今回の台北旅ではいつもと違うホテルに泊まってみようかと西門にあるAmba Taipeiに泊まってみることにした。とても、センスのいいデザインホテルでカフェとライブハウスが併設されている。

同じビルの下のフロアには誠品書店も入っていて、買い物にも便利。駅から少し遠いことをのぞけば、居心地のいいホテルだと思う。

アンバホテル台北西門へのアクセス

MRT西門駅から歩いて5分くらいのところにある。台北駅から歩いても15分くらいではないかと思うので、利便性は高い立地。西門は夜にはすごく賑わうので、夜にMRT駅から移動するとなると15分は考えておいた方がいい。

ホテルは西門の誠品書店の上にある
ホテルは西門の誠品書店の上にある

アンバホテル台北西門について

下層階は誠品書店になっていて、ロビーまではエレベーターで向かう。ロビーのところにはカフェとライブハウスがあり、食事をとったりライブを聴いたりすることもできる。今回は滞在時間が短くてホテルライフを楽しめなかったのだが、ここでライブを聴いたりするのも楽しそうだ。

おしゃれなフロント
おしゃれなフロント

ロビーは開放的で雑誌なども置いてあったりするので、旅の準備をここでするのもいいと思う。もちろん、荷物も預かってくれる。アメニティは台湾産の生姜を使ったコスメブランド「薑心比心」が使われている。これが、本当にショウガを塗ったかのような濃さで面白くてすっきりする。フロント横で販売もしているので、購入も可能。

アメニティは台湾産の生姜コスメ「薑心比心」のもの
アメニティは台湾産の生姜コスメ「薑心比心」のもの
ゆったりした室内
ゆったりした室内

台北意舍酒店 Amba Taipei台北意舍酒店 Amba Taipei部屋のタイプは様々なものがあるのだけど、僕はわりと一般的な部屋にしてみた。広さは結構あってスーツケースをひろげたりすることも可能。

バスタブはなかったけれど、トイレとシャワールームが分かれているのがいい。窓は小さなものがひとつだけなので、外の天気を知ることはできない。いまが、朝か夜か・・くらいしかわからない。

最近よくとまっているDandy Hotelと比べておしゃれで洗練されている雰囲気は居心地がよくて好きなところ。部屋も広くてソファでのんびりできたりするのもいい。

ただ、ホテルに帰って寝るだけということであればここまでの広さも必要ないし、駅から少し離れているのも不便といえば不便。ここは、ホテルライフを楽しむということとセットなのだろうなと思う。なので、週末弾丸旅というよりかは2-3泊するような旅におすすめなのだと思う。

予約については楽天トラベルにて。おしゃれでそこそこ手頃なホテルだと思う。

台北意舍酒店 Amba Taipei
住所:台北市武昌街二段77號

Related Post

佳徳糕餅は地元で絶大な支持を誇るパイナップルケーキ... 台湾人の友人に「パイナップルケーキのお土産買おうと思ってんだよね」と話すと、みんな「絶対に佳徳糕餅のがいい!だって、おいしいもの!!」というテンション高めな返答がもどってくる。 気になる。でも、お店が不便なところにしかないんだよなあ・・って思っていたのだが、MRTの新しい路線が開通して近くなっ...
金峰魯肉飯で朝から魯肉飯 台北週末旅の最終日、というか二日目。朝食に悩んでいたのだが、ホテルからそれほど離れてなかったので、金峰魯肉飯に行ってみることにした。ひさびさの訪問なのだが、ここの魯肉飯は本当に美味しい。 過去の訪問:金峰魯肉飯は魯肉飯的世界の最高峰 金峰魯肉飯へのアクセス MRT中正記念堂駅のすぐ...
欧華酒店(リビエラホテル 台北)にリピート宿泊... 今年になってからもう3回目くらいのリピート。前回泊まった西門のサービスアパートがイマイチというか、正直ちょっとひどかったので、結局またリビエラホテルに戻ってきた。 今回の訪問は台南から高速鉄道で台北まで来たので、台北駅からタクシーを利用したのだが、100元そこそこで着いてしまった。歩ける気は全...
富錦街とFujin Tree 353 Cafe 台北における西麻布から広尾にかけての雰囲気がある富錦街を散歩してきた。松山空港からほど近いこのエリアは落ちついていて雰囲気のいいギャラリーとかカフェなどが沢山あるいい街だなって思う。 富錦街へのアクセス そもそも富錦街へのアクセスについてはMRTなどは近くを通っていないので、バスかタクシ...
フランク・ゲーリー パリ – フォンダシオン ルイ・ヴィトン 建築展をみてきた... 21_21 design sightで開催しているフランク・ゲーリー展(“I Have an Idea”)にあわせて、表参道のエスパス ルイ・ヴィトン東京で開催されていたイベント。 ミッドタウンのゲーリー展でも入口に模型が展示されていた、フォンダシオン ルイ・ヴィトンの部分を切り出して展示して...

Feature

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください