台湾の朝食といえば食べる豆乳みたいな豆漿が有名なメニュー。僕は塩味のある鹹豆漿が好きで油条と食べるのが幸せ。前から知っていた有名店へようやく行くことができた。

永和世紀豆漿大王へのアクセス

MRT雙連駅から出てすぐの所にある。お店の看板は文字が薄くなっていて最初、前を通り過ぎてしまった。看板の文字には注意が必要。僕が訪れたのは11時近かったこともあり、朝食どきから外れていたので空いていた。

まわりには日本人がよく泊まるらしいホテルも沢山あるので、ツアーなどで朝食に選ぶ人も多いと思う。

 

永和世紀豆漿大王について

オーダーは入口のおばちゃんに口頭で伝える必要がある。予め、紙切れに「鹹豆漿、油条」とか書いておいてもいいと思う。

鹹豆漿については阜杭豆漿が抜群に美味しいと思うけれど、あの行列を考えると利便性であればここ永和世紀豆漿大王でも充分楽しめると思う。とくに、台北ツアーとかでこの近所に泊まるのであれば、時間がないなかでの朝食だしここを選ぶのが無難。

鹹豆漿
卵焼きみたいなのも美味しい

鹹豆漿のしみじみとした美味しさと、油条の食感含めてここで食べる朝食は台北ならではだなって思う。感動的に素晴らしく美味しいっていうほどのことではないけれど、手軽に味わえる地元の朝食ってことを考えるととてもいいところ。

近くに泊まっていれば、ホテルの朝食はパスして、ぜひ行ってみてもらいたい。

永和世紀豆漿大王
住所:台湾台北市大同區萬全街16號
時間:4:00-11:30,16:30-21:30
休み:なし

Related Post

金峰魯肉飯で朝から魯肉飯 台北週末旅の最終日、というか二日目。朝食に悩んでいたのだが、ホテルからそれほど離れてなかったので、金峰魯肉飯に行ってみることにした。ひさびさの訪問なのだが、ここの魯肉飯は本当に美味しい。 過去の訪問:金峰魯肉飯は魯肉飯的世界の最高峰 金峰魯肉飯へのアクセス MRT中正記念堂駅のすぐ...
阿憨鹹粥の虱目魚肚粥は台南で最高の朝食のひとつ... 台湾でよくみかける魚である「虱目魚」。サバヒーと呼ばれる魚で鯖の仲間かと思ったら全然違うらしい。ミルクフィッシュと呼ばれる白身の魚で熱帯から亜熱帯にかけて生息する魚であるということ。でも、味も大きさも鯖に似ていると思う。 阿憨鹹粥はサバヒーを使ったお粥をだすお店で、地元でも名店のひとつ。ガイド...
桃源街牛肉麵 – 関東風肉うどんって感じ... 台北で定宿にしているリビエラホテル台北で、今回は朝食なしのプランにしたので、朝食を求めて移動しているさなかに見つけたところ。 西門の駅から徒歩5分くらいで、東一排骨とか中山堂とかのすぐ近く。お店の外には看板もないのだが、細い2階にあがる階段があって、そこが店内になっている。どうも、1階はキッチ...
シンタマニホテルで優雅な朝食 外観 シェムリアップで朝食を食べる定番に加えてもいいんじゃないかって思える素敵なレストラン。宿泊者でなくても朝食を食べることは可能なので、一度は行ってみてもらいたいところ。 僕としてはシェムリアップで朝食といえば、ローカルフードならばミーケウ・シェムリアップでクイトゥーを食べる。または...
「聖記軟骨飯專賣店」で夕食。地元の人で賑わっている軟骨飯って絶品だった。... 台南に住んでいる人から教えてもらった地元に愛される小吃のお店。もうこの街を旅して何度目かだけど、まだまだ新しい料理が出てくるなあ。 地元のソウルフード的な存在だけど、旅人が食べてもその美味しさを理解することができる味だ。 聖記軟骨飯專賣店へのアクセス 南北に延びる海安路とまじわる民生路二段...

Feature

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください