高雄で出発前に時間を過ごしたのは方寸之間という日本風なカフェ。現代的なインテリアで台湾らしさみたいなのはあまり感じないけれど、中国茶のバリエーションは豊富でそういうところで台湾を感じる。

朝は9時から営業しているので、朝食後にのんびりとした時間を過ごすのもいいし、ここで朝食を食べるのも美味しそうだ。どうやら和風の料理が出てくるらしい。

方寸之間へのアクセス

MRTオレンジラインの中央公園駅から歩いて10分ほど。高雄ってどこに街の中心とか観光のみどころがあるのかいまいち概要をつかめなかったのだが、住宅街っぽい通りのなかにある。

方寸之間

方寸之間について

店内は現代的で北欧っぽいインテリアだなと思える感じ。朝食メニューは和食っぽい料理がでてくる定食のスタイル。台湾らしさはあまり感じないけれど、明るくて居心地のいい空間。おすすめなのはやはり窓際の席。窓の外の風景は取りたてて美しいわけではないけれど、それでも開放的なスペースは気持ちがいい。

方寸之間方寸之間

今回はすでに朝食を食べてしまっていて、出発までの時間つぶしだったのでお茶をするだけにしたのだが、それでものんびりとした時間が過ごせたのはよかった。

中国茶のバリエーションは専門店ほどではないけれど、そこそこにちゃんとしている。かわいいカップに充分過ぎるくらいたっぷりと出てくるので、そういうのは台湾らしくていいよなって思える。

もしかしたら、あまりメジャーなエリアではないのかもしれないが、僕としてはここでの時間は高雄のなかでは印象に残るものだった。

方寸之間方寸之間

方寸之間
住所:高雄市高雄市新興區文化路18號
時間:9:00-20:00
休み:土日

Related Post

台北的定番朝食の「周記肉粥店」 台北での定番朝食としてガイドブックとかサイトで紹介されている「周記肉粥店」に行ってきた。 歩いて行ったのだけどお店の前には、つぎつぎに地元人らしきおっさんが自転車で乗り付けたり、出て行ったりしていて賑やかなのですぐにわかると思う。 勝手がわからず入口で呆然としていると、声をかけられて日本...
上尾にある一凛珈琲のモーニングは豪華でお得だった... どういうわけなのか、埼玉県の郊外にある町のコーヒー店で朝食を食べることになる。 毎年11月に埼玉県の東側にある首都圏外郭放水路(通常:地下神殿)の特別見学会があり、それを観にいくために埼玉へ向かった。途中の上尾あたりで先に朝食でも食べるかと思い行ってみたのは一凛珈琲というお店。 JR上尾...
爐鍋珈琲(LuguoCafe) – 迪化街で一休みできる台湾風カフェ... もし台北において、限られた時間のなかでどこか一軒でも台湾風なカフェにいってみたいというのであれば、こちらの爐鍋珈琲(LuguoCafe)がおすすめできると思う。僕も5月に訪問してからリピートしてみたくらい。 なぜ、限られた時間のなかで訪問するカフェとしておすすめなのかというと・・・ 迪...
小布施堂の夏はかき氷を楽しめる! 津南でランチを食べて、そのまま信濃川沿いに国道をさかのぼっていく。津南から飯山にかけてのこの国道は運転もしやすくて、なによりこの里山の風景が美しい。いつ来ても感動する。 途中の道の駅でキュウリを買ったりして、小布施までやってきた。公営の駐車場に車をとめて少し散歩することにする。まず向かったのは...
富錦街とFujin Tree 353 Cafe 台北における西麻布から広尾にかけての雰囲気がある富錦街を散歩してきた。松山空港からほど近いこのエリアは落ちついていて雰囲気のいいギャラリーとかカフェなどが沢山あるいい街だなって思う。 富錦街へのアクセス そもそも富錦街へのアクセスについてはMRTなどは近くを通っていないので、バスかタクシ...

Feature

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください