東京の下町エリアで活気がある街のひとつは門前仲町だと思う。富岡八幡宮の門前町として栄えていて、深川エリアの雰囲気が残っている下町らしいところ。

深川に来たら、深川めし!というシンプルな希望にもっとも応えてくれているのは門前仲町駅近くにある門前茶屋だと思う。

門前茶屋へのアクセス

東京メトロ門前仲町駅からすぐのところ。週末のランチタイムに訪れたのだけど、すごく混んでいてびっくりした。どうやら観光地として人気らしい。客層は高めで50代以上の人が多かった印象。まあ、下町の観光地で時代劇に出てきそうな店内で定番料理食べるとなるとそうなるのかも。

門前茶屋

門前茶屋について

ランチのメニューは数が少なく、あさり飯の他に季節の炊き込みご飯みたいなものがある。店内には大きな炉端があって、夜には炉端焼きをやるみたい、結構気になるところ。

ランチは時間を間違えると結構並ぶことになり、そしてせわしない。流れ作業的に食事をすすめることになる。定番でおすすめなのは「あさり飯」。上げ底になっているので、思っているほどの量はないけれど、上品な感じがする。これが漁師飯だったとは考えづらいところだが、まあ現代風にアレンジされているということで。

門前茶屋

すごく美味しいっていうわけではないけれど、雰囲気含めておもしろいところである。しかし、まあ観光地であり休日の客層のガラの悪さには辟易するところがある。なぜ、あの一定の年齢層になると人の噂話しかしなくなるのだろう。知らない人の相続話のごたごたとかそんなのずっと横で聞かされながらランチ食べる他人の身にもなってくれよって思ってしまう。きっと日本語分からない人であればそんなことも思わないので、僕としてはおすすめする人を選びたいところ。

門前茶屋
住所:東京都江東区富岡1-5-1
時間:[月~土] 11:30~14:00 17:00~23:30 [金] 11:30~14:00 17:00~23:00
休み:12月31日

Related Post

東京で本物の牛丼を食べよう。新橋「牛めし なんどき屋」... 明治時代より庶民の味として人気のある牛丼(牛めし)。いまではチェーン系のお店が激安で提供しているけれど、東京では昔ながらの味を保って質の高い牛めしを提供しているお店も残っている。 新橋から銀座方面に向かう銀座ナインにある「なんどき屋」もそのひとつで、居酒屋が出している牛丼を手軽に楽しめるお店と...
【閉店】Bistro Lounge&Bar ROYでのランチは広尾の穴場... 広尾にあたらしくできたっぽいリストランテ。店名にはビストロってついているのだが、提供される料理はイタリアン。 しかし、このイタリアンがランチでも手抜きなし。そして食後のコーヒーまでついてコストパフォーマンスもよくておすすめ。ちゃんと一通り出てきて1,000円くらいなのは良心的だしうれしい。 ...
新橋のビーフン東で満足ランチ 新橋でランチタイムを迎えて、どこ行こうかなって思って行ってみたところ。台湾料理のお店。 かなり昭和の感じがある新橋駅前ビルの2階にあって、近くの稲庭うどんのお店はものすごい行列ができていたので、そこから逃げるようにたどり着いた。 お店はランチタイムを少し過ぎていたこともあり、並ぶほど混雑...
BAR オーパ – 下町にある大人な感じのバー... 友人たちと門前仲町の和食屋で飲んでいて、二軒目にたどり着いたところ。しかし、二軒目にたどり着くにはもったいないくらい美味しいお酒があった。 場所は門前仲町の駅からそれほど離れてはいないのだけど、表通りから少し脇道に入ったところにある。Google Mapをつかって訪れるとちょっと見逃してしまう...
恋する豚研究所でランチを食べる 前回に訪れたときはそのネーミングの強烈さに驚いた「恋する豚研究所」。 成田空港の近くにあって意外な穴場なのだが、最近は近くの道の駅や高速道路のサービスエリアでも、商品をみかけるようになってきてちょっと嬉しい。 ひさびさに、そして今回こそはランチを食べてみることにした。前に来たときよりも確...

Feature

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください