興隆居の本店に行って、美味しいのだけどすごい感動を受けたわけでもないという感じ。しかし、散歩をしていたら支店の前を通りかかったので立ち寄ってみることにした。

興隆居復興店へのアクセス

アクセスはあまりよくなくて、美麗島駅から徒歩10分くらいのところ。殺風景な通りに面したところにある。本店同様に店先に大きな蒸籠が置かれていてそこでは湯包があたためられている。

興隆居復興店について

本店より断然空いていて、さほど並んでもないけれど、客足が途切れることはないので、本店同様に出来たての料理を食べることができる。

肉まんである湯包もアツアツで美味しいし、それ以外のメニューもあまりせかされず頼むことができるのが嬉しい。焼餅はもういいやと思っているので、鹹豆漿を食べてみたかったので頼んでみることにする。

肉まん
鹹豆漿

そして僕としては湯包よりもこの鹹豆漿に感動した。かなり濃厚なものが出てきて味わいが深い。こういう朝食があちこちにあるという台湾の豊かさを感じる。せわしない朝でもゆっくりと朝食を食べて1日をはじめているのはいいよな。

本店とくらべても穴場のお店で、本店同様に美味しいので僕としてはこちらの方をおすすめしたいところ。

興隆居復興店
住所:高雄市新興區復興一路25號
時間:5:00-11:00
休み:不明

Related Post

Mojo Coffee(神楽坂)でゆったりとした朝の時間を過ごす... お店の外観は工場みたい サードウェーブコーヒーの波にのって、ニュージーランドからひっそりとやってきた(ように思える)モジョコーヒーというブランド。 日本拠点兼店舗兼カフェは神楽坂の裏通り、赤城神社の脇をぬけたもともとは印刷工場だったと思われるところをリノベーションして、ひっそりとやって...
谷津の螢明舎でエイジングコーヒーを楽しむ... どうってことない私鉄の郊外の駅からのびる商店街のなかにある喫茶店。わりと古めかしい感じで、薄暗い店内にはマグカップが並んでいる。この昭和感のある喫茶店が意外にもおもしろい。 その昔は近所に住んでいた村上春樹がエッセイに書いたことで有名になったようだけど、そのエッセイがなかったとしても雰囲気がよ...
タイガーエア(LCC)搭乗記(成田-高雄)... 三月に台南旅行をしてきたのでその記録。はじめて乗ったLCCだけどカジュアルで僕は好きな方だな。しかし、オンラインチェックインできないのが超絶に不便なのと、帰りの便では隣のカウンターで関西便が欠航していてすごい困ってそうな人であふれかえっていたのが気になるところ。 スケジュール的には成田を昼の1...
【閉店】蔡明亮咖啡走廊 – 中山堂にある雰囲気のいいカフェ... 西門にある観光地としても有名な中山堂の4階にあるカフェ。まだあまり知られていないのと、エレベーターのない?四階にあるせいなのか、お客さんは少ないので、ちょっとひと休みというときにおすすめできるカフェ。 旧日本軍統治時代に建てられた建物なので、かなり古めかしいのだが、どこか懐かしい感じがある。...
金峰魯肉飯で朝食のつづきを食べる 早朝に起きて阜杭豆漿で朝食を食べたこともあり、台北の朝はまだ7時半くらい。7月の台北では、そろそろ暑くなってくる時間だけど天気もいいし、気持ちがいい日曜日の朝だ。 というところで、旅の同行者から「台湾といえば魯肉飯が有名だけど、まだ食べていない」といわれたこともあり、腹ごなしの散歩をしながら金...

Feature

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください