4月に思い立って台北まで行くことにした。週末で行く海外旅行って香港はあるけれど、台北ははじめて。台北は近くてストレス少ないと思う。

航空会社は羽田空港にはLCCも就航してきているので、お得なものが色々と選べるのがいい。今回は滞在時間を最適化するために、行きはV Airで帰りはPeachという異なるLCCで行くことにした。LCCだと料金体系がシンプルなので、こういうことができるのも便利。

ということで、行きのV Air 羽田から台北への深夜便の搭乗記。

V Airとは台湾のトランスアジア航空のLCC部門をになう子会社なのだが、もはや親会社よりもブランドイメージ含めて勢いがあるような気がする。

タグもいちいちかわいい
タグもいちいちかわいい

羽田空港から台北の桃園空港へのフライトがあり、羽田を深夜3時に出ると台北には早朝6時に到着する利便性。逆に桃園から羽田路線は時間が遅すぎるのが難点ではあるけれど、これはPeachを選ぶことで回避できる。

機材はLCCで一般的なAirbusの機体なのだが、座席数は多く前後幅は相当狭い。V Airは35列まであり、帰り乗ったPeachは30列くらいだった気がするので、その点からみてもV Airは相当詰め込んでいる。でもまあ、安いしフライト時間も短いので許す。

客層は日本人より台湾人の人の利用が多そう。オンラインチェックインはないので、羽田空港でカウンターチェックインするのだが手荷物の重さもはかるので注意した方がいい。ちなみに、無料の機内持ち込みは10キロまで(2016年4月現在)。

機内では席の狭さに驚くが、窓の上の両側に広告が貼り付けてあるのにも驚く。こういうアイディア勝負の企業努力の姿勢は結構好き。CAの人たちは若くて、いい意味で台湾っぽいゆるさがある。こればかりは乗ってみて体験してみてもらいたいのだが、出発前のアナウンス含めて楽しい。

面白いところに広告がはりつけてあり、これを企業努力と呼ぶのだろう
面白いところに広告がはりつけてあり、これを企業努力と呼ぶのだろう

V Airのキャラクターは黒い熊でちょっと「くまモン」に似ている。このVベアーが焼き付けられたお菓子とかがあって、うっかり買ってしまうくらいかわいい。どうやら台北市内にあるV Airの本社でもグッズ売っているらしいんだよね・・気になる。

v airフライトの快適さという点でいうと深夜便で乗っているだけなので、どうでもいいという感じはある。香港便と比較すると4時間くらいのフライトは短すぎて睡眠時間が確保しづらいという欠点があることに到着してみて気づく。フライト時間が短すぎるのも考えものなのだな。

とはいえ、土日でふらっと行ける範囲が広がるのは楽しいところ。V Airの価値は大きいと思う。

予約はV Airのサイトにて。

※2016年10月追記:10月1日をもって運行停止となり日本語サイトも閉じられたのでリンクを外しました。

桃園空港では沖についてバスで移動だった
桃園空港では沖についてバスで移動だった

Related Post

鼎元豆漿の定番朝食はおにぎりも見逃せない... ホテルのある西門周辺は夜は賑やかだけど、朝は静かで朝食を食べるところがあまりなく、中正紀念堂の近くにある鼎元豆漿で朝食を食べることにする。 鼎元豆漿へのアクセス MRT中正紀念堂駅から歩いて5分くらいのところ。金華街にある。お店の外まで並んでいる人がいるのだが、ほとんどはお持ち帰りのお客...
香港エクスプレス(羽田~香港)搭乗記... 週末を利用して香港に行ってきた。香港エクスプレスを利用すると、金曜日の深夜25時に出発して、日曜日の23:30くらいに戻ってくるフライトスケジュール。 しかも羽田便、そしてセールのプロモーションを利用すると諸税入れても2万円ちょっとという利便性かつお得感。関西まで新幹線で旅行に行くより飛行機で...
トランスアジア航空(成田〜台北)搭乗記【運行停止、会社解散】... 2015年3月、友人たちと台北への旅行を計画ということで、急遽台北行きの飛行機を探していたのだが、トランスアジア航空がやたらと安くて、これって台湾のLCCなんだろうなと思って選んでみたのだが、ごくごく普通のフルサービスのレガシーキャリアだった。 預け入れできる荷物の料金とか機内食とか考えると日...
蓮香齋の素食(ベジタリアン料理)はベジタリアンへの概念が変わるくらい美味しい... 僕にとって、いままで、ベジタリアン料理の印象はよくないものだった。ましてや、ヴィーガンとかになると、それはまるで遠くで鳴る鐘の音を聴くような、ぼんやりした味だなって思っていたのだが、その印象をがらりと変えるくらいに美味しい料理を堪能した。 さらに驚くのは、レストランを出るときには「も、もう食べ...
寬巷子(Quan)の美しい火鍋を食べる 台北で人気の火鍋なのだけど、辛いのが苦手な僕としてはわりと敬遠気味にしてきたところ。しかし、見た目にも美しく、味も美味しいという火鍋レストランがあるということで、行ってみることにした。アート作品のように見た目の美しい食べ物はちょっと驚くくらい。味も手頃で美味しかった。 寬巷子(Quan)へのア...

Feature

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です