台北で人気の火鍋なのだけど、辛いのが苦手な僕としてはわりと敬遠気味にしてきたところ。しかし、見た目にも美しく、味も美味しいという火鍋レストランがあるということで、行ってみることにした。アート作品のように見た目の美しい食べ物はちょっと驚くくらい。味も手頃で美味しかった。

寬巷子(Quan)へのアクセス

MRT士林駅から歩いてすぐの所にある。レストランはすごく洗練されたおしゃれな雰囲気なのだけど、立地は郊外の裏路地というところにあってそのギャップが面白い。どうやら、レストランの意味からして路地裏には美味しい店ありっていう意味らしいのだが、それを地でいっている感じ。

寬巷子 Quan

寬巷子(Quan)について

台湾のレストラン予約サービスであるEZTABLEで予約。スムーズに予約まで出来てすごく便利なサービスだった。ランチタイムに行ったのだが、予約なしでも大丈夫そうな雰囲気はあるものの、予約しておいて損はない。最近では、日本語で予約対応するグルヤクでも予約できるようになった(こちら)。

値段的には少し高めだけど、火鍋に使われている鍋とか、店内のインテリアとか含めて美しいので雰囲気含めて値段の価値はある。とくに、このステンレス製の鍋はオリジナルのものですごく高価なものらしい。そして、フチが相当熱くなるので注意が必要。見た目には美しいけれど、機能的にはちょっとあやうい。

寬巷子 Quan寬巷子 Quan

火鍋は辛さの調節ができるので、僕はそれほど辛くなくしてもらった。鍋には事前にある程度の具材が入った状態でやってくるので、それ以外のちょっと高価なものを別途オーダーする感じになる。メニューは写真付きの日本語であるので、はじめての人でもオーダーしやすい。

おすすめは豚肉を薔薇の花のようにアレンジしたものと、竹のようなお麩で作られたもの。それ以外の練り物なのにヌガーみたいなやつとかも美味しいけれど、結構量が多いのでオーダーするときには注意した方がいい。

寬巷子 Quan寬巷子 Quan寬巷子 Quan寬巷子 Quan寬巷子 Quan

スイーツのような見た目なのに、どれも火鍋の具材であるというのがまた面白い。とくに、薔薇のようにアレンジされた豚肉はフラワーアレンジメントみたいで、半冷凍された食材が美しく盛り付けられている。

ドリンク類については、アルコールを頼むよりもカルピスみたいなものをみんなオーダーしていて、これが火鍋にあうすっきりとした飲み口でおすすめ。

寬巷子 Quan

ただ、火鍋を楽しむのもいいけれど、こうして見た目にも美しいというのはまた楽しいものです。台北に何度か来ている人で、火鍋を食べたことあるっていう方にもおすすめのところ。

寬巷子(Quan)
住所:台北市中山北路五段505巷22号
時間:11:30-15:00、17:00-22:30
休み:旧正月の大みそかと元旦

Related Post

フアンペン(Huen Phen) – チェンマイの名店で定番のレストラン... 旧市街の真ん中にあってアクセスも便利。そして、ガイドブックにも書かれているみたいで、日本人もよく訪れている有名店。 でも、タイ人にも人気みたいで常に混んでいる。ランチタイムは結構席の争奪戦に近い感じになっている。 当然相席(でも、なにがおいしいかとか教えてくれるので助かるのだが)。しかし...
【閉店】千葉の食材をつかったイタリアンが恵比寿にもあった – ピッツェリア エ トラット... 恵比寿でのランチ。ちょっと時間外したなと思ってどこに行こうかと考えていたのだが、ブラッカウズの斜め向かいにあるイタリアンにしてみた。 千葉の食材の地産地消とか、BOSSOという店名とかどこかでみたことあるなと思っていたら、市原湖畔美術館に併設されているPIZZERIA BOSSOの系列店だった...
代官山のロザリー(Rosalie)でランチ 代官山の駅近く、八幡通り沿いにある商業施設でテラス席がすごい目立っているレストランがあり、あれなんなんだろうって思っていたのだけど、モデルの梨花さんがプロデュースしたセレクトショップとカフェレストランだったのかと知る。 セレクトショップはおしゃれすぎて「これは縁遠い」というところだが、レストラ...
民楽旗魚米粉湯で台北の地元感ある朝食... ホテルに荷物を預けておいて、台北での朝食は迪化街にあるお店で食べることにする。週末、いきなり台北に来て屋台のようなお店で朝食を食べているのがなんだか不思議。 民楽旗魚米粉湯へのアクセス 迪化街の南側にある。MRTの北門駅、雙連駅からそれぞれ歩いて10分程度。朝は賑わっている一角で近くまで...
擺渡珈琲は地元感あふれる喫茶店 迪化街で朝食食べて、食後のコーヒーでも飲みたいなっていうときに見つけたところ。開店して間もない時間だったみたいで、店内のテーブルで新聞読んでいるおじさんくらいしかお客さんいないのかって思いながら入ってみたら、その人はお店の人だった。 お店の雰囲気はカフェなのだけど、客層は朝だったこともありおじ...

Feature

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください