今回の台北旅ではいつもと違うホテルに泊まってみようかと西門にあるAmba Taipeiに泊まってみることにした。とても、センスのいいデザインホテルでカフェとライブハウスが併設されている。

同じビルの下のフロアには誠品書店も入っていて、買い物にも便利。駅から少し遠いことをのぞけば、居心地のいいホテルだと思う。

アンバホテル台北西門へのアクセス

MRT西門駅から歩いて5分くらいのところにある。台北駅から歩いても15分くらいではないかと思うので、利便性は高い立地。西門は夜にはすごく賑わうので、夜にMRT駅から移動するとなると15分は考えておいた方がいい。

ホテルは西門の誠品書店の上にある
ホテルは西門の誠品書店の上にある

アンバホテル台北西門について

下層階は誠品書店になっていて、ロビーまではエレベーターで向かう。ロビーのところにはカフェとライブハウスがあり、食事をとったりライブを聴いたりすることもできる。今回は滞在時間が短くてホテルライフを楽しめなかったのだが、ここでライブを聴いたりするのも楽しそうだ。

おしゃれなフロント
おしゃれなフロント

ロビーは開放的で雑誌なども置いてあったりするので、旅の準備をここでするのもいいと思う。もちろん、荷物も預かってくれる。アメニティは台湾産の生姜を使ったコスメブランド「薑心比心」が使われている。これが、本当にショウガを塗ったかのような濃さで面白くてすっきりする。フロント横で販売もしているので、購入も可能。

アメニティは台湾産の生姜コスメ「薑心比心」のもの
アメニティは台湾産の生姜コスメ「薑心比心」のもの
ゆったりした室内
ゆったりした室内

台北意舍酒店 Amba Taipei台北意舍酒店 Amba Taipei部屋のタイプは様々なものがあるのだけど、僕はわりと一般的な部屋にしてみた。広さは結構あってスーツケースをひろげたりすることも可能。

バスタブはなかったけれど、トイレとシャワールームが分かれているのがいい。窓は小さなものがひとつだけなので、外の天気を知ることはできない。いまが、朝か夜か・・くらいしかわからない。

最近よくとまっているDandy Hotelと比べておしゃれで洗練されている雰囲気は居心地がよくて好きなところ。部屋も広くてソファでのんびりできたりするのもいい。

ただ、ホテルに帰って寝るだけということであればここまでの広さも必要ないし、駅から少し離れているのも不便といえば不便。ここは、ホテルライフを楽しむということとセットなのだろうなと思う。なので、週末弾丸旅というよりかは2-3泊するような旅におすすめなのだと思う。

予約については楽天トラベルにて。おしゃれでそこそこ手頃なホテルだと思う。

台北意舍酒店 Amba Taipei
住所:台北市武昌街二段77號

Related Post

利便性抜群なホテル「バンコク グランド センター ポイント ホテル ターミナル 21 」... バンコクの繁華街BTSアソーク駅に直結しているショッピングモール Terminal 21 の上層階にあるホテルに泊まってみた。ホテルの入り口は通りに面したところに立派なものがあるのだけど、主に利用するのはアソーク駅に隣接した小さなドアだと思う。Terminal 21を正面にみて、右端のところに小さな...
シタディーン京都 烏丸五条 – 京都で一番お気に入りのホテル... バンコクでもよく利用しているサービスアパートのCitadinesが京都にも進出したということで泊まったのが今年の2月。 期待に違わない、あまりの居心地のよさに「もう京都のホテルはここでいいじゃん」って思ってしまった。むしろバンコクのシタディンよりよほど洗練されていて、おしゃれで「こんなホテルに...
葉家肉粥は地元で人気の粥屋さん 迪化街をふらふらと散歩してたどり着いた慈聖宮。迪化街の北側にある寺院の境内には屋台のような小吃のお店がいくつか並んでいて、境内の大きな木のたもとにテーブルが並んでいる。 まだ、朝の空気が残る境内は気持ちよくて、民樂旗魚米粉湯につづいて朝食を楽しんだ。 葉家肉粥へのアクセス 迪化街の...
The Chonabod – タイらしいデザイン雑貨があるお店... プラナコーン ノーンレンに泊まっているときには必ず訪れているお店。お土産物にも自分用にも可愛くて面白いものが手に入る。 場所は、カオサン通り西側に接しているサムセン通りを北に進んでいき、プラナコーン ノーンレン近くまで行ったあたり。いかにもバンコクの下町風情が残っていて、このあたりは散歩をして...
ヂェン先生の日常着をもとめに台北郊外まで... 青木由香さんのガイドブックを読んでいたら、すごい鮮やかな色合いの服飾のアトリエをみつけたので西門からバスに乗って向かってみた。 ショップではないので、あらかじめ電話で訪問の旨の予約が必要なので結構ハードルが高いのだが・・・。 アトリエというか工房は台北郊外の板橋というエリアになり、ここへ...

Feature

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください