高雄で最大の見どころのひとつであり、必見なのは美麗島駅の光之穹頂 The Dome of Lightだと思う。「Bootsn All」が2011年に”15 of the Most Beautiful Subway Stops in the World(世界でもっとも美しい地下鉄駅トップ15)“の二番目にランクインしている。

高雄の地下鉄で唯一の乗換駅であり、ターミナルでもある駅なので立ち寄ることは多いと思うが、ステンドグラスをみるために改札の外にでる価値がある。どの改札を通ってもドーム状の中央改札に来るみたいなので、迷うことはないと思う。

光之穹頂 The Dome of Light

このステンドグラスは直径30メートルもあり、イタリア人の芸術家が四年以上の歳月をかけて作り上げた作品。水・土・光・火がテーマに描かれている。何の気なしに地下鉄駅を乗り換えるときにちょっと見ておくかと行ってみたのだが、これは来てよかったなと思えるところだった。

そして、訪れたタイミングがちょうど20:00だったのだが、そのときちょうどインスタレーションがはじまり、光と音楽が鳴り響くショーのようなものが始まった。駅を移動中にこれがあったらすごい驚くと思う。実際、僕も含めて知らない人間は結構驚いていた。

しかし、このインスタレーションはすごく迫力があって美しい。ステンドグラスの色が次々に変わっていき、静と動が混在しあいながら表現されているのは、普通にステンドグラスをみるよりも、さらに作品の世界観を感じられる気がする。

ここの駅を見るならば、このインスタレーションも含めて必見の作品だと思う。

美麗島駅

Related Post

蓮は泥より出でて泥に染まらず – 不忍池の蓮... 「蓮は泥より出でて泥に染まらず」というのは中国のふるいことわざだけれど、もはや蓮の葉っぱが生い茂り、泥がみえなくなっている不忍池の蓮池をみてきた。というか、通りかかったら咲いていたので、しばし眺めていた。 僕のなかでの蓮の定番は川村記念美術館の大賀蓮で、これは毎年6月下旬から7月上旬が花の盛り...
安平老街を散歩してきた 前に安平老街来たときも、勝手に自主的に散歩している犬とすれ違ったりして、ずいぶんとのどかなところだなって思ったけれど、ひさびさに散歩してみて、やはりのどかでいいところだった。沖縄の田舎を歩いているような感じがする。 前回の訪問:安平古堡&安平老街の散歩 この場所は賑わいをみせてくるのは午...
龍安寺がもつ楽しさを確かめに行く 京都を旅していてもお寺巡りなどもあまりないこのブログなのだけど、ひさびさに龍安寺を訪れてみた。 冬の朝の龍安寺はまさに「冬は、つとめて。」の世界のよう。静かで人気のない境内や庭園を心ゆくまで眺めることができる。行くならば朝イチで行くのがよい。 龍安寺へのアクセス 市バスで向...
高雄の美麗島駅は地上部分の建物もまた必見... 世界でもっとも美しい地下鉄駅のひとつにも選ばれたことがある高雄の美麗島駅。改札階にあるステンドグラスに目が行きがちだけど、出口の建物は日本の高松伸が設計していて、ガラスを多用した建物は朝晩の時間帯に幻想的な風景を作り出していて必見の建物だ。 今回は美麗島近くのAirbnbに泊まったので、早朝に...
鎌倉の明月院で「悟りの窓」から紅葉を観賞する... 北鎌倉において円覚寺と同じくらいに有名なお寺。円覚寺をまわりこむようにして少し奥に行ったところにある。北鎌倉駅からは歩いて15分くらいかなあ。 初夏にはあじさいの名所として知られているようだが、秋には紅葉が美しい。錦繍とまではいかないまでも、よく手入れされた鮮やかな風景というのは自然の紅葉とは...

Feature

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください