今回の台北旅ではいつもと違うホテルに泊まってみようかと西門にあるAmba Taipeiに泊まってみることにした。とても、センスのいいデザインホテルでカフェとライブハウスが併設されている。

同じビルの下のフロアには誠品書店も入っていて、買い物にも便利。駅から少し遠いことをのぞけば、居心地のいいホテルだと思う。

アンバホテル台北西門へのアクセス

MRT西門駅から歩いて5分くらいのところにある。台北駅から歩いても15分くらいではないかと思うので、利便性は高い立地。西門は夜にはすごく賑わうので、夜にMRT駅から移動するとなると15分は考えておいた方がいい。

ホテルは西門の誠品書店の上にある
ホテルは西門の誠品書店の上にある

アンバホテル台北西門について

下層階は誠品書店になっていて、ロビーまではエレベーターで向かう。ロビーのところにはカフェとライブハウスがあり、食事をとったりライブを聴いたりすることもできる。今回は滞在時間が短くてホテルライフを楽しめなかったのだが、ここでライブを聴いたりするのも楽しそうだ。

おしゃれなフロント
おしゃれなフロント

ロビーは開放的で雑誌なども置いてあったりするので、旅の準備をここでするのもいいと思う。もちろん、荷物も預かってくれる。アメニティは台湾産の生姜を使ったコスメブランド「薑心比心」が使われている。これが、本当にショウガを塗ったかのような濃さで面白くてすっきりする。フロント横で販売もしているので、購入も可能。

アメニティは台湾産の生姜コスメ「薑心比心」のもの
アメニティは台湾産の生姜コスメ「薑心比心」のもの
ゆったりした室内
ゆったりした室内

台北意舍酒店 Amba Taipei台北意舍酒店 Amba Taipei部屋のタイプは様々なものがあるのだけど、僕はわりと一般的な部屋にしてみた。広さは結構あってスーツケースをひろげたりすることも可能。

バスタブはなかったけれど、トイレとシャワールームが分かれているのがいい。窓は小さなものがひとつだけなので、外の天気を知ることはできない。いまが、朝か夜か・・くらいしかわからない。

最近よくとまっているDandy Hotelと比べておしゃれで洗練されている雰囲気は居心地がよくて好きなところ。部屋も広くてソファでのんびりできたりするのもいい。

ただ、ホテルに帰って寝るだけということであればここまでの広さも必要ないし、駅から少し離れているのも不便といえば不便。ここは、ホテルライフを楽しむということとセットなのだろうなと思う。なので、週末弾丸旅というよりかは2-3泊するような旅におすすめなのだと思う。

予約については楽天トラベルにて。おしゃれでそこそこ手頃なホテルだと思う。

台北意舍酒店 Amba Taipei
住所:台北市武昌街二段77號

Related Post

Infinity of Flowers を観てきた 2014年9月にグッチ新宿店で行われていたチームラボのインスタレーション「Infinity of Flowers」を観てきた。 チームラボのインスタレーションは彼らがこういった表現をはじめた頃から、絶えず新しい技術を取り込んでいて、いろんな表現の可能性をチャレンジしているところが好きで観に行っ...
龍安寺がもつ楽しさを確かめに行く 京都を旅していてもお寺巡りなどもあまりないこのブログなのだけど、ひさびさに龍安寺を訪れてみた。 冬の朝の龍安寺はまさに「冬は、つとめて。」の世界のよう。静かで人気のない境内や庭園を心ゆくまで眺めることができる。行くならば朝イチで行くのがよい。 龍安寺へのアクセス 市バスで向...
寬巷子(Quan)の美しい火鍋を食べる 台北で人気の火鍋なのだけど、辛いのが苦手な僕としてはわりと敬遠気味にしてきたところ。しかし、見た目にも美しく、味も美味しいという火鍋レストランがあるということで、行ってみることにした。アート作品のように見た目の美しい食べ物はちょっと驚くくらい。味も手頃で美味しかった。 寬巷子(Quan)へのア...
リナ・ボ・バルディ展「ブラジルが最も愛した建築家」をみてきた... 美術館のロゴの上の赤い部分も作品のひとつ 夏にみてきたオスカー・ニーマイヤー展につづくブラジル建築の回顧展。 自然との調和という点においてはオスカー・ニーマイヤーと共通するところもあり、人に近いデザインという部分でいうとリナ・ボ・バルディがもっている暖かみとかいいなって思える。 ...
戴記涼麵に行くなら午前中がおすすめ... 富錦街の東側にある地元でも人気のお店。涼麵という冷やし中華っぽい料理が気になり、まだ食べたことがないので行ってみたのだが、売り切れていた・・・。行くならば午前中の早めの時間に訪れるのがおすすめ。 戴記涼麵へのアクセス 富錦街の東側にあって周囲にはおしゃれなお店が沢山あるのだが、ここだけは...

Feature

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください