台湾の朝食といえば食べる豆乳みたいな豆漿が有名なメニュー。僕は塩味のある鹹豆漿が好きで油条と食べるのが幸せ。前から知っていた有名店へようやく行くことができた。

永和世紀豆漿大王へのアクセス

MRT雙連駅から出てすぐの所にある。お店の看板は文字が薄くなっていて最初、前を通り過ぎてしまった。看板の文字には注意が必要。僕が訪れたのは11時近かったこともあり、朝食どきから外れていたので空いていた。

まわりには日本人がよく泊まるらしいホテルも沢山あるので、ツアーなどで朝食に選ぶ人も多いと思う。

 

永和世紀豆漿大王について

オーダーは入口のおばちゃんに口頭で伝える必要がある。予め、紙切れに「鹹豆漿、油条」とか書いておいてもいいと思う。

鹹豆漿については阜杭豆漿が抜群に美味しいと思うけれど、あの行列を考えると利便性であればここ永和世紀豆漿大王でも充分楽しめると思う。とくに、台北ツアーとかでこの近所に泊まるのであれば、時間がないなかでの朝食だしここを選ぶのが無難。

鹹豆漿
卵焼きみたいなのも美味しい

鹹豆漿のしみじみとした美味しさと、油条の食感含めてここで食べる朝食は台北ならではだなって思う。感動的に素晴らしく美味しいっていうほどのことではないけれど、手軽に味わえる地元の朝食ってことを考えるととてもいいところ。

近くに泊まっていれば、ホテルの朝食はパスして、ぜひ行ってみてもらいたい。

永和世紀豆漿大王
住所:台湾台北市大同區萬全街16號
時間:4:00-11:30,16:30-21:30
休み:なし

Related Post

台北の度小月にも行ってみた お店の外観 永康街を歩いていたら度小月に遭遇。ちょうど小腹も空いていたので立ち寄ってみた。 店内は台南で行った本店にそっくり。全体的にアンティーク調なインテリア、入口に担仔麺を作るところがあるところとか共通している。結構高級そうな雰囲気なのに、出てくる料理が手頃なのがいい。 とい...
Chang Innでの朝食はルアンパバンでおすすめ... ルアンパバンでの朝食でこんな優雅な時間が過ごせるとはってびっくりした。ラオスでとれたコーヒー豆を使ってサイフォンコーヒーを淹れて飲むとか、なんだか時間がゆったり流れていてこの町らしいなあって思う。 そしてサイフォンコーヒーの機材は日本製だった、なかなか手に入らないらしくすごく丁寧に取り扱われて...
小西門燉肉飯は高雄でおすすめの食堂... 高雄で過ごす休日、MRTの終点である西子灣駅で降りて、一二三亭でコーヒーを楽しむ。そのあと、ぶらぶらと散歩をして哈瑪星鉄道文化園区から駁二芸術特区まで歩く。そうすると、日は暮れてきて夕食の時間。地元の人におすすめされていた小西門燉肉飯へ行ってみることにした。 小西門燉肉飯へのアクセス M...
戴記涼麵に行くなら午前中がおすすめ... 富錦街の東側にある地元でも人気のお店。涼麵という冷やし中華っぽい料理が気になり、まだ食べたことがないので行ってみたのだが、売り切れていた・・・。行くならば午前中の早めの時間に訪れるのがおすすめ。 戴記涼麵へのアクセス 富錦街の東側にあって周囲にはおしゃれなお店が沢山あるのだが、ここだけは...
長白小館の酸菜白肉鍋は台北に来ないと食べられない味... 台湾らしい料理といえば、小籠包とか最近では現代的な料理も増えてきているけれど、旅情があるなあって思うのは鍋料理。地元の人が集まるような蛍光灯の光の店内でわいわいと食べるのが楽しい。そして美味しい。 旅の同行者は僕以上に辛いものが苦手なので、それじゃあと行ってみたのは長白小館。週末の土曜日に予約...

Feature

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください