台湾メイドのブランドでは一番好きなもののひとつ。僕としては台湾のOKURAみたいな雰囲気を感じている。近頃は日本のブランドとのコラボレーションもやっているみたいで、それもちょっと気になっている。ひさびさに行ったけれど、かわいいものが多くて色々買いそうになってしまった。

過去の訪問

蘑菇 Boodayへのアクセス

台北市内で取扱しているところは多いのだけど、本店があるのはMRT中山駅からすぐのところ。一階がショップになっていて、二階がカフェになっている。まずはショップでお買いもの。それほど広いお店ではないけれど、とりあえずここに来れば蘑菇 Boodayの商品がそろっている。

蘑菇 mogu

蘑菇 Boodayについて

オーガニックでリラックスした雰囲気のブランドはTシャツも着心地がいいし、それ以外の小物もかわいい。帆布バッグはしっかりとした作りでちょっと値段は高いけれど、丈夫な感じ。

とはいえ、修理に持ってくるときに面倒な感じがしてしまうので、僕が買ったのはちょっと小さめの手提げバッグ。ランチのときとかに活躍するようなやつで、財布とデジカメいれるくらいのにちょうどいいサイズ。

蘑菇 Booday蘑菇 Booday

20160703-20160703-DSC00679それ以外にはティッシュケースがかわいい。

ワンポイントで豚の鼻のマークがついていて、シンプルなデザインがかわいいし、一緒に打っていた「台湾のあれこれシリーズ」なワッペンをつけるのもよさそう。

この台湾のあれこれシリーズは生活編とか、いくつかあるのだがおすすめなのは動物編。ちょっとリアルな台湾ツキノワグマとか、鹿のワッペンを貼り付けてみるのもいいと思う。

お店のスタッフの子たちは日本語できないけれど、親切でなにより自分たちのブランドを愛しているのだなって思う。

着こなしとかもかわいいなって思う。雰囲気ふくめてとても好きなお店のひとつ。

 

蘑菇(蘑菰)(モーグー)Booday
住所:台北市大同區南京西路25巷18之1號
時間:12:00-21:00か22:00

made in taiwan, ファッション Fashion

Related Post

Ock Pop Tokは貴重なラオス産のテキスタイルを探すことができる... ラオスといえば、染色や機織りが盛んなところで田舎の方へ行くと、家の軒先で機織りしている人をみかけたりするのだが、ルアンパバンではもはやそんな光景をみることもなく、市場やナイトマーケットなどで見かけるのはタイから輸入された安物ばかり。 そんななかで、ルアンパバンの旧市街にできたOck Pop T...
Trippen HAFERL(ハーフェル)はオールラウンダーな靴である... 旅を快適にするために不可欠なのは便利なバッグと履きやすくて質の高い靴だと思う。それでいうと、Trippenはお値段は高いけれど、値段以上のクオリティで旅先だけではなく普段使いでも活躍している。 Trippenに関しては、今回紹介するHAFERL(ハーフェル)は色違いでもっているし、それ以外にも...
京都らしい小物はお土産にも最適。「山本製革店」の革製品。... 今回の旅に出る前、instagramで見かけて気になっていた革製品のメーカー。工房は東山の方にあり、ちょっと遠いなと思っていたのだが、四条烏丸の近くにある「JEUGIA Basic」というショップにて商品が置いてあると知り、立ち寄ってみた。 JEUGIA Basicは四条烏丸の交差点から東に入...
漢聲巷門市でヂェン先生の服を買う 台北郊外にある惠中布衣文創工作室まで行ってヂェン先生こと、鄭惠中さんのリラックスした服を買いに行こうかと考えていたのだけれど(以前訪問したときの記事はこれ:)、今回の台北旅は週末旅ということもあり時間がないので、台北市街で探すことにした。 ということで向かったのは漢聲巷門市という出版社がやって...
李製餅家 – ずっしり美味なパイナップルケーキ... ひとくちにパイナップルケーキといっても、食感はクッキーみたいなものから、マフィンみたいなものまで、形は丸型から猫型まで種々様々なものがあるけれど、自分で食べておいしくて、人にあげても喜ばれるものといえば、ここ「李製餅家」のパイナップルケーキかなって思う。 形はオーソドックスな箱形で、見た目に対...

Feature

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください