ご飯によくあいそうだもの。

もうひとつの蛋瓜仔肉もまた美味しい。煮卵だけでも間違いがない美味しさなのにさらにひき肉で包みあげているところが素晴らしい。どちらも似たような味なのだが、シンプルで万人受けするうまさだと思う。市街地からは離れているけれど、おすすめの食堂。

小西門燉肉飯
住所:高雄市鹽埕區鹽埕街43號
時間:11:00-14:30,16:30-20:00
休み:なし

コメントを残す

Your email address will not be published.
Required fields are marked:*

*