高雄で出発前に時間を過ごしたのは方寸之間という日本風なカフェ。現代的なインテリアで台湾らしさみたいなのはあまり感じないけれど、中国茶のバリエーションは豊富でそういうところで台湾を感じる。

朝は9時から営業しているので、朝食後にのんびりとした時間を過ごすのもいいし、ここで朝食を食べるのも美味しそうだ。どうやら和風の料理が出てくるらしい。

方寸之間へのアクセス

MRTオレンジラインの中央公園駅から歩いて10分ほど。高雄ってどこに街の中心とか観光のみどころがあるのかいまいち概要をつかめなかったのだが、住宅街っぽい通りのなかにある。

方寸之間

方寸之間について

店内は現代的で北欧っぽいインテリアだなと思える感じ。朝食メニューは和食っぽい料理がでてくる定食のスタイル。台湾らしさはあまり感じないけれど、明るくて居心地のいい空間。おすすめなのはやはり窓際の席。窓の外の風景は取りたてて美しいわけではないけれど、それでも開放的なスペースは気持ちがいい。

方寸之間方寸之間

今回はすでに朝食を食べてしまっていて、出発までの時間つぶしだったのでお茶をするだけにしたのだが、それでものんびりとした時間が過ごせたのはよかった。

中国茶のバリエーションは専門店ほどではないけれど、そこそこにちゃんとしている。かわいいカップに充分過ぎるくらいたっぷりと出てくるので、そういうのは台湾らしくていいよなって思える。

もしかしたら、あまりメジャーなエリアではないのかもしれないが、僕としてはここでの時間は高雄のなかでは印象に残るものだった。

方寸之間方寸之間

方寸之間
住所:高雄市高雄市新興區文化路18號
時間:9:00-20:00
休み:土日

Related Post

リノベーションカフェから個性派まで、台南で外せないオススメなカフェリスト7選... 台南って古い建物がたくさん残っていて、一部は廃墟になってしまったりしている。最近はちょっとしたリノベーションブームが起きていて、古い建物を使ったカフェなどができていたりする。 そして、それに影響されるように面白いカフェも増えてきていて、東京や台北にも負けないくらい楽しい。この街の規模でこれだけ...
西門町芒菓冰 – 普通においしいマンゴーかき氷... 西門あたりを散歩していて、マンゴーかき氷の有名店と書いてあったので、立ち寄ってみた。 西門の繁華街からは外れているけれど、前に泊まったサービスアパートとか、足裏マッサージの足満足とかはかなり近い。なんで、前に来たときに何度も前を通っていたのに、なんで気がつかなかったんだろう。 ということ...
六千牛肉湯は台南グルメではずせないお店のひとつだ... 台南郊外にある阿裕牛肉湯の牛肉湯はちょっと別格の美味しさだよなって思うけれど、いかんせん市街地から遠すぎて、旅行者が行ってみるにはハードルが高すぎる。 そうなると、なんだかんだいって地元の人による支持もアツい六千牛肉湯が台南での定番な牛肉湯ということになるのかなって思う。今回リピートで訪れたけ...
CAFE DE ROPE GINZA(カフェ ド ロペ銀座)のバタートーストは懐かしく新しい... THE PARK・ING GINZAと同時にオープンした地下にあるカフェ。1970年代に表参道にあったオープンカフェがもともとのイメージらしいのだが、そのときのことは知らない。 でも、地下にあるのに妙に開放的な感じはおもしろい。透明のアクリル板みたいなもので仕切られているのだが、お店の奥には使...
こんな香港があったのか。川龍村にある端記茶樓でのんびりと過ごす。... 前回の香港旅でも来たかったところで、ようやく訪れることができた点心レストラン。レストランといっても、英語は通じないし、文字を書いてコミュニケーションするか広東語を話すかくらい。周囲の風景も含めて香港にこんなところがあったのかと驚くと思う。 端記茶樓のある川龍村へのアクセス 具体的な行き方...

Feature

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください