高雄でSanduo Hotelに泊まってきた、無難なビジネスホテル

高雄での一泊について、土地勘がないのでどこに泊まろうか迷ったのだけど、吳寶春麥方店のパン屋に行きたかったこともあり、近所にあるSanduo Hotelサンドゥオ ホテル (高雄三多商務旅店)に泊まることにした。

Sanduo Hotel

地下鉄の三多商圈駅から一本道を歩いて15分くらい、ホテルのシャトルバスもあるらしいのだが発見できず。ちなみに、タクシーだと5分もかからずに駅まで到着するので荷物があれば迷わずタクシーがおすすめ。

ホテルはマンションか雑居ビルの上層階を利用したものだけど、ロビーは一階にある。ごく普通のビジネスホテルという感じだけど、スタッフは若い人が多くてフレンドリー。

台湾だとこういうビジネスホテルってラブホテル兼用みたいな薄暗い雰囲気になるのだが、ここはそんな感じはあまりなくてよかった。

客室
客室
水周り
水周り
一階のレストランでチョークアート描いていた
一階のレストランでチョークアート描いていた
できあがり、日本語いれてくれたところとか感動
できあがり、日本語いれてくれたところとか感動

部屋は古いけれど清潔に保たれていて、面白みはないけれど、不快感もない。水まわりもいたって普通に清潔。特徴はないけれど、不満点もとくになし。朝食はあるけれど、これは期待できないのでパスしてもいいかと思う。

予約はBooking.comにて行った、手頃な金額で寝るだけならば全然いいかなっていうところ。ビジネスホテルだけどアットホームな雰囲気がいいホテルだった。

このほかの高雄のホテルはこちら

Sanduo Hotelサンドゥオ ホテル (高雄三多商務旅店)

Related Post

休日の高雄、港湾のエリアを散歩する... 街中はせわしない感じだったので、港湾エリアを歩いてみることにする。横浜のみなとみらいのあたりみたいな雰囲気があって散歩には気持ちがいいところだった。 休日に一二三亭から道なりに歩いて行くと、空には凧がお正月かよっていうくらいあがっているのが見える。ここはかつて鉄道駅だったところみたい。いまでは...
矮仔成蝦仁飯で究極のエビ飯 台南はグルメの街で小吃と呼ばれるレストランというか食堂が数多くある。本当に沢山あるのです。 そんななかで、1922年の日本統治時代から生き残っている老舗中の老舗であり名店なのが矮仔成蝦仁飯という海安路にある小吃。出汁で炊いたご飯にエビをのせた蝦仁飯が看板メニュー。九州の味を思わせる甘めの味噌汁...
毛豆咖啡は楽しく居心地のいいカフェ... 台南にある小さなカフェ。通りを歩いていたら小さな看板があって入ってみたところ。女の子ふたりでやっている手作り感ある楽しいカフェだった。居心地よくておすすめ。 毛豆咖啡へのアクセス 国鉄台南駅から徒歩圏内。駅から正面にのびている成功路を歩いて行き、進行方向右手に大観音亭という寺院が出てきた...
Ibis Bangkok Siamは無難なビジネスホテル どう考えてもホテルが供給過多すぎるバンコクでは、他の都市のホテル料金高騰なんてどこふく風っていう感じで、相変わらず手頃な料金で泊まることができる。 今回の旅行では、わりと面白い宿に泊まってきたけれど、帰国前の一泊は便利なところにしようかと、サイアムにあるイビスホテルを選んでみた。ここのところ気...
「興居 台南 Vintage Mansion」- 台南に暮らしているかのような宿... 台南での宿は正興街の正興珈琲館が定番なのだけど、今回はちょっと違うところにしてみた。 正興街にも歩いて数分と近いところなのだが、古い建物をリノベーションして宿にしている「興居 台南 Vintage Mansion」というところ。結論としては、きっと泊まる人を選ぶような宿だと思うけれど、僕はかな...

Feature

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください