興隆居の本店に行って、美味しいのだけどすごい感動を受けたわけでもないという感じ。しかし、散歩をしていたら支店の前を通りかかったので立ち寄ってみることにした。

興隆居復興店へのアクセス

アクセスはあまりよくなくて、美麗島駅から徒歩10分くらいのところ。殺風景な通りに面したところにある。本店同様に店先に大きな蒸籠が置かれていてそこでは湯包があたためられている。

興隆居復興店について

本店より断然空いていて、さほど並んでもないけれど、客足が途切れることはないので、本店同様に出来たての料理を食べることができる。

肉まんである湯包もアツアツで美味しいし、それ以外のメニューもあまりせかされず頼むことができるのが嬉しい。焼餅はもういいやと思っているので、鹹豆漿を食べてみたかったので頼んでみることにする。

肉まん
鹹豆漿

そして僕としては湯包よりもこの鹹豆漿に感動した。かなり濃厚なものが出てきて味わいが深い。こういう朝食があちこちにあるという台湾の豊かさを感じる。せわしない朝でもゆっくりと朝食を食べて1日をはじめているのはいいよな。

本店とくらべても穴場のお店で、本店同様に美味しいので僕としてはこちらの方をおすすめしたいところ。

興隆居復興店
住所:高雄市新興區復興一路25號
時間:5:00-11:00
休み:不明

Related Post

米糕城で高雄の米糕もあじわってみる... 台南を中心とした台湾南部が発祥である米糕のお店が高雄にもあったので、立ち寄ってみることにした。本場は台南だと思うけれど、ここのお店の米糕は美味しかった。 米糕城へのアクセス MRTオレンジラインで終点のひとつ手前、鹽埕埔駅のすぐ近く。小西門燉肉飯からは歩いて30秒ほどでついてしまうので腹...
兩倆は台南古民家カフェの最先端な場所... 台南の新しいトレンド発信地が新農街から信義街にもひろがってきているような感じがするカフェ。カフェだけでなく、新しいアートの発信地としても面白い。 兩倆へのアクセス 台南市街地からみると北西側、新農街から北に向かって進んだエリアである信義街という路地にある。兩倆以外にも古民家をリノベーショ...
阜杭豆漿での朝食は並んでも食べる価値がある... 前日の夜は啜飲室で深夜近くまで飲んでいて、タクシーでホテルに戻り部屋に入ってからの記憶があまりない。とはいえ、今日は旅の最終日。朝6時半にはホテルを出発した。向かったのは台北で最も人気の高い朝食店である阜杭豆漿というレストラン。今回もやはり並んだけれど、その価値があるだけの絶品朝食だった。 前...
台南グルメの米糕を食べるなら「原大菜市排骨酥湯」もおすすめ... 台南グルメのひとつに米糕(ミーガオ)という料理があり、これは台湾式の「おこわ」みたいな感じ。もち米を蒸してそこに豚肉とか椎茸とか粽に使いそうな具材や、甘めに漬けたキュウリなどを盛り付けた小さなどんぶりは見た目よりもお腹がいっぱいになる。 台南で食べたのは赤崁樓からほど近い落成米糕のものだけだっ...
醇涎坊鍋燒意麵は台南式な鍋焼きうどんが食べられる... 意麺といういってみればインスタント麺なのだが、この麺が台南では美味しい。意麺といえば、西門市場にある福榮意麵も美味しいし、小杜意麵も人気店でうまい。でも、これらのお店はラーメンのような感じ。 しかし、意麺を鍋焼きうどんのように仕立てた鍋焼意麺というジャンルもあることを知る。そして、そのお店が保...

Feature

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です