旅情ある台南駅 © 2016 shin. All rights reserved.

台南小吃グルメを食べ歩く散歩旅

Tiger Airのフライト
Tiger Airのフライト

台南を旅行するには暑すぎもせず、寒くもない三月くらいがもっともいい時期だと思う。そんななか、ひさびさに台南を旅行してきた。台湾自体に行くのも一年ぶりで、僕にとってはひさびさの台湾旅だ。

成田から台湾南部の高雄まではLCCであるタイガーエアで移動。このエアラインのおかげで台南までがすごく身近な存在になったと思う。機内ではすっかり寝てしまい、気づいたら着陸態勢に入るくらいの状況。最近、飛行機乗るとすぐに寝てしまい、読みたい本もなかなか読み進められない。

高雄について地下鉄で市街地まで向かい、そのまま国鉄で台南まで移動する。夕方のラッシュと重なり、だいぶ混雑していたけれど、台南駅についたときにはなんだか「帰ってきた」という感覚になった。この駅の旅情ははじめてなのに懐かしい。

旅情ある台南駅
旅情ある台南駅

泊まったのは興居 台南 Vintage Mansionというところ。古い雑居ビルを改築してホテルにしている。オーナー夫妻の人柄もよくて、夜中に帰ってきたら「おかえりー」って日本語でいってくれたりして、なんだか台南に住んでいるみたいな感じだった。

興居台南
興居台南

台南ではひたすらに小吃という台湾グルメを旅歩いた。その数29軒も行っていたのだが、今回の旅で結構自信もって台南に結構詳しくなったと思う。

そして、この旅は2016年2月に起きた台南地震のあとだったのだが、テレビなどのメディアで報道される被害はごく一部で台南の街は普段通りの様子だった。

新美街の路地もいい雰囲気
新美街の路地もいい雰囲気

旅に出るリスク判断は色々あると思うけれど、テレビや新聞の情報をそのまま信じて自分の行動を狭めてしまうのは残念なことだなと思っている。

Twitterやinstagramのハッシュタグにある「#台南はいいぞ」のタグを見ながらそんな気持ちを改めて感じたし、これだけ美味しい物食べられる台南のすごさは是非、来てみて欲しい。美しい風景は写真でもみられるけれど、美味しい地元の料理は実際に来ないと食べられないものだし。

「台南はいいぞ」のハッシュタグ
Twitter: #台南はいいぞ
Instagram: #台南はいいぞ

今回の旅で訪れ小吃グルメはこちらにまとめている:今回の旅での台南小吃グルメまとめ

黃氏蝦仁肉圓
黃氏蝦仁肉圓
六千牛肉湯
六千牛肉湯
永記虱目魚丸の綜合湯
永記虱目魚丸の綜合湯
阿憨鹹粥
阿憨鹹粥

なかでも、ここはぜひ!というのは肉圓では黃氏蝦仁肉圓、牛肉湯では六千牛肉湯、そしてお粥では阿憨鹹粥といったところ。

どれも台南の街ならではのものだし、ここでしか食べられない絶品の料理だと思う。

ひさびさに来た台湾旅、今年はもっと来ようと強く思った次第。

この旅のまとめ:台南小吃グルメを食べ歩く散歩旅(2016年3月)

コメントを残す

Your email address will not be published.
Required fields are marked:*

*