高雄で過ごす休日、MRTの終点である西子灣駅で降りて、一二三亭でコーヒーを楽しむ。そのあと、ぶらぶらと散歩をして哈瑪星鉄道文化園区から駁二芸術特区まで歩く。そうすると、日は暮れてきて夕食の時間。地元の人におすすめされていた小西門燉肉飯へ行ってみることにした。

小西門燉肉飯へのアクセス

MRTオレンジラインで終点のひとつ手前、鹽埕埔駅のすぐ側にある。駁二芸術特区からも歩いて10分かからないくらい。時間があえばこのあたりで食事をするのがおすすめ。

小西門燉肉飯

小西門燉肉飯について

台南でよくみかけた小吃というより、定食屋さんみたいな雰囲気もある。地元の人おすすめなだけあって、かなりの賑わい。オーダー方法は台南でよくあるチェックシートの提出なので、頼みたい料理の文字さえ覚えていれば迷うことはない。

燉肉(梅干扣肉)
燉肉(梅干扣肉)
蛋瓜仔肉
蛋瓜仔肉

おすすめなのは、看板料理でもある豚バラ肉の煮付け「燉肉(梅干扣肉)」、そして煮卵のまわりをひき肉で包んでいる「蛋瓜仔肉」のふたつ。

どちらも濃いめの味付けでビールのみたくなる。僕はこの二品を頼んでいながらご飯をオーダーしなかったら、お店のおばちゃんに「あんた、なんで米食べないんだ」的なことを何度かきかれたうえに、そのおばちゃんの結論としては僕はお金をもっていないやつと判断したフシがある。僕としてはこのあともちょっと食べたいものがあったから抑えていただけなのだが。

スープはセルフサービス
スープはセルフサービス

燉肉(梅干扣肉)は醤油味の濃い豚バラ肉の煮付けなのだが、じっくりと作られていて味がしみ込んでいる。肉の下には高菜のようなものがどっさりと入っていて、これがまた美味しい。おばちゃんがご飯をすすめる理由もわかる。ご飯によくあいそうだもの。

もうひとつの蛋瓜仔肉もまた美味しい。煮卵だけでも間違いがない美味しさなのにさらにひき肉で包みあげているところが素晴らしい。どちらも似たような味なのだが、シンプルで万人受けするうまさだと思う。市街地からは離れているけれど、おすすめの食堂。

小西門燉肉飯
住所:高雄市鹽埕區鹽埕街43號
時間:11:00-14:30,16:30-20:00
休み:なし

Related Post

鹿早茶屋は台南らしいリノベーションカフェ... 古い建物が多く残っている台南の街らしいカフェだなあって思う。台南では安平エリアなどにもある鹿早のカフェに行ってみた。 鹿早茶屋へのアクセス 国鉄の台南駅からは比較的近いエリアにある。駅から伸びている中山路をすすみ、ちょうど合成帆布行がある交差点を線路側へとすすむ衛民街という通りにある。お...
みたび!黃氏蝦仁肉圓のエビバーワンを食す。やはり美味しい台南の味。... 台南発祥の肉圓という料理。色んなお店で肉圓を食べてきたけれど、黃氏蝦仁肉圓のエビバーワンは台南のローカルフードとして絶品の美味しさだよなあって思う。 ひょっとしたら開いている日の方が少ないんじゃないかというこのお店なのだが、今回の旅でも運良くめぐり会って食べることができた。これで三度目の訪問だ...
今回の旅での台南小吃グルメまとめ 今回の台南旅ではよく食べたなあ。行ったお店の数をカウントしたら29軒も行っていた。そりゃ途中で「おれなにやってんだろ」って自問自答するよな。 しかし、台南でよくみかける小吃というスタイルは一品あたりの量が少なく、たとえばお茶碗一杯のごはんとかそんな感じ。 日本だと、たこやきとか焼きそばが...
石精臼牛肉湯は定番という感じの牛肉湯だ... ホテルに荷物を置いて夕食にはなにを食べようかなって散歩に出る。赤崁楼の近くにある市場みたいなものを少し通り過ぎたあたりに地元でもわりと有名な牛肉湯のお店があるので行ってみた。 石精臼牛肉湯は小吃の本場である台南でも有名なお店なのだが、朝をパスするとそれほど混んでいなさそうな感じ。牛肉湯は基本的...
郭家粽子は小さめのちまきで小腹にぴったり... 台南の料理といえば粽(ちまき)というのがイメージとして強くて、今回の台南滞在中もどこかで食べ行きたいなと思っていた。 ということで、正興街のホテル近くにある友愛市場のなかにある郭家粽子に行ってみることにする。友愛市場は正興街からは歩いて5分くらい。ずっと前に訪れた小杜意麵のすぐ近くにある。 ...

Feature

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です