高雄で過ごす休日、MRTの終点である西子灣駅で降りて、一二三亭でコーヒーを楽しむ。そのあと、ぶらぶらと散歩をして哈瑪星鉄道文化園区から駁二芸術特区まで歩く。そうすると、日は暮れてきて夕食の時間。地元の人におすすめされていた小西門燉肉飯へ行ってみることにした。

小西門燉肉飯へのアクセス

MRTオレンジラインで終点のひとつ手前、鹽埕埔駅のすぐ側にある。駁二芸術特区からも歩いて10分かからないくらい。時間があえばこのあたりで食事をするのがおすすめ。

小西門燉肉飯

小西門燉肉飯について

台南でよくみかけた小吃というより、定食屋さんみたいな雰囲気もある。地元の人おすすめなだけあって、かなりの賑わい。オーダー方法は台南でよくあるチェックシートの提出なので、頼みたい料理の文字さえ覚えていれば迷うことはない。

燉肉(梅干扣肉)
燉肉(梅干扣肉)
蛋瓜仔肉
蛋瓜仔肉

おすすめなのは、看板料理でもある豚バラ肉の煮付け「燉肉(梅干扣肉)」、そして煮卵のまわりをひき肉で包んでいる「蛋瓜仔肉」のふたつ。

どちらも濃いめの味付けでビールのみたくなる。僕はこの二品を頼んでいながらご飯をオーダーしなかったら、お店のおばちゃんに「あんた、なんで米食べないんだ」的なことを何度かきかれたうえに、そのおばちゃんの結論としては僕はお金をもっていないやつと判断したフシがある。僕としてはこのあともちょっと食べたいものがあったから抑えていただけなのだが。

スープはセルフサービス
スープはセルフサービス

燉肉(梅干扣肉)は醤油味の濃い豚バラ肉の煮付けなのだが、じっくりと作られていて味がしみ込んでいる。肉の下には高菜のようなものがどっさりと入っていて、これがまた美味しい。おばちゃんがご飯をすすめる理由もわかる。ご飯によくあいそうだもの。

もうひとつの蛋瓜仔肉もまた美味しい。煮卵だけでも間違いがない美味しさなのにさらにひき肉で包みあげているところが素晴らしい。どちらも似たような味なのだが、シンプルで万人受けするうまさだと思う。市街地からは離れているけれど、おすすめの食堂。

小西門燉肉飯
住所:高雄市鹽埕區鹽埕街43號
時間:11:00-14:30,16:30-20:00
休み:なし

Related Post

台南グルメの米糕を食べるなら「原大菜市排骨酥湯」もおすすめ... 台南グルメのひとつに米糕(ミーガオ)という料理があり、これは台湾式の「おこわ」みたいな感じ。もち米を蒸してそこに豚肉とか椎茸とか粽に使いそうな具材や、甘めに漬けたキュウリなどを盛り付けた小さなどんぶりは見た目よりもお腹がいっぱいになる。 台南で食べたのは赤崁樓からほど近い落成米糕のものだけだっ...
新橋で小吃といえば「台湾家庭料理 香味」が美味しい... 台湾料理の看板をかかげておきながら、普通の中華料理店というお店はかなりあるけれど、ここは正真正銘な感じがある台湾料理のお店。それも、B級グルメ感がある小吃が沢山そろっている便利なところ。 小吃といえば、台湾ではあちこちのお店でちょっとずつ食べるものだけど、ここには色んなものがそろっているので、...
2016年5月版、台南小吃グルメまとめ36軒... 今回の旅でもよく食べ歩いたなあってしみじみ思う。食とは本来、生きるためにあるものだけど、僕にはもはや、食べるために生きているんじゃないかと思ってしまうくらいだ。ということで、今回の食べ歩きリストのまとめを作ってみることにする。台南旅の参考にしてもらえれば嬉しい。 前回の旅でのまとめ:今回の旅で...
【閉店】小漁村熱炒のビアガーデンが楽しい... 台南を旅行中にブログを読んでいる人と会うことになった。同じタイミングで同じ土地を旅しているなんて・・こんな奇遇はないだろう!って僕が勝手に盛り上がって誘ってみたところ。本当におつきあいいただきありがとうございます。 で、今回の食事は興居 台南のオーナーに「おすすめのところある?」って聞いて教え...
タイガーエア(LCC)搭乗記(成田-高雄)... 三月に台南旅行をしてきたのでその記録。はじめて乗ったLCCだけどカジュアルで僕は好きな方だな。しかし、オンラインチェックインできないのが超絶に不便なのと、帰りの便では隣のカウンターで関西便が欠航していてすごい困ってそうな人であふれかえっていたのが気になるところ。 スケジュール的には成田を昼の1...

Feature

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください