今回の台北旅ではいつもと違うホテルに泊まってみようかと西門にあるAmba Taipeiに泊まってみることにした。とても、センスのいいデザインホテルでカフェとライブハウスが併設されている。

同じビルの下のフロアには誠品書店も入っていて、買い物にも便利。駅から少し遠いことをのぞけば、居心地のいいホテルだと思う。

アンバホテル台北西門へのアクセス

MRT西門駅から歩いて5分くらいのところにある。台北駅から歩いても15分くらいではないかと思うので、利便性は高い立地。西門は夜にはすごく賑わうので、夜にMRT駅から移動するとなると15分は考えておいた方がいい。

ホテルは西門の誠品書店の上にある
ホテルは西門の誠品書店の上にある

アンバホテル台北西門について

下層階は誠品書店になっていて、ロビーまではエレベーターで向かう。ロビーのところにはカフェとライブハウスがあり、食事をとったりライブを聴いたりすることもできる。今回は滞在時間が短くてホテルライフを楽しめなかったのだが、ここでライブを聴いたりするのも楽しそうだ。

おしゃれなフロント
おしゃれなフロント

ロビーは開放的で雑誌なども置いてあったりするので、旅の準備をここでするのもいいと思う。もちろん、荷物も預かってくれる。アメニティは台湾産の生姜を使ったコスメブランド「薑心比心」が使われている。これが、本当にショウガを塗ったかのような濃さで面白くてすっきりする。フロント横で販売もしているので、購入も可能。

アメニティは台湾産の生姜コスメ「薑心比心」のもの
アメニティは台湾産の生姜コスメ「薑心比心」のもの
ゆったりした室内
ゆったりした室内

台北意舍酒店 Amba Taipei台北意舍酒店 Amba Taipei部屋のタイプは様々なものがあるのだけど、僕はわりと一般的な部屋にしてみた。広さは結構あってスーツケースをひろげたりすることも可能。

バスタブはなかったけれど、トイレとシャワールームが分かれているのがいい。窓は小さなものがひとつだけなので、外の天気を知ることはできない。いまが、朝か夜か・・くらいしかわからない。

最近よくとまっているDandy Hotelと比べておしゃれで洗練されている雰囲気は居心地がよくて好きなところ。部屋も広くてソファでのんびりできたりするのもいい。

ただ、ホテルに帰って寝るだけということであればここまでの広さも必要ないし、駅から少し離れているのも不便といえば不便。ここは、ホテルライフを楽しむということとセットなのだろうなと思う。なので、週末弾丸旅というよりかは2-3泊するような旅におすすめなのだと思う。

予約については楽天トラベルにて。おしゃれでそこそこ手頃なホテルだと思う。

台北意舍酒店 Amba Taipei
住所:台北市武昌街二段77號

Related Post

【閉店】いまの台北で「啜飲室」がもっとも楽しいバーのひとつである... ちょっと台北に来ない間にこんなに面白いお店ができていたなんて。クラフトビールを飲ませてくれるセンスのいいビアバーで、夜遅くまで賑わっている。台北にあるけれど、ここには通ってしまいそうな魅力がある。 啜飲室へのアクセス MRT忠孝復興駅から歩いて10分くらい。夕方からやっているお店だけど、...
The Chonabod – タイらしいデザイン雑貨があるお店... プラナコーン ノーンレンに泊まっているときには必ず訪れているお店。お土産物にも自分用にも可愛くて面白いものが手に入る。 場所は、カオサン通り西側に接しているサムセン通りを北に進んでいき、プラナコーン ノーンレン近くまで行ったあたり。いかにもバンコクの下町風情が残っていて、このあたりは散歩をして...
【閉店】Cafe Junkies(小破爛咖啡館)でひとやすみ... 台北にカフェは数あれど、ここより居心地のいいところはなかなか見つからない。朝から夜までやっているのも便利なところ。今回の旅で、ひさびさに訪問したけれど、やはりいいところだよなって改めて感じた。 過去の訪問 クリスマスのCafe Junkies、地下鉄が開通してアクセスが便利に! C...
武雄市図書館に行ってみた 佐賀旅行でレンタカーをつかってまわったなかで、ここは行ってみたかったところというのが伊万里と、ここ武雄市図書館。 武雄といえば「地雷を踏んだらサヨウナラ」の一ノ瀬泰造の生地くらいの印象だったのだけど、ここ数年はよくも悪くも他の面でかなり有名になったなあ・・という感じ。 この図書館もTSUTA...
Peach(台北-羽田)搭乗記 今回の週末旅の帰国便。今回の旅では、行きはV Airで帰りはPeachを利用するという変則的な方法を使っている。LCCだと、片道料金がはっきりしているので、自分の都合にあわせた組み合わせができるのが嬉しいところ。 V Airの羽田便だと、羽田に到着するのが深夜26時過ぎになり、なんなら空港でる...

Feature

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください